ナビゲーターの中川晃教と第1回ゲス
トの加藤和樹がクロストーク! ~日
テレプラスの新番組『Live Music St
udio』プレス発表会レポート~

中川晃教がナビゲーターを務める新番組、『中川晃教 Live Music Studio​』がこの秋、日テレプラスにてスタートする。中川と毎回のゲストが、ミュージカルからポップスまで幅広い楽曲のセッションとトークから成る“ライブ”を開催し、放送と配信によって届けるというもの。リアルなライブが難しくなっている今の時代に、映像を通じてエンターテインメントが味わえる貴重な機会となりそうだ。2020年7月30日(木)に行われたプレス発表会に、中川と第1回ゲストの加藤和樹が登場。番組への意気込みを熱く語った上で、“互いの魅力”について納得&爆笑のクロストークを繰り広げた。
ライブへの思いを前向きに高めていける番組に
まずは中川が、外出自粛期間中の思いを「何でもない日常の尊さを新たに感じて感謝する一方で、孤独にもなった。そんな時にこれまでに出会ってきた方々、例えば井上芳雄さんなんかが、ラジオやテレビを通して人を喜ばせたり元気にさせたり幸せにしているのを見て刺激とパワーをもらいました」と振り返った上で、「劇場やライブハウスでの公演が難しい今だからこそ、僕たちが別の形で発信するのは意味のあること。そう思っていた矢先に今回のお話をいただいたんです」と、ナビゲーター就任に至った経緯を説明。「自分のためだけでなく、見てくださる方々のために歌い、楽しいことをお届けしたい」と熱く意気込んだ。
中川晃教
続いて加藤が、ゲストのオファーを受けた際の気持ちを「とてもワクワクしました。アッキーさんとご一緒できることはもちろん、エンターテインメントの必要性を多くの人に届けるチャンスとなる番組の第1回ゲストに選ばれてすごく光栄」と表現。「色々なコンテンツが増えてきたなかで、最終的に行き着くのはミュージカルが観たい、ライブに行きたい、僕らだったら早く劇場で歌いたいという気持ち。その気持ちを皆さんが前向きに高めていけるように、この番組を通してキラキラとしたエネルギーを発信したい」と抱負を語った。
加藤和樹
ミュージカルでの共演経験が多く、プライベートでも親交の深い二人。中川が加藤について「誰よりも頼れる男。この人がいれば大船に乗った気持ちになれると思ってます」と言えば、加藤が「自由奔放でいながら締めるところはきちんと締める。こちらこそ大船に乗った気持ちです」と返すなど、互いに全幅の信頼を寄せていることが窺える。ナビゲーターという役割について、中川は「なかなかできる経験ではないと思うので、たまにはムチャブリもしながら(笑)、ゲストの素敵な部分をちゃんと届けられるようにしたい」と早くもムチャブリを予告していたが、加藤ならばしっかりと応えながら共に盛り上げてくれることだろう。
“底が見えない“”体温のある”歌声を持つ二人で
質疑応答では、そんな二人が思う“互いの魅力”についての質問が集中。まずはアーティストとしての魅力について、加藤は中川を「音楽に対しての向き合い方がずば抜けている」、中川は加藤を「芝居先行でも歌先行でもなく、芝居心と歌心の両方を持って音楽を捉えている」とそれぞれ称賛。続いて歌声の魅力に話が及ぶと、加藤は「人を魅了する声。“声は楽器”を体現している方。彼こそミュージック。生まれ持ったものプラス努力で培われた声がしかも進化し続けているので、本当のちょっと、底が見えない(笑)」、中川は「どんな歌を歌っても、そこに人となりとか考え方、体温がある。ミュージカルもポップスも一緒に歌いたいなと思わせてくれる声」と、独特の表現で互いへのリスペクトを露わにしていた。
そして最後の質問は、「もしもお互いの体が入れ替わったら何をしたいか」。これに対し、加藤が「カラオケに一日中こもって心ゆくまで歌いたい。本当に、切実に(笑)。これだけ歌えたらさぞ気持ちいいだろうなって、アッキーさんといるといつも思うんです」と答えて笑わせると、中川が「和樹さんは内面もナイスガイですけど、外見も素晴らしい。この体が手に入ったら、当然めっちゃ乱用しますよね(笑)。つまづいた時に手を差し伸べてくれたのが王子様みたいな人で、女性がハッてなるみたいなの、ドラマでよくあるじゃないですか。そういうシチュエーションを味わってみたいから、ガンガン人に優しくします!」とさらなる爆笑回答を披露。二人のあまりの名コンビぶりに、番組への期待が高まる取材会となった。
本番組初回放送は、2020年9月27日(日)18:30より。日テレプラスでの放送に先駆けて、8月29日(土)21:00からは、イープラス・Streaming+にて配信用オリジナル「Streaming+ ver.」として先行配信が行われる。
スタイリスト=AKIRA(中川晃教)、立山功(加藤和樹)
取材・文=町田麻子 撮影=岩村美佳(トップビジュアル)、伊藤華織(会見写真)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着