Da-iCE、リアルとバーチャルを融合させた「ABEMAアリーナ」こけら落とし公演を開催!

 Da-iCE、リアルとバーチャルを融合させた「ABEMAアリーナ」こけら落とし公演を開催!

Da-iCE、リアルとバーチャルを融合
させた「ABEMAアリーナ」こけら落と
し公演を開催!

日本初3DCGオンラインライブ開催

ダンス&ボーカルグループ「Da-iCE」(ダイス)が、自身初のオンラインライブ「Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-」の初日公演を26日開催した。
テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」からリリースされた新機能「PayPerView」(ペイパービュー)内に、高品質CGで製作された特別なバーチャルステージ「ABEMAアリーナ」がグランドオープンし、そのこけら落としとしてDa-iCEが第1弾アーティストに抜擢されたのだ。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、予定していた2月のアリーナ公演や5月からのツアーを中止せざるを得なくなった一方、オンラインライブツアーとして新たに生まれ変わった本公演は、最新テクノロジーを駆使した非現実的な空間の中での演出を実現。
東京・渋谷の街をモチーフにした近未来的バーチャル世界をテーマに、リアルでは不可能な空中浮遊のステージや突如現れる巨大オブジェなど、変幻自在のセットの中で圧巻のパフォーマンスを見せつけた。
面白いのは、ライブ全編を通してフル3DCGだというところ。
リアルタイムに人物とCG背景を合成しているので、映像ではバーチャル空間で踊っているメンバーも実際は撮影用のグリーンバックで踊っているのだ。
リアルタイム合成のクオリティが圧倒的に高いシステムを駆使し実現させた全編フル3DCGのオンラインライブは日本で初となる。
CGでしかできない夢のような演出
26日午後9時。ライブは東京・渋谷の街並みがバーチャル世界へと変貌するオープニング映像からスタート。巨大キューブが現れ、そのキューブが砕け散るとともにメンバー5人がバーチャルの世界に登場した。
ボーカル・花村想太の掛け声とともに始まった1曲目の「NEXT PHASE」では上空に浮かぶキューブが音に合わせて形を変化させる。続けて「Splash」では空中浮遊モニターが現れ、メンバーの周りを自在に移動したり、「FAKESHOW」ではメンバーのシルエットの巨大モニュメントが登場するなど、次々に現れては変化する映像とメンバーのパフォーマンスに目を奪われる。
遠くには夜の高層ビル群が見え、まるで街中でパフォーマンスしているかのような錯覚に陥るが、実際はグリーンバックのスタジオで演出しているのだから驚きだ。
MCでは、後ろの夜景を振り返りながら「綺麗ですね、ロマンチックですね」と答えるボーカル・大野雄大に、「いやいや、(実際は)見えてないでしょ(笑)」と、メンバーからつっこみを入れられる場面も。
4曲目の「イチタスイチ」では、上空から「1」と「+」の立体ネオンのオブジェが降ってきたり、「BACK TO BACK」ではメンバーのダンスパフォーマンスとバーチャル世界の背景が絶妙にマッチした演出で魅了した。
途中、ファンとZoomを繋いだインタラクティブもあり、離れていても同じ時間を共有して過ごしていることを証明してくれているようだった。
そしてライブは早くも残すところあと2曲に。花村は、「あっという間ですけど、今日のライブは本当にたくさんの方が時間をかけてできあがったライブなんです」と、初めての試みである全編フル3DCGでのオンラインライブができたことに対しスタッフへ感謝を述べた。
そしてライブは、パフォーマー・和田颯が作詞作曲に携わり振付も担当したという楽曲「Yawn」へ。
この日初披露となる同曲は、サビの「Yawn Yawn Yawn…」のタイミングでコメント欄も「よーんよーんよーん」という掛け声のコメントが連なるなど、オンラインライブならではの掛け声でファンも盛り上がりを見せた。
ラストは、メンバーを乗せたステージが空中へ浮かび、ビルが立ち並びキラキラと輝く夜の街を移動しながら 藤原聡(Official髭男dism)が楽曲提供した「FAKE ME FAKE ME OUT」を披露。
どのシーンもCGでしか成し得ない演出だ。そしてメンバーが指を鳴らすとバーチャル背景は一瞬で消えてグリーンバックに。
今まで夢を見ていたかのような感覚のまま、メンバーは颯爽とスタジオを後にし、ライブは終了した。
ツイッターでは「#Da_iCEオンラインライブツアー」がトレンド入りし、「フルCG凄かった!!」「迫力満点の映像とパフォーマンスに圧倒された約1時間でした、、」「オンラインライブの余韻で全然寝れません!!」など、興奮冷めやらぬファンのコメントで溢れていた。
本ツアーは今後8月16日(日)、9月13日(日)と全3回開催予定で、演出やセットリストはいずれもガラリと変えるとのことでこちらも見逃せない。
