決まった秋葉原グッドマンにて七尾旅
人が初ワンマン『Birth Cry』無観客
配信

七尾旅人が惜しくも閉店が決まった東京・秋葉原CLUB GOODMANにて、7月12日(日)に初となるワンマン・ライブ『Birth Cry』を行うことが発表された。

本公演は無観客配信ライブとして実施。配信はCLUB GOODMANのYouTubeチャンネルにて無料視聴にて行われるが、投げ銭チケットも販売されているので、こちらもぜひチェックを。
なお、本公演に先んじて7月7日(火)に放送された『LIFE HOUSE vol.10』には、CLUB GOODMANのブッキング・マネージャー・鹿島氏と、ドラびでお一楽さが登場。2時間に渡ってトークが展開された。
【七尾旅人 noteより抜粋】

■ 閉店が決まってしまった秋葉原グッドマンで、七尾旅人、最初で最後の? ワンマンライブ。(note)(https://note.com/tavito/n/ndf9bf2caac95)

閉店なんか嫌だ……また必ずグッドマンで、もしくはこのベニューの遺伝子を受け継ぐ場所で、歌いたい!
そんな思いを込めて、産声のようなニュアンスで『Birth Cry』というタイトルにしました。
無観客配信とはいえ、本当のライブハウスのステージに立って長尺の演奏をするのは、Stray Dogsツアー以来かなり久しぶりのことです。ぜひ皆に観てほしいです。
既発アルバムの思い入れが強い曲や、コロナ禍のなかで生まれた新曲など、2時間ほどのステージを予定しています。

秋葉原駅から少し歩いて橋の手前で路地に入り、まずは階上のイケベ楽器で気になったものを物色し、この機材でどんな曲が作れるかな?などと考える、そして階段を降り、グッドマンの入り口で鹿島さんに挨拶してから、ちょっと独特なL字型の通路沿いにある細長い楽屋に入る。その一連のプロセスを愛していました。
音響さん、照明さん、バーカウンターのおねえさんに至るまで、20代の頃の若い僕に対しても、皆さんルーティーンワークっぽくない感じで、人間味ある対応をしてくださり、その結果、音も良くて、サウンドチェックの後もすーっと落ち着いた気持ちで本番を待つことが出来ました。東京にこういう場所があるということを知らなかったら、当時けっこうきつかったと思います。
もう一回グッドマンで音を出すことなく店舗がなくなってしまうのは、どうしてもイヤなので、行って歌ってきます。家から観ていてください。


【配信情報】

七尾旅人ワンマン・ライブ 『Birth Cry』

日時:2020年7月12日(日) START 18:00
会場:秋葉原CLUB GOODMAN
配信: YouTube(https://youtu.be/JAO0LGVd4Q0)

※無観客ライブ配信

投げ銭チケット販売: LivePocket(https://t.livepocket.jp/e/jka8b)

■ 七尾旅人 オフィシャル・サイト(http://www.tavito.net/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着