独自のソウル音楽を追求した
初期ヴァン・モリソンの
傑作『ムーンダンス』

『Moondance』(’70)/Van Morrison

『Moondance』(’70)/Van Morrison

アイルランドのベルファストで1945年に生まれたヴァン・モリソンは、レコードコレクターであった親の影響で小さい頃から、ブルース、ヒルビリー、カントリー、フォーク、ジャズなど、アメリカのルーツ音楽をひと通り聴いて育っいる。ビートルズがデビューすると彼も大きな影響を受け、エリック・クラプトン、リッチー・ブラックモア、ロッド・スチュワートといった他の同い歳のブリティッシュロッカーと同じく、R&Bやスキッフルのバンドを渡り歩き、64年にはブルーアイド・ソウルのグループとして人気を博したゼムを結成する。今回紹介する『ムーンダンス』は、ゼム脱退後の70年にリリースされた彼の3rdソロアルバムで、魂のこもった音楽が満載の傑作である。 

ゼムの結成と脱退

ヴァン・モリソンは叩き上げのアーティストである。12歳から音楽活動をスタート、15歳の頃には働きながらいくつかのバンドでプレイしており、特に好んで聴いていたR&Bやブルースを演奏するようになっていた。60年代初頭のイギリスではブルースやR&Bをバックボーンに持つグループが急増、ビートルズのデビューもあって大きな刺激を受ける。

そして、64年に結成されたのがゼムである。強力なヴォーカリストであるモリソンを擁するR&Bバンドとして大きな注目を集め、デッカレコードと2年契約を結ぶことになる。この時モリソンは若干18歳で、契約書には父親の承認が必要であった。イギリスでゼムと同時期にデビューしているのが、アニマルズ、ローリング・ストーンズ、デイブ・クラーク・ファイブ、スモール・フェイセズ、そしてスティーブ・ウインウッドのいたスペンサー・デイヴィス・グループなどで、彼らの一部は70sロックを創りあげていく大きな原動力となった。

64年、ゼムは2枚目のシングルとなるブルースのカバー「ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー」をリリースしたが、ヒットしたのはB面の「グロリア」のほうで、これはモリソンが18歳の時に書いたオリジナル曲。当時のライヴではこの曲の歌詞をアドリブで作って歌い、時には20分にも及ぶこともあったという。1曲が長いのはソロ活動になっても変わらず、ソロ初期の諸作でも8分〜11分ぐらいの曲が少なからず収録されている。また、「グロリア」は、ジミヘン、パティ・スミス、ジョー・ストラマー、デビッド・ボウイ、トム・ペティ、U2、AC/DCら、多くのロックアーティストにカバーされている。

続いて、モリソンの代表曲のひとつである「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」がヒット(イギリス2位、アイルランド2位)し、ゼムは一躍人気グループとなる。この曲はパブロック的なテイストもあって、グループの先進性のようなものは感じるのだが、メンバーのまとまりや技術的な問題もあって、モリソンは嫌気がさしたのか66年にゼムを脱退する。

この頃のゼムのサウンドはストーンズと少し似たところがあり、ミック・ジャガーとモリソンは似たタイプのシンガーだと思う。ジャガーがブルースやR&Bをロック的な咀嚼によって自分のスタイルを作り上げていったのに対し、モリソンは同じくブルースとR&Bを自分の内にあるソウルミュージックのフィルターを通していくことで、そのスタイルを構築していった。

ブルーアイド・ソウルというより、
モリソンならではのソウル

ゼムのプロデューサーで「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」のソングライターであるバート・バーンズが新レーベルのバングレコードを設立するのにあわせ、ゼムを脱退した彼はアメリカへと渡る。そして、初のソロアルバム『ブローウィン・ユア・マインド』(‘67)をリリース、そこに収録されたトロピカルなリズムを持つ「ブラウン・アイド・ガール」は全米10位の大ヒットを記録。この曲はモリソンの代表曲として多くのアーティストがカバーしており、今ではロックのスタンダードとなっている。

このアルバムのバックを務めたのは、ニューヨーク界隈で活動するミュージシャンたちであった。主にフォークリバイバルのアーティストをサポートするスタジオミュージシャンと、アトランティック系(バングレコードの配給はアトランティック)ソウルのバックを務めるサポートミュージシャンの混合部隊であったから、ソウル・ミーツ・ポップス的なアレンジがなされ、そこにモリソンのソウルフルなヴォーカルが乗るという仕上がりであったが、このかたちが彼ならではのソウルサウンドを生み、70年代の諸作においては大なり小なりこのスタイルが継承されていく。少なくとも、67年の時点でオリジナルとも言えるソウルミュージックを確立したことは特筆に値する。

渡米後すぐにヒットに恵まれるなど、モリソンにとっては順風満帆のスタートを切ったが、その矢先バーンズが急逝、バングレコードでの活動はストップしてしまう。突然の苦境に立たされたモリソンであったが、これが彼にとってはプラスに働くことになるのだから人生は分からないものだ。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着