GREAT3のデビューアルバム
『Richmond High』は
名うての3人の瑞々しい
アンサンブルが詰まった秀作

『Richmond High』('95)/GREAT3

『Richmond High』('95)/GREAT3

8月5日、デビュー25周年を記念して、1995年に発表されたGREAT3のデビュー作『Richmond High』のアナログ盤がリリースされた。多くのアーティストのサウンドプロデュースを手掛けてきた、音にもこだわるメンバーだけに、このアナログ化は自身にとっても喜ばしいところではなかろうか。肝心の内容は…というと、いい意味でデビュー作品らしく、彼らのバンドとしての本質がよく分かる、瑞々しさ溢れる作品である。

ロックシーンに欠かせない3人

先週の『火の玉ボーイ』紹介において、“音楽ファン以外で鈴木慶一と聞いて“あぁ、あの人ね”と即座に反応する人はどの程度いるだろうか。(中略)ピンと来る人は案外、少ないような気がする。”とか無礼千万なことを書いてしまい、いつか罰が当たるなと真剣に思い始めたところである。まず週を跨いで言い訳から始めたい。ちゃんと読んでいただければ汲み取ってもらえることを願うが、アレは決して知名度がないことを揶揄したいとかいうのではなく、世間一般にその名が知れ渡っていなくとも、音楽業界、ひいてはエンタメ業界全体にとってなくてはならないアーティストはいるもので…ということが言いたかったのである。

そして、そういうアーティストの作品は、当たり前のように早い時期から優れたものが多いことを知らしめたかったのだ。言い回しが失礼であったことは認めざるを得ないけれど、テレビのバラエティー番組がやりがちな“あの人は今”みたいな悪趣味なことをやりたかったわけではないので、努々誤解なさらぬようお願いしたい。どうして上記のような見苦しい言い訳から始めたかというと、今週のGREAT3においても若干先週と似たようなニュアンスが出てしまう恐れがあるので、事前に悪しからずご了承いただきたいからである。

そういうことでGREAT3である。今回紹介する『Richmond High』リリース時、つまりデビュー時のメンバーを記す。片寄明人(Vo&Gu)、白根賢一(Vo&Dr)、高桑圭(Vo&Ba)の3名である(2012年に高桑が脱退し、現在はjan(Vo&Ba)がバンドの一角を担っている)。この3人の中のひとりでもピンと来たら、あなたはわりと音楽通であろう。GREAT3自体に誰もが知るようなヒット曲はない。これはWikipedia情報なので正確ではない可能性があるが、これまで発表したシングルはオリコン最高71位である。アルバムは3rdアルバム『Romance』の29位が最高で、50位以下──その昔で言うところの右頁が大半だ。一般的にその名を知られているとは言い難い…と言っても大きく間違ってはいないだろう。だけれども、これは断言していいと思うが、もしこのGREAT3の3名がいなかったら今の日本のロックシーンはなかったと言っても過言ではない。もちろんロックシーンそのものは存在し続けていただろうが、現在のそれとは少なからずかたちを変えていたことは間違いなかろう。以下、ご存知の方はよくご存知だと思うが、ご存知のない方のために彼らのプロフィールを記してみる。

まず片寄明人。彼はChocolat & Akitoなるデュオでも活動する一方、プロデューサーとしての仕事に定評がある。フジファブリックのメジャーデビュー作『フジファブリック』(2004年)の他、GO!GO!7188、Czecho No Republicなど数多くのアーティストを手掛けている。最新のトピックとしてはDAOKOのプロデュースだろう。1stアルバム『DAOKO』(2015年)から先月末に発売されたばかりの4th『anima』(2020年)までサウンドプロデューサーを務めている。

白根賢一も自身の音楽活動の他、プロデューサーで活動しているが、何と言ってサポートミュージシャンとしての活躍に目を見張るものがある。[YUKI、高橋幸宏、THE BEATNIKS、Bonnie Pink、Caravan、Chara、LEO今井、KIMONOS、LOVE PSYCHEDELICO、Salyu、チュール、中田裕二、SOLEIL 、大沢樹生、Kotoko Tanaka Band など、数々のミュージシャンのライブサポート、スタジオサポートとして参加]([]はWikipediaからの引用)。幅広い世代のアーティストから信頼を寄せられている。

高桑 圭もサポートミュージシャンとして活動しており、その際は白根とともに参加することが多いのが興味深いが、彼のアーティストとしての真価は自身のソロユニット、Curly Giraffe、その参加メンバーからもうかがうことができるのではないかと思う。名越由貴夫(Gu)、藤田 顕(Gu)、堀江博久(Key)、奥野真哉(Key)、恒岡 章(Dr)、そして白根賢一(Dr)と、名うてのミュージシャンがズラリ。GREAT3は知らないけれど、彼らの中の何人かは知っているというロックファンは少なくないのではないだろうか。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着