ロマンティック香る、Genyaのベッド
ルームミュージック

甘美な音で酔わせて

ロマンチックだと思った。しかしそこに香るのは、海へ向かって夜道をドライブしたり、大勢の前で跪いてプロポーズしたりといった、主人公が率先して目指すようなロマンではない。墓場まで胸に秘めて持っていきたくなるような、甘美で独占したくなるようなロマンだ。そんなロマンチックを作るアーティストこそ、Genyaである。

彼は福岡を拠点にする、ベッドルームミュージシャンだ。学生時代、ロンドンへ旅したことをきっかけに、2018年5月より音楽活動をスタート。ブラックミュージック感の強いサウンドと日本のフォークや歌謡曲を掛け合わせた、懐かしさと眩しさが交差する音楽を紡いでいる。

Genyaの歌声は、まだ20代前半とは思えぬほど艶っぽく、ひとたびブレスをすると濃密な時間へ一気に引きずりこんでいく。コツコツとひとりで作られた音楽というよりも、隣にいる特別な人に歌いかけているような空気を放っているのだ。「自分しか、このすばらしさを知らないのだ」という特別感こそ、彼の持つロマンティックさの根源だろう。

先日配信が開始された「WHEN YOU CRIED」は、エモーショナルな失恋ソング。雨のジトっとした湿っぽい感じの、彼の声が持つ艶感はよくハマる。これからの季節、ヘビロテ必須なナンバーだ。

こんなアーティストが好きな人におすす

・DedachiKenta・the engy・Yatto_Aetane・yonawo

Genya アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着