L→R タクマ(Gu&Cho)、モリユイ(Vo)

L→R タクマ(Gu&Cho)、モリユイ(Vo)

【Oh my! インタビュー】
今まで感じたことのない
アグレッシブなオケが
どんどん出来上がってきた

しなまゆのメンバーとして2011年から活動してきたモリユイ(Vo)とタクマ(Gu&Cho)が、“Oh my!”とバンド名を新しくして1stミニアルバム『SPARK』を完成させた。タイトルが表す通り、そこには“振り切った強さ”を感じる楽曲が並んでいる。ふたりは再びどんな道を進もうとしているのか話を訊いた。

恋人とタクマが崖から落ちそうなら
タクマを助けるかも!?

メンバーの脱退を経て“しなまゆ”から“Oh my!”という名前になり、初めての作品『SPARK』が完成しましたが、どんな想いで本作の制作に向き合いましたか?

モリユイ
レコーディングの直前にベースのウエノハラが辞めるという話が出たんですね。いい部分だけ言えば、今までは3人だったからバンドである意識が強くあったのが、タクマとふたりになったことで、その意識がちょっと薄くなりましたね。もちろんバンドサウンドは大好きな音ですけど、もう少し自由に“相棒と音楽ができるんだ”という感覚になったというか。それでアルバムを作ったら、ふたりだけの曲だったり、トラックにふたりで参加する曲ができたりとすごく新鮮だったんです。この相棒感というのは、他の人では得られないと私は思っています。
タクマ
僕もそうですね。ユイとは高校の時からの付き合いなんですよ。
モリユイ
私、自分の恋人とタクマが崖に落ちそうになって、どちらかを助けなきゃいけないとなったら、タクマを助けてしまうかもしれない(笑)。もしタクマが臓器を必要としたら、きっと出しますね。
タクマ
それは僕も出すよ。だけど、崖は分からないな。恋人に恨まれたら嫌だし(笑)。
モリユイ
えー! 私も枕元に立つよ(笑)。でも、タクマならふたりとも助けられるよ。
タクマ
まぁ、鍛えているからね(笑)。

名前を変えたのも大きなことですよね。

モリユイ
“しなまゆは一生解散しません”とずっと言っていたんです。だから、それを信じて好きでいてくれたみなさんが名前を変えると聞いて、裏切られたと感じてしまったらどうしようと思っていました。ただ、名前を変えること自体は3人の時から出ていたんですよ。なので、ふたりになったタイミングで、メンバーが抜けたことによって寂しく不安な気持ちはもあったし、新しいステップに進むいい機会かもしれないと話し合って変えました。

レコーディング自体はスムーズに進んだのでしょうか?

タクマ
ベースが抜けるという話があったあと、すぐに動き出さなくてはいけなかったので、僕の周りで信頼しているベーシストに連絡したら“やります”と言ってくれて。スタジオに入ったら僕らとすごく合ったし、ドラムもベースと別の現場で一緒にやっていた方なので、リズム隊の息もぴったりだったんです。
モリユイ
今回は自分以外が男性だったので、今まで感じたことのないアグレッシブなオケがどんどん出来上がってきて新鮮だったし、メンバーが抜けて弱っている私たちにとって“こんなに頼れる人たちがいるんだ!”という想いもあり、嬉しかったです。みんなから刺激を受けたし…「愛と気づけば」や「何者」など結構訴えるメッセージが強い曲があったので、この切羽詰まった感が良かったんじゃないかなって思います。
タクマ
あと、顔が良かったよね。
モリユイ
そう! ディレクターさんも含め、みんな男前ばかりで。私が顔で選んでいるんじゃないかって(笑)。ほんと、すごく楽しい現場でした。

先ほどお話にも出た4曲目「愛と気づけば」は、何度も転びながら夢に向かって進んでいく強さが歌われている楽曲ですが、そこにはどういった背景があるのでしょうか?

モリユイ
もともと2年前くらいにできた曲なんです。ちょうどその頃、同い歳だったり、肩を組んで“一緒にやっていこうぜ”と思っていたりしたバンド仲間が結構辞めてしまって。“あんなに楽しいことがいっぱいあったのに”という寂しさを、自分たちの支えにしたいという想いがあったんです。あと、一番仲の良い地元の子たちが活動休止というか、今までのかたちでは続けられないという話を聞いて、その子たちの最後のライヴの時に披露したくて。その時の歌詞は今回とだいぶ違うんですけど、メッセージとしては近くて…なので、贈りものみたいな感じで作りました。

今回のご自身のバンドでのことにもつながっていますよね。

モリユイ
偶然にも噛み合ってしまいましたね。
タクマ
僕たちもウエちゃん(ウエノハラの愛称)のことと思われちゃうんじゃないかって不安になったり…。
モリユイ
ウエちゃんが辞める前からこの歌詞は決定していたんですよ。だから、“ウエちゃんのことを怒っているふうに思われちゃったらどうする?”みたいな話をしていたんですけど、“そこはちゃんと説明すればいいじゃない”って。

辞めることも勇気だし、続けることも勇気ですからね。

モリユイ
実はウエちゃんの脱退を発表した時、LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIさんがSNSで“頑張って”とコメントをくださったんです。しかも、私がそれに対して“ありがとうございます”と返信したら、とても長いメッセージをわざわざくださって。“一生懸命続ければ続けるだけ、同じ目標を持った人たちが集まって助けてくれるし、いい関係ができるよ。これからなので、気を落とさず頑張ってね”といったような内容だったんですけど、このメッセージにとても救われました。すごく不安もあったけれど、“NAOKIさんが言うならそうだろう!”となったというか。心強かったですね。

素敵なメッセージですね! もともとNAOKIさんとは交流があったのですか?

モリユイ
以前私が担当していたコラムの中で、LOVE PSYCHEDELICOをたびたび取り上げていたんです。子供の頃から大好きで、ライヴを観に行ったこともあるし、私にとってアイドル的な存在なんですよ。おそらく私がコラムを書いて取り上げていること知って、NAOKIさんがSNSでフォローしてくださったんです。
タクマ
その話を聞いた時、嘘かと思いましたよ。スクショが送られてきて、やっと信じるくらい(笑)。僕も大好きな方だったのでびっくりしました。

今回、新たなベースの方、ドラムの方が支えてくれて、まさにその言葉通りになりましたね。

モリユイ
本当! まさにそうなったと思います。

レコーディングで新たに挑戦したことなどはありますか?

タクマ
バンドで録っている曲のベーシックトラックは全部一発録りで、それ自体はしなまゆの頃からそうなんですけど、今回の楽曲こそそのシステムが合っていたとすごく感じました。
モリユイ
レコーディングブースから録り音の確認で戻ってくる時、みんな侍のような表情だった(笑)。“男性ばかりでやるとこういう感じになるんだ”と思いましたね。タクマがすごく楽しそうでした。
タクマ
今までは女性ヴォーカルというのもあるし、周りのチームも女性が多かったんですけど、男だけでやる感じというのが、なんか部活を思い出しましたね。レコーディングしている最中は本当にワクワクドキドキで、苦なことなんてひとつもない…みたいな。もともとレコーディングは楽しいし。
モリユイ
楽しいよね。私もレコーディング好き!
L→R タクマ(Gu&Cho)、モリユイ(Vo)
ミニアルバム『SPARK』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着