浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS

浅井健一 &
THE INTERCHANGE KILLS、
ニューシングル「TOO BLUE」には
ベンジーワールド全開の3曲を収録

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLSが、9月16日(水)に約2年半振りとなるシングル「TOO BLUE」をリリースすることがわかった。

バンドは、ヴォーカル&ギターに浅井健一、ベースにNUMBER GIRLの中尾憲太郎、ドラムにカナダやアメリカで活動してきた小林瞳で構成された3ピースバンド。2019年の浅井のソロ名義リリースに合わせたツアーもこのバンドで実施し、成熟度が増してきている中でのリリースとなる。

表題曲「TOO BLUE」は、混沌とした現代に、暗に訴えかける叙情的な歌詞とメロディーに、メンバーのサウンドが絡み合う楽曲となっている。

そして、初回生産限定盤には、2019年に全国20カ所で行ったツアー『BLOOD SHIFT TOUR 2019』のファイナルであるマイナビBLITZ赤坂での公演を約50分も収録した豪華内容となっている。2020年のツアー中止が発表される中、このシングルリリースを大いに期待したい。
シングル「TOO BLUE」2020年9月16日(水)発売
    • 【初回生産限定盤】(CD+DVD)
    • BVCL 1066~1067/¥2,500(税込)
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 01. TOO BLUE
    • 02. JODY
    • 03. 送る歌
    • ■DVD
    • 『"BLOOD SHIFT TOUR 2019" FINAL at MYNAVI BLITZ AKASAKA』
    • 1. Vinegar
    • 2. 目覚める時
    • 3. Watching TV ~English Lesson~
    • 4. Sunny Precious
    • 5. 目を閉じる映画
    • 6. DEAD FISH
    • 7. だからってさ
    • 8. ぺピン
    • 9. 見たこともない鳥
    • 10. 暗いブルーは暗いブルーさ
    • 11. METALLIC MERCEDES
    • 12. Old Love Bullet Gun
    • 13. SKUNK
    • 【通常盤】(CD)
    • BVCL 1068/¥1,200(税込)
    • <収録曲>
    • ※初回生産限定盤のCDと同じ

シングル「TOO BLUE」購入特典

※特典は数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。
※下記店舗・オンラインショップ以外での配布はございません。あらかじめご了承ください。
※特典絵柄は追ってご案内いたします。
※各オンラインショップに関して、カートが上がるまで時間がかかる場合がございますので、予めご了承ください。

■TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く):浅井健一デザインオリジナルステッカーType.1
■Amazon.co.jp:メガジャケ
■セブンネットショッピング:オリジナル缶バッジ
■浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS応援店(※対象店舗は後日発表):浅井健一デザインオリジナルステッカーType.2

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS
シングル「TOO BLUE」【初回生産限定盤】(CD+DVD)
【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着