Hi Cheers!

Hi Cheers!

【INTERVIEW:Hi Cheers!】
ドカーン!みたいな曲が
いいんじゃないのかなって

動画配信サービス『GYAO』、ストリーミングサービス『AWA』のフォローアップのもと、日本工学院専門学校の学生がアーティストインタビューを行う、ネクストブレイクアーティストをプッシュするコラボレーション企画『G-NEXT』。
Hi Cheers!
Hi Cheers!
Hi Cheers!
Hi Cheers! × 日本工学院専門学校 コンサート・イベント科:椎名康予・備前桐香・工藤香織
Hi Cheers! × 日本工学院専門学校 コンサート・イベント科:椎名康予・備前桐香・工藤香織
上野正明(Vo&Gt)
上野正明(Vo&Gt)
高村風太(Vo&Key)
高村風太(Vo&Key)
高村風太(Vo&Key)
Chie(Vo&Gt)
Chie(Vo&Gt)
月川 玲(Vo&Ba)
月川 玲(Vo&Ba)
Hi Cheers!
配信シングル「ABCがワカラナイ」
今回の選出アーティストは、7月17日に1st Digital Single「ABCがワカラナイ」を初音源として配信リリースしたHi Cheers! メンバー全員がヴォーカルを担当し、新鮮で抜群なポップセンスを持つ4人のハーモニーが生み出す楽曲とは? 新世代バンドとしてのスタイルへのこだわり、彼らにとって音楽とは何なのか、今後の活動への想いを訊いた。

すごく…“令和”って感じ

ーーまずお伺いしたいのですが、各自が別の音楽活動をされていた中でこの4人でバンドを組むことに至った経緯を教えてください。

上野正明(以下、上野): Chieと月川が2ピースバンド、僕はシンガーソングライター、風太はDTMで曲を作る作家のような活動をしている中で知り合っていたんだけど、去年の春くらいにひとりが寂しいなと思い始めて…。そんな中で見たビートルズのドキュメンタリー映画で仲間と音楽をつくる喜びみたいなのが描かれていたんです。で、なにか新しいもの楽しいものを誰かと一緒にやりたいなと思って、音楽性も人としても好きなメンバーに僕から声を掛けてこの4人で始めたという感じですね。

ーー今までの活動との違いで気づいたことってありましたか?

上野:みんなベテランというわけではないので、視野が狭くなってた部分はあると思うんですよ。だけどその視野がそれぞれ違うので、4人分の視野で広がっているっていう感覚があります。自分が書いた曲を風太に投げるとアレンジというかアプローチの違ったものになったりして、"あ、楽しいな"っていうイメージがありますね。化学反応が起きる時が楽しいです。

ーーメンバー全員がボーカルということですが、スタイルに対してのこだわりはありますか?

高村風太(以下、風太):4人の歌い手でいろんな声があるので、挑戦できる音楽の範囲が拡がっていくような気はします。だから、自分たちの音楽性を決めずに各々がやってみたいものを表現できる形態を持っているのではないかと思っています。

ーーChieさんと月川さんの演奏できる楽器の中にフルートやオカリナなど、バンド形態には珍しい楽器も含まれていますが、そういった楽器が登場する予定はありますか?

Chie:既にフルートは前身バンドのときに登場したことがあって、だからまたやるんじゃないかな。
上野:そうですね。ドラムがいない分ロックバンドっていうよりサポートとか入れて幅広くできるバンドだと思うので、楽曲によってはフルートを入れる可能性もありますね。

ーーちなみに今作品は高村さんの詞曲となっていますが、作詞作曲も全員ができるとのことで。

上野:そうですね。今回は風太くんが1から曲作ったり簡単なアレンジしてきたものを、ベースライン変えたり、ギターフレーズを考えたりという感じでみんなで固めていったんですが、この先はそれぞれが影響受けてきた違う音楽性もうまくHi Cheers!というものに昇華できたらいいなって思ってます。

ーーHi Cheers! のコンセプトにある “Show me your smile”という言葉が好きなんですが、みなさんが聴くと笑顔になれる音楽はなんですか?

月川 玲(以下、月川): 笑顔…。

上野:あんま笑わない?(笑)

月川:あんま笑わない。

上野:楽しくなるようなのは?

月川:楽しくなるか…、基本的に私が好きな音楽って昔の洋楽だったりするので。日本人ならCharaさんとかは笑顔になれますね。ライブに行って、にやにやしてたもん!

全員:あぁーいいよね。

風太:僕は作った人と聞いている人が一緒に楽しめるようなもの、作り手の楽しませてやろうっていう想いが伝わってくるものは聴いてて笑顔になれます。

Chie:私は、山崎まさよしさんとか大石昌良さんとかアコギ一本ですごいバチバチ弾き語る人の映像を観ているときは、憧れからの笑顔みたいな感じです。でも画面に自分の顔が映ってて、なんかキモくなっちゃって (笑)。

上野:あんまり人生謳歌している感じじゃないので、僕自身がいえーいって感じではないのですが、だからこそ音楽を聴いている時は、これから楽しいことがあるかもしれないって気持ちになって、新しい自分が出てくるようなイメージがありますね。

ーーそうなんですね。ではデビューに関してお聞きしますが、今時と言いますか、配信でのデビューということについてはどう思われていますか?

風太:気軽に聴けるところがいいと思います。配信っていうのはスマートフォン一台あればパッと再生できるので、普段音楽を積極的に聴かない人にとっても身近な存在になるツールだと思います。すごく…“令和”って感じ。CDがグッズ化している中で、音楽の聴き方っていうのも手軽になってイヤホンで聞くっていうのがスタンダードになっているので、そこに対しての今向きのやり方なのかなと思ってます…よね?

全員:(笑)。そうだね。

ーーリリースが決まった時の反響はいかがでしたか?

Chie:反響は…そんなにやり取りしてなかった人から“聴いたよ”“良かったよ”みたいなのはありました。おじいちゃんも見てくれたんですけど、カウントダウンTVの…(TBS系「CDTVサタデー」) 。

上野:はいはい。エンディングテーマね。

Chie:そう。私が映ってるって知って、いつも夜9時くらいには寝るんだけど夜中まで起きててくれて。でも、誰が孫だかわかんなかったらしくて…。

上野:いやいやいや、おじいちゃん(笑)。

Chie:なんかその反響が可愛かったです。

ーー (笑)。月川さんはいかがですか?

月川:私はちょっとChieさんに似ていて、最近連絡とってなかったなーみたいな人から、「CDTVサタデー」のエンディングテーマ決まったよーって告知したタイミングですごい連絡がきた。反応もらえてすごくよかった、頑張ってよかったなって思いました。

─実感としてはいかがですか?

上野:元々6月か7月を目指してなんか作ろうって春くらいから動いてたんですけど、この情勢もあって、それぞれ家にこもって作業をしてたんですよ。だけど普段の曲作りとちょっと似てるような感じで制作が進んだので実感がなくて。でもレコーディングで弦が入ったりホーンが入ったりとかしていくうちに、いよいよ発信していくんだなって感じました。

Chie:私も上野君と同じで全然実感がなかった。反響をもらってからですね。
Hi Cheers!

Hi Cheers!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着