小松未可子、内山昂輝、関智一が『呪
術廻戦』呪術高専2年生キャストに決
定、意気込みコメントが到着

2020年10月放送のTVアニメ『呪術廻戦』で呪術高専2年生キャラを演じるキャストが解禁された。禪院真希(ぜんいんまき)を小松未可子、狗巻 棘(いぬまきとげ)を内山昂輝、パンダを関智一が演じる。3人のコメントと、キャラクター設定画も公開された。
本作はこれまでに、主人公・虎杖悠仁役を榎木淳弥、伏黒 恵役を内田雄馬、釘崎野薔薇役を瀬戸麻沙美、五条 悟役を中村悠一、両面宿儺役を諏訪部順一が演じることが発表されている。
<禪院真希役:小松未可子コメント>
真希を演じるうえで乗り越えなければならない壁として、姉妹の確執が大きく立ちはだかると思います。そのシーンは原作を読んでいてもとても印象的でしたので、アフレコがとても楽しみです。彼女の表立って見える強さや荒々しさ。その背景にある境遇を丁寧に演じられたらと思います。
禪院真希役:小松未可子 (c)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
禪院真希(ぜんいんまき)
東京都立呪術高等専門学校2年
等級:4級
エリート呪術師の家系に生まれるも、呪力を持たず呪いも見えない。呪力を持たない分、高い身体能力を持ち、呪具使いとして禪院家を見返すべく奮闘する。
<狗巻 棘役:内山昂輝コメント>
収録に参加するのはまだこれからなので、きっちり原作を読み込みつつ、スタッフの方々の意見を聞いて演じていこうと思います。原作ファンの期待の上をいく、そして、まだこの作品を知らない方々をも惹きつけるような、魅力溢れるアニメにするために頑張ります。
狗巻 棘役:内山昂輝 (c)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
狗巻 棘(いぬまきとげ)
東京都立呪術高等専門学校2年
等級:準1級
呪言師。己の言葉が呪いの武器となる呪言師の末裔。普段から不用意に人を呪わないよう、おにぎりの具でのみ会話をする。
<パンダ役:関智一コメント>
見た目はパンダでありながら、人間的な常識を持ち合わせる存在。そのギャップを大切にしながら、自分らしさも僅かに加えて演じていきたいと考えております。一言で申し上げますと演じるのが楽しみです。
パンダ役:関智一 (c)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
パンダ
京都立呪術高等専門学校2年
等級:準2級
見た目はただのパンダだが、その正体は夜蛾校長が作り出した、人語を話す突然変異呪骸。感情豊かで、面倒見がよく漢気もある。
少年は戦う―― 「正しい死」を求めて

<PV第1弾公開中>
ごく普通の高校生活を送っていた少年・虎杖悠仁(CV:榎木淳弥)は、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう呪いである“両面宿儺”と肉体を共有することに。最強の呪術師である五条悟(CV:中村悠一)の案内で、虎杖は対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入すし…。

TVアニメ『呪術廻戦』は、MBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”にて深夜1時25分より放送開始。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着