細野晴臣、初のアナログ化作品含むソ
ロ作品6タイトルが“レコードの日”
に一斉発売決定

細野晴臣ソロ作品の、80&90年代のワールド・ミュージック、アンビエントの名盤3作品と、10年代の近年のアルバム3作品の計6作品が、11月3日の「レコードの日」にリリースされることとなった。
「レコードの日」とは今年で開催6回目となる、日本最大級のアナログイベント。発売される作品は、アンビエント作品の「花に水」(1984年作)、『omni Sight Seeing』(1989年作)、『MEDICINE COMPILATION』(1993年作)と、近年の『HoSoNoVa』(2011年作)、『Heavenly Music』(2013年作)、「Vu Ja De」(2017年作)となる。6作品は、それぞれSony Music DirectとSPEEDSTAR RECORDS(Victor)から、レーベルの枠を超え一挙発売される。
唯一のカセット作品となる「花に水」は、昨年Vampire Weekendが楽曲「2021」でサンプリングしたことで、再注目を集めた「TALKING」を収録した、1984年にカセットブックとして発売された作品。その後、再発売などされないままであったが、この度、当時と同じくカセットテープでの初リイシュー。自身による文章も当時のまま収録掲載するなど、オリジナルパッケージを踏襲した再発売となる。「花に水」は同時に配信もスタートする。
同じくワールド・ミュージックの先駆的名盤『omni Sight Seeing』、アンビエントの名作『MEDICINE COMPILATION』は国内においては初のアナログ化。両作共、砂原良徳による最新リマスタリングと、米国ハリウッドのバーニー・グランドマンによるカッティングが施される。『omni Sight Seeing』は、当時世界各地を巡り、ワールド・ ミュージックの先導的な役割を担っていた細野が、80年代後半に掲げていた“観光音楽”の集大成となるアルバム。そして『MEDICINE COMPILATION』は、矢野顕子とのデュオボーカルによるセルフカバー「HONEY MOON」や、ファンク色が光る「AIWOIWAIAOU」など歌声が躍動する名曲も収録された作品。
近年の細野のライブでもお馴染みの楽曲も多数収録された3作の中で、『Vu Ja De』は初のアナログ化となる。今回のアナログ化に際して、細野が好きだという10inch LPを採用。さらに海外でも初リリースとなるため、セルフライナーノーツも含めたブックレットが日本語・英語で収録される。また、ソロデビューアルバム『HOSONO HOUSE』以来の全曲ボーカル入りの作品となった『HoSoNoVa』や『Heavenly Music』もアナログ盤再発売。『Vu Ja De』、『HoSoNoVa』、『Heavenly Music』は、全てアナログカッティングの名匠・小鐵 徹によるカッティングとなる。
なお、11月3日にリリースされる6作品は全て、アメリカでも発売される予定となっている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着