春風亭一之輔、松井玲奈、豊永利行、
宮崎吐夢、矢野奨吾が初参戦 本多劇
場グループが3都市ツアーも含めた「
DISTANCE-TOUR-」を8月に上演

本多劇場の再開第一弾として2020年6月1日(月)〜7日(日)に実施した、ひとり芝居 無観客生配信企画『DISTANCE』が、装いを新たに8月5日(水)より、第二弾「DISTANCE-TOUR-」として上演することが発表された。
劇場、観客、そして演者、スタッフの間に生まれてしまった距離を、少しずつ縮めていくべく立ち上がった本企画。第二弾では、全国公立文化施設協会の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを基に、新型コロナウィルス感染拡大予防対策を講じ、来場される方々及び出演者・公演関係者の安全と安心を確保することに努め、観客席ありの「劇場公演」と、「配信公演」の両形態を全公演で行うこととなった。(なお、ガイドラインに準じ、客席は前後左右を一席ずつ開けて案内。また、感染予防対策の詳細は公式サイトにて)
さらに、本公演では「他の地域の劇場再開」を新たな目標に掲げ、北九州・豊橋・札幌の3都市ツアーを行う。DISTANCEチームの情報共有を目的に、3都市ではワークショップの開催も予定しているとのこと。
東京公演は、8月5日(水)〜11日(火)本多劇場にて上演。出演者は、井上小百合、入江雅人、伊礼彼方、小沢道成、小林顕作、清水宏、永島敬三ら第一弾 参加者がそれぞれ前回とは異なる新たな作品で出演する。
井上小百合
入江雅人
伊礼彼方
小沢道成
小林顕作
清水宏
永島敬三
さらに、本企画初参戦となる春風亭一之輔、豊永利行松井玲奈、宮崎吐夢、矢野奨吾の出演も決定した。第二弾では、演者の人数を最大4人までとし、ふたり芝居など本企画と演劇の可能性をより一層広げた演目が登場予定だ。
春風亭一之輔
豊永利行
松井玲奈
宮崎吐夢
矢野奨吾
北九州公演は、8月15日(土)北九州芸術劇場にて上演。北九州市で活躍する俳優・寺田剛史と、東京公演にも出演する小沢がコラボレーション作品を発表する。
寺田剛史
豊橋公演は8月20日(木)穂の国とよはし芸術劇場にて、札幌公演は8月26日(水)演劇専用小劇場 BLOCHにて上演する。
本公演の総合監修をつとめるのは、発起人である川尻恵太・御笠ノ忠次。
(左から)川尻恵太、御笠ノ忠次
感染者数は日毎に増え、余談を許さないこの状況の中で、どのように演者、スタッフ、そして観客との距離を近づけていけるか。社会情勢も踏まえながら、安全を最優先にし、本公演の形態を作っていく。
また、第一弾で培った具体策などは、公式サイトを通じて劇場・制作関係者に無料でシェアするそうだ。
配信にあたっては、第一弾同様、イープラス「Streaming+」を使用する。なお、演目・タイムテーブル・全キャストは7月15日(水)に改めて発表し、同日時からイープラスにて劇場公演の先行チケット発売(抽選式)を行う予定となっている。
本多劇場
■「DISTANCE -TOUR-」に寄せて/本多劇場グループ 総支配人 本多愼一郎
DISTANCE 次の舞台へ
6月の本多劇場グループPRESENTS「DISTANCE」
無観客公演でしたが、配信をご覧くださったお客様からたくさんの希望をいただきました
8月、本多劇場で、お客様と一緒に劇場での時間を過ごしたいです
そして日本中の方にもご覧いただきたい
劇場でお客様にも観てもらいながら、全国の皆さまへ生配信も行います
安心できる劇場で感動をお届け出来るように
出演者、スタッフ一同、準備しております
■「DISTANCE -TOUR-」に寄せて/「DISTANCE」製作委員会
劇場再開の輪を全国へ、そしてツアー再開に向けての第一歩を。
新型コロナウイルス 感染拡大により4月7日より自主的に休館をしていた本多劇場が、6月1日より活動を再開いたしました。活動再開にあたり、「安全第一」を最優先にした上で劇場を稼働する方法を模索し、たどり着いたのが「ひとり芝居の無観客配信公演 / DISTANCE」でした。
当公演は好評を博し、初日の模様は39媒体に取り上げられ、観客動員も9公演で6,812名に達しました。
本多劇場で実際にご案内できるお客様の約2倍の数にあたり、客席稼働率50%以下という命題を前にした演劇界において、とても前向きなメッセージを届けることができました。
ただ、あくまでも一番の環境は「コロナ前」の状態です。
満席の客席で、マスクをつけることなく、笑って泣いて、同じ時間と空間を共有し、作品を楽しんでいただく。
時間はまだかかりますが、そこに向けて着実に前進したいと、当企画では考えています。
そこで、第二弾となる今公演では、「劇場+配信公演」を実施いたします。
客席稼働50%を基準に、お客様に安心して作品を楽しんでいただける環境を整えた上で劇場にご案内させていただきます。(客席稼働率については、安全対策を行なった上で適切な判断を適時行います)
そして、ご案内できなかったお客様、遠方のお客様に向けての、配信公演も同時にライブで実施いたします。
さらに、今公演ではもう一つのテーマを持ちました。
それは、「他の地域の劇場の再開」です。
本多劇場グループを皮切りに、東京を中心に劇場再開は次々と始まっています。
これは本当に喜ばしいことです。これを、さらに外に広げていければと考えています。
北は北海道、南は北九州まで、その土地に根ざした演劇文化があります。
当企画で得た知識とノウハウを元に、各地の劇場再開の手助けが今公演でおこなえればと考え「DISTANCEツアー」を実施することにいたしました。
具体的には、北九州・豊橋・札幌の3箇所で実施いたします。
安全対策においては、第一弾で大きな成果を挙げた「TOKYO THEATER LABO」の協力を得ながら今公演も進めて参ります。移動に大きなリスクがあるからこそ、最小人数でカンパニーが移動し、演劇を届けにいきます。今だからこそ、より必要性が増した「ツアー」の再開を、今公演で実施します。
演劇は復活しました、劇場は再開しました。もう、この火が消えることはそうそうないでしょう。
みんな我慢して、考えて、そしてようやく6月1日にこの火が灯りました。どんどん大きく、広げていければと思います。
ただ、安全第一であることは、今回も変わらずです。
お客様をどこまで案内できるか、そしてツアーにスタッフが移動できるかどうかは状況を冷静に見ながら、判断をしていきます。
お客様に、演劇を安心して楽しんでいただけるように。今回も「DISTANCE」は可能性をひろげ、つなげてまいります。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着