新レーベル第1弾は本広克行監督作「ビューティフル ドリーマー」

新レーベル第1弾は本広克行監督作「ビューティフル ドリーマー」

監督絶対主義の新レーベル「Cinema
Lab」誕生 第1弾は本広克行監督×主
演・小川紗良、原案は押井守

新レーベル第1弾は本広克行監督作「ビューティフル ドリーマー」 本広克行監督(「踊る大捜査線」シリーズ)、押井守監督(「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」)、小中和哉監督(「星空のむこうの国」)、上田慎一郎監督(「カメラを止めるな!」)が参加する映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」が発足し、その第1弾として本広監督がメガホンをとり進境著しい女優・小川紗良が主演した「ビューティフルドリーマー」が、11月6日から公開されることが明らかになった。
 エイベックス・ピクチャーズとプロダクション・アイジーが製作幹事を務める同レーベル(https://cinema-lab.com/)は、参加監督陣が日本映画界に多大な影響を与えたATG(日本アート・シアター・ギルド)に着想を得て発起した、「監督絶対主義」で映画を製作する実験レーベル。映画化に際しての条件は、「限られた製作予算」のみ。それ以外の企画開発、脚本、キャスティング、ロケーション、演出など全てのクリエイティブ面は監督に自由が与えられる。
押井守監督が原案「夢見る人」を書き下ろし 第1弾となる「ビューティフルドリーマー」は、本広監督にとって約2年半ぶりに手がけた実写映画。近年は舞台の演出にも精力的に取り組む本広監督は、これまでにも瑛太主演の「サマータイムマシン・ブルース」(2005)、「ももいろクローバーZ」の主演作「幕が上がる」(12)で実証している通り、青春映画の旗手でもある。今作は、原案として押井監督が「夢見る人」を書き下ろし、本広監督と強力タッグを組んでいる。
 本広監督は、同レーベルに参加した理由を「映画はオールドメディアであり、長い間その形を変えていません。それをどのような形で進化させるのかをいつも考えています。興行的には、厳しいかもしれません。でも、やらないと後世に残る映画は作れない。作家性のある作品が少なくなっている今、次世代の若者のクリエイターたちが撮りたいものを撮れる場を作れないか、というのをずっと思っていました。その土台に、押井監督、小中監督、上田監督をはじめ私達がなれればいいと思っています」と説明している。
メガホンをとった本広監督 今作は、映画を撮ったことがない先勝美術大学映画研究会の部員たちが、“いわくつきの台本”の映画化に挑む姿を描く。完成稿は用意せず、現場で監督と役者たちが口頭の打ち合わせで芝居をまとめていく“口立て”を用いた手法で演出している。NHK連続テレビ小説「まんぷく」などで注目を集めるほか、映画監督としても長編デビュー作「海辺の金魚」の公開を控える小川が、監督としてメンバーをリードする主人公のサラに扮する。
主演の小川紗良 早稲田大学在学中、サークルで映画を撮っていた小川は「あの頃を追体験するような日々でした。映画サークルって、色々な珍事件が起きるんですよ。データが飛んだり、お金が尽きたり、機材が壊れたり、しょうもないことで喧嘩したり、色恋沙汰がもつれたり」と述懐。さらに「部室には余計なものがいっぱいあって、3留くらいしてる先輩が昼寝してる。”伝説のOB”はいつまでもサークルにはびこって、ああだこうだと言ってくる。本当に、映画サークルって変」と言い切る。新型コロナウイルスの感染拡大で、これまでの常識が覆ってしまったからこそ、「サークル活動や映画撮影の在り方が変わり果ててしまった今となっては、あの変な日々も懐かしく思えたり。2020年、思いがけずこの映画は『癒し』になるかもしれません。人と人との距離の近さが生む珍事件たちに、ぜひ心をふっと緩ませてみてください。夢みる人、そしてかつて夢みた人に、届きますように」とコメントを寄せている。
 ほかに、カメラ担当でサラを支えるカミオを神尾楓珠、助監督兼雑用係のムードメイカー・モリタを劇団ナイロン100℃所属での森田甘路、プロデューサーのリコを藤谷理子、メイク担当のシエリをヒロシエリ、録音担当のウチダを劇団スポーツ主宰の内田倭史、映研OBとしてメンバーを支えるタクミを斎藤工、確かな演技力で撮影に貢献するサヤカを秋元才加が演じている。そして映画コメンテーター“赤ペン瀧川”こと瀧川英次、名優・升毅が本人役で出演している。
 本編75分の「ビューティフルドリーマー」(https://beautifuldreamer-movie.jp/)は、11月6日からテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国で順次公開。その後も、参加監督の新作が順次公開される。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着