「劇場版BEM~BECOME HUMAN~」に山
寺宏一、水樹奈々ほか出演決定 高木
渉の目にも涙のドラマが展開

(c)ADK EM/劇場版BEM製作委員会 今秋公開予定の「劇場版BEM~BECOME HUMAN~」に山寺宏一水樹奈々、高木渉、伊藤静の出演が決定した。いずれも劇場版オリジナルキャラクターを演じる。
 「妖怪人間ベム」の生誕50周年を記念して、2019年に放送されたリブート作品「BEM」の劇場版。テレビシリーズから約2年後、かつて湾港都市・リブラシティで死闘を演じた“妖怪人間”たちの行方を捜し続けていた女性刑事ソニア・サマーズが、目撃情報を追ってたどり着いた製薬会社「ドラコ・ケミカル」で、妖怪人間ベム(CV:小西克幸)にうりふたつの人間ベルム・アイズバーグと遭遇する。
 山寺はベルムが勤めるドラコ・ケミカルの上司マンストール、水樹はベルムのよき妻であるエマ、高木はドラコ・ケミカル社長のドラコ、伊藤はドラコの秘書であるグレタを演じる。
 原作「妖怪人間ベム」を小学生の時分に「怖がりながらも夢中で観ていた」という山寺は、劇場版への出演決定を喜び、「一見さえない感じの人物ですが、とてもやりがいがありました」とマンストール役での収録を振り返った。水樹は「シリアスな内容に反して、アフレコ現場は終始和やかなムードで……今回声優初挑戦される宮田さんも参加してのガヤ録りは、とても貴重な時間でした!」と、本作でアニメ声優に初挑戦する「Kis-My-Ft2」の宮田俊哉も交えたスタジオの雰囲気を伝える。高木は「劇場ならではの迫力を肌で感じながら、ドラマを存分に楽しんでいただけたら」と呼びかけ、リハーサル中に思わず落涙してしまったことを明かした。伊藤は「どんなお話が繰り広げられていくのか、ご自身の目で確かめていただけると嬉しいです」とコメントしている。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着