【特集】Da-iCEはイケメンで歌もダンスもハイレベル!彼らの魅力とは?
https://utaten.com/specialArticle/index/5319
特典映像のダイジェストムービー公開
また、オンラインライブ終了に合わせ、8月26日発売のニューシングル「DREAMIN' ON」(TVアニメ「ONE PIECE」主題歌)の<初回生産限定盤A>に収録される特典映像「Da-iCE TVスペシャル」のダイジェストムービーも公開された。
▲Da-iCE / Da-iCE TVスペシャル ~Part1~
“五感で感じるエンターテインメント”をコンセプトに、音楽で五感を体感する作品を6ヶ月連続でリリースするDa-iCE。
今作は五感の一つである「視覚」をコンセプトに“目で見て体感する音楽”として、シングル作品にしてなんと2時間超えの映像コンテンツを収録している(※マルチアングル/シリアル特典映像含む)。
この「Da-iCE TVスペシャル」では、視覚をテーマにDa-iCEメンバーが数々のバトルを繰り広げ、想定外のハプニングや爆笑新キャラ登場!?の超必見コンテンツになっているそうで、ライブでのクールなDa-iCEとはまた違った個性豊かなメンバーが垣間見えそうだ。
リアルとバーチャルを融合させた新時代ライブを成功させたDa-iCEの今後の挑戦に期待したい。
「Da-iCE」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/9458
ライブ情報
●「Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE 2020 -THE Da-iCE-」
【第1回】2020年7月26日(日)21:00~(※終了)
【第2回】2020年8月16日(日)21:00~
【第3回】2020年9月13日(日)21:00~
▷詳細はこちら
<7/26(日)SET LIST>
1. NEXT PHASE
2. Splash
3. FAKESHOW
4. イチタスイチ
5. BACK TO BACK
6. Yawn
7. FAKE ME FAKE ME OUT
リリース情報
●2020年8月26日 発売
『DREAMIN’ ON』
★初回生産限定盤A【SG+DVD(スマプラ対応)】
価格:2,300円+税
品番:AVCD-94894/B
【CD収録曲】
1. DREAMIN’ ON(TVアニメ「ONE PIECE」主題歌)
2. ウィーアー!
3. DRAEMIN’ ON [Instrumental]
【DVD収録内容】
・Da-iCE TVスペシャル ~THE SENSE OF SIGHT~
・DREAMIN’ ON <MUSIC VIDEO>
・DREAMIN’ ON <MUSIC VIDEOメイキングドキュメント>
★初回生産限定盤B【SG+DVD(スマプラ対応)】
価格:2,300円+税
品番:AVCD-94895/B
【CD収録曲】
1. DREAMIN’ ON(TVアニメ「ONE PIECE」主題歌)
2. FIVE 2020
3. DRAEMIN’ ON [Instrumental]
【DVD収録内容】
・DREAMIN’ ONスペシャルメドレー <DANCEマルチアングルMOVIE>
・FIVE 2020 <ソロレコーディングMOVIE>
TAIKI REC ver. / TORU REC ver. / YUDAI REC ver. / SOTA REC ver. / HAYATE REC ver.
★通常盤【SG(スマプラ対応)】
価格:1,300円+税
品番:AVCD-94896
【CD収録曲】
1. DREAMIN’ ON
(TVアニメ「ONE PIECE」主題歌)
2. Found it
3. DRAEMIN’ ON [Instrumental]
4. Found it [Instrumental]
Da-iCE × Vo-iCE Vol.1
★mu-mo盤【SG+グッズ(スマプラ対応)】
価格:3,500円+税
品番:AVC1-94897
【CD収録曲】
1. DREAMIN’ ON
2. FIVE 2020
【特典内容】
・選べるソロアザージャケット
工藤大輝ver. / 岩岡徹ver. / 大野雄大ver. / 花村想太ver. / 和田颯ver.
・「DREAMIN’ ON」オリジナルミラー
・スペシャルブックレット
【概要】
TVアニメ「ONE PIECE」主題歌「DREAMIN' ON」のほか、ワンピース初代主題歌「ウィーアー!」をDa-iCEバージョンとしてカバー。また、自身のインディーズ曲「FIVE」を新たに5人でレコーディングを行った「FIVE 2020」、メンバー工藤大輝の作詞作曲による「Found it」などを収録。
「視覚」をテーマにした作品として、映像特典は120分を超える豪華コンテンツがラインナップ。(※マルチアングル/シリアル特典映像含む)

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着