明治座新たな幕開け「中川晃教コンサ
ート2020 feat.ミュージカル『チェー
ザレ 破壊の創造者』」初日レポート

創業明治6年。東京で最も長い歴史を持つ劇場、明治座が新たな一歩を踏み出した。

2020年7月11日(土)、東京・明治座にて「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」が開幕。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、惜しくも全公演中止となった新作ミュージカル『チェーザレ 破壊の想像者』の主演キャスト・中川晃教によるコンサートが開催された。ゲストには同作品に出演予定だった横山だいすけ、山崎大輝、井澤勇貴(11日のみ)、近藤頌利(12日のみ)らが迎えられる。本公演は会場の観客のみならず、配信を通して全国へと届けられた。
明治座の記念すべき再スタートとも言えるコンサート初日を、以下でレポートする。
暗闇の中、青い照明と共にグランドピアノに向かう中川晃教の姿が浮かび上がってくる。中川は客席に向かって手を振り、心を込めて投げキッス。彼がシンガーソングライターとして2001年にデビューを飾った「I WILL GET YOUR KISS」をピアノ弾き語りで披露した。
「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」
明治座に響き渡る中川の歌声、そして彼の表情を通して、舞台上で観客を前にパフォーマンスする喜びを心の底から噛み締めている様子が痛いほどに伝わってきた。こうして明治座は眠りから目覚めたのである。
歌唱後「お待たせしました!」と深く頭を下げ、胸に手を当て、今にも泣き出しそうな顔で客席から拍手を一身に浴びる姿が印象的だった。中川は「ステージにこうして立つことができて、夢のような気がしています。しかしこれは夢じゃない、現実です。明治座さんが新しくスタートを切る、そんな機会にこのコンサートを企画してくださり本当に嬉しく思います」と感極まった様子で切々と語った。
その後はピアノ、ベース、ギター、ドラムというバンド編成により「マイ ソング」「止まらない一秒」「相対性理論」と彼のオリジナル曲が続いた。
「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」
中川はシンガーソングライターとしてデビューした1年後、2002年に『モーツァルト!』でミュージカルに初出演&初主演することになる。当時の思い出を振り返りながら、演出家の小池修一郎やダブルキャストの井上芳雄とのエピソードを語ると、自身が過去に出演したミュージカル作品から3曲を歌い上げた。
まずはもちろんこの曲。初ミュージカルの『モーツァルト!』より「僕こそ音楽」。続いて劇団☆新感線のロック・ミュージカル『SHIROH』より「人のツバサ」、そして2018年と2019年に明治座で上演された「『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」のメインテーマだ。歌唱のみならず、劇中のセリフもそれぞれしっかりと追加されていた。特に「人のツバサ」においては、歌いながら3役のセリフも担うという徹底ぶり。お客様に作品の世界を感じてもらいたいという中川の気持ちが感じ取れた。
開演から1時間弱が経った頃、中川が『チェーザレ 破壊の創造者』の話題に触れた。すると突然「あっきーさーーーん!」という声と共に、ゲストの山崎大輝が舞台袖から走り込んで登場。続いて井澤勇貴が「これはこれはチェーザレ様」と役になりきって舞台上に現れた。ここから、山崎と井澤のゲスト二人を招いた3人のトークコーナーへと移っていく。
「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」

「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」
「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」
稽古場での出来事を思い出しながら、中川の「太陽のようなアンジェロ(山崎)と月のようなドラギニャッツォ(井澤)だった」という言葉通り明るく愛らしい山崎と、クールだけれど茶目っ気もある井澤の人柄が感じられる和やかなトークが展開された。

すると突如、中川が「そういえば、僕の「僕こそ音楽」のモノマネができるって聞いたんだけど?」と井澤に話を持ち出し、その場で井澤が「僕こそ音楽」を歌うというまさかの展開に! 中川の特徴を捉えた、2019年のFNS歌謡祭バージョンが披露されると、客席からは笑いと拍手が巻き起こっていた。
コンサートも後半へ。いよいよ『チェーザレ 破壊の創造者』のパフォーマンスが始まった。ステージ上に巨大スクリーンが登場し、「チェーザレ」の文字が映し出される。映像と共にオーケストラにより録音された楽曲が流れ、作品世界へと没入していく。
そこへ衣装チェンジした中川がチェーザレとして登場。本作品の代表曲「チェーザレ」を力強く熱唱した。続いて山崎演じるアンジェロがセリフを、それに対してチェーザレが歌で返すという二人の掛け合いも楽しむことができた。
「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」
その後は山崎と入れ替わりで皇帝・ハインリッヒ7世役の横山だいすけが登場。本来は藤岡正明演じるダンテのパートを中川が担い、中川と横山の二人で「皇帝」を歌唱した。横山は歌唱シーンでは歌のおにいさんの面影は一切なく、皇帝にふさわしい品格ある雰囲気と優しく深い歌声で会場を魅了した。
「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」
「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」
歌唱後は、約3ヶ月ぶりに会ったという中川と横山の微笑ましいトークが繰り広げられた。『チェーザレ 破壊の創造者』は歴史劇ということもあり、本コンサートでピアノを担当している園田涼が世界史マニアとして解説をする場面もあった。

「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」

その後はチェーザレとしてラテン語で(!)「祈り」、最後に「プリマヴェッラ」を歌唱。中川は「チェーザレをいつの日か必ず上演いたします!」と約束してくれた。その言葉を信じ、ミュージカル作品として上演される日を楽しみに待ちたい。
最後は中川が自身のオリジナル曲「マタドール」と「FAMILY」を歌い、明治座いっぱいに大きな拍手が響き渡る中、無事にコンサートの幕が下りた。

「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」
取材・文=松村蘭(らんねえ) 撮影=岩村美佳

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着