Sound Horizon の音楽性
、歌詞に流れるテーマを
『Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜』
から探ってみる

『Elysion 〜楽園幻想物語組曲〜』
全曲解説

1.「エルの楽園 [→ side:E →]」
レトロなエフェクトの物悲しいバイオリンの音色に《私は…生涯彼女を愛することはないだろう…》というショッキングな独り語りから幕を開ける。そこから、ピアノ+HR/HMなギター+幻想的なコーラスが切れのいいビートに乗って展開。エッジの効いたギターサウンドと可愛らしいヴォーカルとの組み合わせが面白い。最も面白いのはサビメロ。少ない音符をリズミカルに鳴らすことでポップさを出すところは90年代のTKっぽく、懐かしくも新鮮な印象がある。

2.「Ark」
 この先、何度か登場する《「彼女こそ…私のエリスなのだろうか…」》のモノローグからスタート。Aメロは混沌とした雰囲気のジャングルビートながら、基本は8ビートのロックチューン。アップテンポでグイグイと迫る。随分で鳴るギターソロも徹底して速弾きだ。メロディーは所謂アニソン系に分類されると思うが、サビでの抑揚ある旋律は最近のJ-ROCKにも通じるところがあるように思う。歌詞の物語性は簡単に読解できないものであるが、《「ねぇ…何故変わってしまったの? あんなにも愛し合っていたのに」》といったフレーズは古今東西のポップスにあるはず。

3.「エルの絵本 【魔女とラフレンツェ】」
 ノスタルジックな笛の音のリピートに乗せて《二つの楽園を巡る物語》の序章的ストーリーが語られたのち、バンドサウンドが展開し、再びモノローグと、それが交互に繰り返される。基本は8ビートのロックだが、テンポが変わったり、リズムレスになったり、変拍子もあったりと、展開が複雑で、プログレッシブロックの要素が濃いと言えるかもしれない。歌詞は全体に幻想的だが、《一つ奪えば十が欲しくなり 十を奪えば百が欲しくなる》などは、これもまた普遍性を感じるフレーズである。

4.「Baroque」
 これも《「彼女こそ…私のエリスなのだろうか…」》からスタート。雷雨や足音のSEが今まで以上にシアトリカルな印象だ。チェンバロの音色は否応にも中世ヨーロッパの匂い。そこに重なるコーラスが楽曲全体にヒリヒリとした緊張感を与えている。全編モノローグで歌がなく、それゆえにか、ここで語られる物語はわりと掴みやすく思える。《性的倒錯性歪曲》という言葉からするとテーマは今日的なものとの見方もできるだろう。

5.「エルの肖像」
 ピアノ、ストリングスに彩られたスローナンバー…と思いきや、ダイナミックなロックナンバーへと展開していく。バンドサウンドが鳴って以降は次々とビートが変化するなど、決してJ-POP的な分かりやすい構成ではないけれども、ポピュラリティーある歌のメロディーラインや印象的なフルートの旋律が、複雑な構成をそう感じさせないようにさせているようでもある。相変わらず、そこにあるストーリーは簡単に理解できるものではないが、《理想》(idea“L”)、《鍵穴》(keyho“L”e)、《楽園》(e“L”ysion)、《少女》(gir“L”)などが、楽曲タイトルにかかっていることだけは分かる。

6.「Yield」
 例のモノローグから始まるが、飛び出すバグパイプのような音色(間奏からすると、その正体はたぶんサックスではなかろうか)、ロッカバラード的なミドルテンポのリズムが意外かつ新鮮に聴こえる。歌メロは北欧民謡風でありつつ、日本的な要素も感じられて、Sound Horizon、Revoの音楽的ポテンシャルの深さを再確認することができるナンバーだろう。最初に聴いた時、個人的にはソウル・フラワー・ユニオンの中川 敬の作るメロディーとコード感に近いものを感じた。

7.「エルの天秤」
 これも相当面白く聴かせてもらった。出だしはキラキラしたシンセのループで始まるが、歌が入ると──誤解を恐れずに言えば、昭和の歌謡曲のようなメロディーが聴こえてくる。《夢想的(Romantic)な月灯りに そっと唇重ね 息を潜めた…》や《徹底的(Drastic)な追悼劇を 笑う事こそ人生 嗚呼むしろ喜劇…》なんて歌詞も、ある時期の歌謡曲のサンプリングかのようだし、中森明菜のアルバムの中の一曲のカバーと言われたら信じる人がいるかもしれない。ブラスセクションやパーカッションも重なってサウンドは厚くなっていくところも実にいい。スカパラがやっていてもおかしくない…と言っても決して的外れではなかろう。生々しく鳴るフルートも素晴らしい。

8.「Sacrifice」
始まりは例のモノローグ。讃美歌的というかゴスペル的というか…のコーラスが幻想的でありつつもキャッチーに響く。アコギのアルペジオとストリングスとの演奏で進行していく、緩やかで綺麗な歌メロのナンバーだが、《妹(あの娘)なんて死んじゃえば良いのに…》という歌詞にはドキッとさせられる。歌詞に描かれたストーリーはこれも比較的分かりやすく、コンプレックスの話として捉えれば、こちらもベースにあるのは普遍的な感情を綴ったものと言うことができるのではないだろうか。

9.「エルの絵本 【笛吹き男とパレード】」
 リズミカルでダンサブルなナンバーで、循環するメロディーラインと、印象的なアコーディオンとバイオリンの音色とが、米国のフォークダンスを彷彿させる。これもまた随所で聴こえてくるフルートが躍動感にあふれていてとてもいい。《来る者は拒まないが、去る者は決して赦さない!》という意味深な歌詞があるが、“こういう集団、どこにでもありそうだな”と思ってしまうのは私だけではないはず。

10.「StarDust」
 始まりは例のモノローグ(つまり、タイトルに“エルの”付く楽曲以外は全て同じ台詞から始まっている)。サビ頭のいわゆるアニソン的楽曲で、収録曲中、最も分かりやい楽曲と言えるかもしれない。そうは言っても、モータウンビートを取り入れてポップにしているかと思えば、不協和音気味なノイジーなギターが左右から攻めて来るなど、なかなかひと筋縄ではいかないところは、Sound Horizonの面目躍如であろう。

11.「エルの楽園 [→ side:A →]」
 (これを言うと年齢がばれると思うが)ZELDAや遊佐未森を思い出すようなメルヘンチックなメロディーが、可愛らしくスタッカート気味に歌われる。それが一転、落雷の音とともにマイナーへと、まさしく組曲のスタイルを見せる。《"Ark"/箱舟に托された願いたちは…/"Baroque"/歪んだ恋心のままに求め合い…/"Yield"/理想の収穫を待ち望みながらも…/"Sacrifice"/多大な犠牲を盲目のうちに払い続け…/"StarDust"/ついには星屑にも手を伸ばすだろう…》の箇所では、背後にオルゴールの音色でそれぞれの楽曲のメロディーが鳴る。実はかなりユーザーフレンドリー。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』