SING LIKE TALKING、キャリア初の無
観客配信ライブ2デイズ開催決定

SING LIKE TALKINGが、キャリア初となる無観客配信ライブを8月29日(土)と9月5日(土) に開催することを発表した。
SING LIKE TALKINGは、東京・名古屋・大阪会場でのホールツアー『SING LIKE TALKING Amusement Pocket 2020』がコロナ禍の影響で通常開催を見合わせており、今回の無観客配信ライブは、そのツアーの一環として開催。タイトルを『SING LIKE TALKING AP2020 Deliver You』と名付け、8月29日(土)“Day 1”は当初よりライブを行う予定であった中野サンプラザから、9月5日(土) “Day 2”は都内のスタジオから、各日異なるセットリストの演出で行われる。
そして、配信ライブの直前、8月26日にはSING LIKE TALKINGの1年ぶりとなるニューシングル「生まれた理由」がリリース。タイトル曲に加えカップリングに「サアカスの馬」、NONA REEVESの奥田健介による「Closer ~寒空のaurora~」(アルバム『Heart Of Gold』収録曲)のリミックスバージョンを収録。初回限定盤には、上記の配信ライブとなった「Amusement Pocket 2020」のキービジュアルを配したペナントがセットとなっている。
また、メンバーであるギタリスト・西村智彦の5年ぶりとなるソロアルバム『combine』も同時リリース。新曲、セルフカバー他、SING LIKE TALKING シングルのカップリング曲などで発表した楽曲を収録したギターインストアルバムとなっている。
西村 智彦
佐藤竹善コメント
この度、我々初の配信ライブ。タイトルは”Deliver You"としました。
みなさんがよく知っているこの言葉、今回もコロナ渦で、出前や配達をご利用になった方も多いでしょう。
今回はぼくらから皆さんへの ”出前” です。
実はこのDeliverという単語、歌のタイトルにはよく使われます。
いろんな想いを届けたい時に使われるわけですが、他にもいろんな意味がある言葉です。
伝える、手渡す、(声を)上げる、(支持を)集める、産み出す、(約束を)果たす、(苦痛などから)解放する..etc.etc…
もちろん、場面によっての限定や頻度もまちまちですが、母国語ではないからこその幅広〜い意味合いをDeliverという単語からも感じながら、ぜひライブを楽しんでください。
佐藤竹善(SING LIKE TALKING)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着