ナオト・インティライミ、初の生配信LIVE!東京・銀座のど真ん中でお祭り騒ぎ!

ナオト・インティライミ、初の生配信LIVE!東京・銀座のど真ん中でお祭り騒ぎ!

ナオト・インティライミ、初の生配信
LIVE!東京・銀座のど真ん中でお祭り
騒ぎ!

銀座のど真ん中で配信ライブ

ナオト・インティライミが 2020年7月10日、配信ライブ「ナオトの日 スペシャル LIVE 2020~生配信の大祭典!初の試みドッキドキ?おうちでナオトを一人占め!!~」を東京・銀座のど真ん中”PLUSTOKYO”で行った。
毎年7月10日に「ナオトの日 LIVE」を開催しているナオト。2020年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、初めて生配信ライブとなった。

2020 年はナオトにとって、デビュー10 周年のアニバーサリーイヤー。
全国ツアー、ベストアルバムの発売、海外公演、スペシャルライブ、ドラマ出演などを予定していたが、コロナ禍の影響によりすべての活動を 2021 年にまるっと延期することを発表。
その後も SNS を介した発信、新曲「Invitation」(フジテレビ系「ライオンのグータッチ」新テーマソング)を発表するなど、前向きに活動を続けてきた。
この日の配信でもナオトは、ライブファンに対する強い思いを感じさせるパフォーマンスを繰り広げた。
【特集】「ナオト・インティライミ」の世代を超えて愛される才能と魅力に迫る!
https://utaten.com/specialArticle/index/5231
思い出深い場所からライブ開始
ライブ会場は、世界デビュー曲「El Japonés」の MV を撮影した思い出深い場所。富士山の絵をバックに登場したナオトは、そのまま階段を駆け上がり、屋上へ。
「今年もこの日がやってきたよ! はじめようか、“ナオトの日”!」という挨拶とともに「Wonderful!」でライブをスタートさせた。
▷「Naoto, Joey Montana - El Japonés」(エルハポネス)MusicVideo
「お茶の間のみんな、元気?! 最前列のかぶりつきの神席、眺めはどう?」という言葉から、最初の MC へ。
一体感を生み出す演出が印象的
「見てください、東京の空、晴れてます。同じ会場で出来ないのは寂しいけど、いいこともあって。こんなに人目を気にせず、踊ったり、歌えることってないでしょ? あと“1対1感”もあるし」と生配信ライブの魅力をアピール。
ライブ会場で録音された歓声を使い、一体感を生み出す演出も印象的だった。
さらに「恋する季節」「タカラモノ~この声がなくなるまで~」を披露。アコースティックギターの弾き語りにシンプルなトラックを加えることで、楽曲の良さがしっかりと伝わる。
ナオトの表情や息づかい、会場の空気感が伝わる映像も素晴らしく、コメント欄にも「こんなに近くで見れるなんて最高」「音いいね」などの言葉が並んでいた。
視聴者と直でつながる企画もたっぷり
この日の生配信ライブでは、視聴者と直でつながる企画もたっぷり。まずは「日本を元気に!コロナ禍、その中、いい話!!」。
STAYHOME期間中の素敵な出来事を募集、ナオトが気になったエピソードをファンに電話で聞くという企画だ。
「5才の長男から似顔絵と”いつもありがとう“の言葉をもらった」という女性、「夕刊の配達中、道路に子供たちが書いた”コロナに負けるな“というメッセージに励まされた」という男子大学生とトークしたナオトは、「ホッコリするね。いい気分で歌えそう」と笑顔を見せた。
続いて、“いろんなことがある日々だけど、ゆっくり進んでいきたい”というメッセージが胸を打つ「365」、インディーズ時代に発表した「ため息インジケーター」を演奏。
また、3人の視聴者が歌ってほしい曲をプレゼンする「視聴者プレゼン大会!ナオトが歌いたくなった曲は?!」で選ばれた「線香花火」では、切なく、叙情的な雰囲気を生み出した。
後半もポジティブな歌が響く
休憩を挟み、ライブは後半へ。Ballooooon!!(Remix ver.)でエクササイズ風のパフォーマンスでさらに盛り上げた後、波田野哲也(Per)、ミトカツユキ(Key)とともに 「I'm chi-zu-ers」「テキナビート」を演奏。
心地よいビートとポジティブな歌を響かせる。
さらに「以前に書いた歌詞なんだけど、いまの状況に重なることがあって。この曲のサビのフレーズも、みんなに会えなくて辛いという思いを反映しているかのよう」と言葉から「花びら」へ。

