MONO NO AWARE、新曲「ゾッコン」を
劇場アニメ『海辺のエトランゼ』主題
歌に書き下ろし

MONO NO AWAREの新曲「ゾッコン」が9月11日(金)公開の劇場アニメ『海辺のエトランゼ』の主題歌に決定した。

『海辺のエトランゼ』は紀伊カンナのデビュー作で祥伝社『on BLUE』で連載された人気漫画。沖縄の離島を舞台に、両親のいない高校生・知花実央と、小説家の卵・橋本駿の恋愛を描く作品で、待望の劇場アニメ化となる。アニメ・レーベル〈BLUE LYNX〉の3作目として公開される本作では制作をスタジオ雲雀が担当。紀伊カンナも監修とキャラクター・デザインで参加している。

今回映画主題歌のために書き下ろした新曲「ゾッコン」は、“MONO NO AWAREがおくる青春ロックンロール・ナンバー”とのこと。8月頃の本予告にて解禁予定となっている。メンバーの玉置周啓(Vo. / Gt.)は「フィクション作品の主題歌を作ること自体が初めてなので、興奮と不安が入り混じっていましたが、漫画好きとしてはお声がけ頂いただけで幸せなことでした」とコメントを寄せている。

【玉置周啓(MONO NO AWARE) コメント】

フィクション作品の主題歌を作ること自体が初めてなので、興奮と不安が入り混じっていましたが、漫画好きとしてはお声がけ頂いただけで幸せなことでした。初めて原作漫画を読んだ時は、海を眺めて「最高だー」と思うときのような感情が全体を包みながらも、台詞や表情から自分の生活を省みる瞬間もあり、複雑な気持ちになりました。しかし、その複雑さが、自分たちの音楽に共通しているかも知れないとも思ったので、このような機会を頂けたことを、改めてうれしく思います。公開が夏の終わりなのも、賛成です。


【映画情報】

劇場アニメ 『海辺のエトランゼ』

2020年9月11日(金)より劇場公開

■ オフィシャル・サイト(http://etranger-anime.com)

■ MONO NO AWARE オフィシャル・サイト(https://mono-no-aware.jp/)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着