完全新作アニメーション『ARIA The
CREPUSCOLO』特報映像&ティザービジ
ュアル解禁 2021年春頃公開決定

現在、WEBマンガサイト「MAGCOMI(マグコミ)」で『あまんちゅ!』を連載中の天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミック『ARIA』。同作は、2005年に『ARIA The ANIMATION』としてアニメ化。その後も、2006年に『The NATURAL』、2007年に『The OVA ~ARIETTA~』、2008年に『The ORIGINATION』、2015年に完全新作アニメーション『ARIA The AVVENIRE』が制作された。
そして、『ARIA The ANIMATION』放送から15年目を迎える2020年。メモリアルイヤーに、再び『ARIA』が映画として帰って来ることが発表され、同時にティザービジュアル(=上掲写真)、特報映像、場面カットが公開された。
(c)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー
(c)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー
オレンジぷらねっとのメンバーを中心に描かれる、完全新作アニメーション映画『ARIA The CREPUSCOLO』。天野こずえの完全新作描き下ろし原作漫画を元に、総監督・脚本:佐藤順一、監督:名取孝浩、アニメーション制作: J.C. STAFF(「あまんちゅ!」)が制作。キャストもおなじみのメンバーに、アテナ役として佐藤利奈が新たに加わる。
(c)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー
(c)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー
ティザービジュアルはオレンジぷらねっとが中心となりメインキャラクターが集合した特別なイラストとなっており、特報映像では灯里役の葉月絵理乃さんがナレーションを務め、ネオ・ヴェネツィアで生活をする灯里をはじめとした、メインキャラクターたちの優しくて穏やかな日常が描かれている。
■特報映像
さらに、原作の天野こずえと総監督・脚本を務める佐藤順一からのコメントが到着している。
原作&総監督コメント
原作:天野こずえコメント
TVアニメ放送 15 周年という区切りにまたしても映画化のお話をいただきました。
ファンの皆様の声援に支え続けられて今回もこのような望外の幸せな機会をいただけましたこと、本当に本当にありがとうございます。
図らずも今回の映画化発表は、企画が正式に決まって原作となる漫画作業に着手した頃にはまったく想像すらできなかった過酷な世界の現状と時期が重なりました。
何か大きな見えざる力…流れに動かされて現在に至ったのかなと思わざるを得ません。
新たに生み出された『ARIA』 がファンの皆様に元気や笑顔をお届けできて、ほんの少しでも不安な心の癒しや支えの一助になれたら嬉しいな…と心より願っております。
総監督・脚本:佐藤順一コメント
『ARIA』を支えてくれているファンの方達の熱い想いが、5 年前『ARIA The AVVENIRE』という形で実りました。
そしてそこで生まれた願いの種が、2020 年に新作『ARIA The CREPUSCOLO』という形で結実します。『ARIA The ANIMATION』から数えたら 15 年、ずっとファンでいてくれた方も最近ファンになった方も、新作への期待の声は等しく私たちに勇気をくれます。
未来は突然生まれるわけではなく、過去から今へ幾層にも積み上がった思いがあって初めて産声をあげる事ができるのだと改めて思います。
今回、 思いを一つにする新しい仲間も加わり、ネオ・ヴェネツィアの新しい時間が動きだします。
さあ、新しい明日へと共にこぎ出しましょう。
佐藤 順一
(c)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー
(c)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー
前作から15年目に動き出した完全新作の『ARIA The CREPUSCOLO』は、2021年春頃公開予定だ。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着