“今日も笑顔で過ごしていますか?”という歌詞、東京の夜景を映し出す映像とともに、大きな感動が広がった。
涙を浮かべながら話す場面も
ここでナオトは、改めてオーディエンスに向かって話しかけた。コロナ禍によってライブが出来なくなり、絶望的な気持ちになったこと。
それでも「このままではいけない」とファンクラブに向けた生配信、TikTok での発信などをはじめたこと。
「7か月ぶりに“ステージ”に立つことができて、心から嬉しく思っています」
「自分の持ち味をまっとうすればいいと気づかせてくれたのは、画面の向こうでライブに参加して、一緒に作ってくれているあなたです。こういうことがあって、みんなとはさらに心の距離が近くなったと感じています」
と少し涙を浮かべながら話すナオト。
視聴者からは「ありがとう!」「大好きだよ」「一緒にがんばりましょう」というメッセージが数多く寄せられた。
「逆境のなかで歯を食いしばってがんばってるみんなに、この曲を送りたい」という言葉に導かれた「未来へ」、そして、という歌詞が心に残った「LIFE」でライブ本編は終了した。
EP作品リリース発表&新曲初披露!
アンコールでは、初の EP 作品「オモワクドオリ」を 10/7(水)にリリースすることを発表。
表題曲「オモワクドオリ」のほか、「Invitation」(フジテレビ「ライオンのグータッチ」テーマソング)、「スタートライン」(NHK「みんなのうた」8-9 月)、「Sunset Lovers」(「充レン」タイアップソング)、「きっかけはキッカケで」(メーテレ「ドデスカ!」テーマソング)などを収めた本作は、ナオトにとって初のEP作品だ。
視聴者の「新曲は聴けないの?」という声に反応したナオトは、「オモワクドオリ」を初披露。
ファンキーかつダンサブルなサウンド、感情豊かな歌声が一つになったこの曲は、彼の新たな代表曲になりそうだ。
ラストはライブで支持され続けているお祭りソング「カーニバる?」。
タオルを回しながら高揚感に溢れるステージを繰り広げ、「またあなたと会える日を楽しみにしています。どうかそのときまで元気で!」というメッセ―ジとともにライブは終了した。

アフタートークも配信
終演後には、ライブの打ち上げの様子をリアルタイムで配信する「打上げ、乾杯、生配信!LIVE 直後のアフタートーク!」も。
ポジティブな思いを反映させた楽曲、ファンとの結びつきの強さを改めて体感できる、意義深い生配信ライブだった。
撮影:Uchida Yuho
■ナオト・インティライミ「ナオトの日 スペシャルLIVE 2020~生配信の大祭典!初の試みドッキドキ?おうちでナオトを一人占め!!~」
2020 年 7 月 10 日(金)20:00~ 生配信
<セットリスト>
01. Wonderful!
02. 恋する季節
03. タカラモノ ~この声がなくなるまで~
04. 365
05. ため息インジケーター
06. 線香花火
07. Ballooooon!!(Remix ver.)
08. I'm chi-zu-ers
09. テキナビート
10. 花びら
11. 未来へ
12. LIFE
<アンコール>
13. オモワクドオリ
14. カーニバる?
ナオトの日 スペシャル LIVE2020 特設サイト
「ナオト・インティライミ」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/6496
リリース情報
●2020 年 10 月 7 日(水)発売
EP「オモワクドオリ」
★初回限定ファンクラブ盤
価格:¥3,000(税抜)
品番: PROS-1918
内容:CD+DVD
※エンジンオフィシャルストアにて、2020 年 9 月 3 日(木)23:59 まで予約受付中!
★通常盤
価格:¥2,000(税抜)
品番:UMCK-1667
内容:CD
【初回限定ファンクラブ盤 DVD 収録内容】
「夏を取り戻せ!ナオト・インティライミ LIVE @ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」
▷商品予約はこちら

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着