大塚愛が小説家デビュー!ホラー短編
「開けちゃいけないんだよ」

「さくらんぼ」や「プラネタリウム」など数々のヒット曲を発表してきたシンガーソングライターの大塚 愛が2020年8月21日(金)に講談社より発行される「小説現代」2020年9月号に、自身初となる小説を寄稿。異色のホラー短編「開けちゃいけないんだよ」を書き下ろし。

祖母の家で起きる奇妙な出来事の数々。開けてはいけないものほど、開けたくなってしまう。地下室のアルミシートに覆われたもの……そこにはーー。

これまで『ネコが見つけた赤い風船』(2010年)、『ネコがスキになったキライなネコ』(2012年)(ともに講談社)2冊の絵本を出版。音楽活動を中心に、イラストや油絵などマルチな才能を発揮。

本作が収録される「小説現代」2020年9月号には、小説に加え、執筆秘話を収録した特別インタビューも掲載。

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

新着