BIGMAMAが過去と現在、未来を結んだ
配信ライブ その全貌を裏側も交えて
レポート

We Don’ t Need a Time Machine 2020 2020.8.21 新木場STUDIO COAST
『We Don’ t Need a Time Machine』――自身の代表曲のひとつ「I Don’ t Need a Time Machine」になぞらえ、“タイムマシンなんて要らない”という意味を冠したBIGMAMAの新体制初ワンマンが、2020年8月21日、新木場STUDIO COASTで無観客の配信ライブとして行われた。
BIGMAMA(リハーサル風景) 撮影=風間大洋
BIGMAMA(リハーサル風景) 撮影=風間大洋
開催の発表からしばらくした頃、「リハから面白いことを考えているので見てほしい」と、金井政人(Vo/Gt)から連絡が入った。こういうレポ取材はプロダクションかレーベルから声がかかることがほとんどで、本人から直接というのはとても稀。それだけ気合が入っているということなのだろうし、この久々のライブにして初の試みをどう盛り上げていくか、ステージ上以外のことまでそれぞれが考え動いているということなのだろう。ならば、ということで配信ライブではあるが、現地で観せてもらうことにした。
BIGMAMA(リハーサル風景) 撮影=風間大洋
無観客にもかかわらず、検温や消毒など、感染予防の対策を厳重に取った上で、スタッフの人数もかなり絞り込んでの開催だったこの日。とはいえ、照明や演出、カット割りなどはかなり凝ったものになっていたし、ライブ自体がちょっと特殊な造りだったので、単に「ライブをやってそれを流す」だけの配信には決して留まらない。しかも普段に比べれば、開催形態が決定してからの準備期間もだいぶ短い。現場では、メンバーはじめスタッフ一同も知恵と機転を働かせながら、リハ中にも演出面を追加・調整したりとギリギリまで動いていた。
BIGMAMA(リハーサル風景) 撮影=風間大洋
BIGMAMA(リハーサル風景) 撮影=風間大洋
待機画面に映し出されたデジタル時計が19:00を指すとほどなく暗転。ベートーヴェン第九のSEに乗ってメンバーが入場する。一段と目を引くバケツを被ったサポートドラマーは、“ビスたん”ことBucket Banquet Bis。コロナ禍によりドラマーの選定も困難を極める中、BIGMAMAのレパートリーを大量にマスターして現れたという器用かつ熱い男だ。各自が定位置に着くと、まず金井が「I Don’ t Need a Time Machine」のサビを歌いだす。と、ここで音声にノイズが混じると同時に、某映画のパロディ調の時間を飛び越える映像演出がインサートされ、時計が2007年へと巻き戻った。
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA
彼らがヴァイオリンを含む5人編成という今につながる形態となって初めてリリースした『Love and Leave』の1曲目「the cookie crumbles」に、思いっきり緩急の効いた「Neverland」、パンキッシュな展開に現場でもクラップが起きた「We have no doubt」。若さと勢いが漲った楽曲群で、見事にスタートダッシュを決めると、再び映像が挟まって一気に10年後の2017年リリースのアルバム『ファビュラ・フィビュラ』の世界へ飛ぶ。その表題曲では、ここまで比較的軽やかな曲が続いたところにヘヴィ級のパンチを喰らわせる重厚なサウンドを轟かせ、柿沼広也のラウドに歪ませたギターと、東出真緒のヴァイオリンの伸びやかな音色がやり合うような間奏も見事だった。
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA
早くもクライマックスが訪れたかのようなスケール感で演奏された「beautiful lie, beautiful smile」は、久しくライブで聴いていたかった気がするが、めちゃくちゃカッコいい。一方、おなじみのファストなキラーチューン「#DIV/0」もやはりカッコいい。このブロックは2012年『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』からで、全体的にポップで華やかさを感じさせる曲が多い印象がある。「最後の一口」のラストで、時計を刻むような歌詞を機に、またもや時を超える。
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA
2009年『and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜』からの「Lovescape」では、弾むビートに乗って、金井が歌いながらフロアへと降り、そのまま水鉄砲を片手にコーストの裏名物(?)のプールサイドまでを歩きながらの歌唱。無観客を逆手に取り、普段はなかなか見られないシーンを見せてしまう、バンドの遊び心とサービス精神が表れた一幕だった。同じアルバムの収録曲ではあるが、25年後の日付が入った曲「ダイヤモンドリング(2035/09/02)」で、ライブはついに“未来”へ。皆既日食をモチーフに、頭上のミラーボールが光り、配信では映らないであろう箇所も含め、コーストの天井、床、壁を丸ごと照らす演出が素晴らしい。
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA
一気に時間が巻き戻って、最初期の「little cloud」(2006年)で青さたっぷりの疾走を見せた後、2015年の『The Vanishing Bride』からの「Flameout」では、めまぐるしくダウンライトの光が降り注ぐ中、オルタナ感の強いサウンドを展開。安井英人のスラップベース、ハードロッキンな柿沼の早弾きギターソロと、見どころも満載だ。ギター2本とヴァイオリンが交互に弾いていく「神様も言う通りに」冒頭のフレーズで、身を乗り出してクラップしてるビスたんが妙にコミカルで可愛い。金井がサビの歌詞を引用し、「たった3秒あれば僕たちは未来を変えていけるんです」と、“タイムマシンなんて要らない”というテーマにも通ずるセリフでこのライブの核心に触れる。
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA
金井がキーボードにまわり、ヴァイオリンがBIGMAMA史上屈指の名リフを奏でる「Sweet Dreams」が祝祭感とともに鳴らされる頃には、ライブはもう終盤だ。タイムマシンが最後に指したのは2020年。ここでリリース済みの中では最新の「セントライト」、そして初披露の新曲「The Naked King」が演奏された。どちらもそんなに捻くれたことはしていない、ストレートな曲だが、こうして彼らが10数年間で成し遂げてきた様々な表現に触れた後に聴くと、感慨もひとしお。ヴァイオリンのいるロックバンドとしての自分たちに真っ直ぐ向き合うようなアプローチには、自信や風格がにじみ出ている。
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA
2020年現在のBIGMAMAとして披露したラストナンバーは「I Don’ t Need a Time Machine」だった。金井は、「『過去に戻れる日が来たら、迷わず僕は今日を選ぶだろう。』 その想いに、今も昔も一点の曇りはありません」――このライブの発表によせた文章でそんなふうに心境を表していた。メンバーの脱退やコロナ禍による活動の停滞や制限があっても、BIGMAMAは今を楽しみ、今の姿を伝えてくれている。全18曲、1時間20分。輝かしく照らされたステージで、ゴールラインを突っ切る勢いのフィニッシュ。映像が流れる以外は曲間をほとんど開けず、MCも無いため時間としては短いが、充足感は抜群だ。
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA
「他の人の配信ライブを見ながら、正直、心が燃えない自分がいて。これに憧れて「ミュージシャンになりたい」って自分は思えるのかどうなのか?っていう葛藤がすごくあった」
終演後、金井はそんな複雑な心境を明かしてくれた。その中でもやっていかなきゃって思う自分もいて、でも何億円もあるわけじゃないから、頭を使ってやるしかない。結局は自分たちの曲に助けられたし、まわりにいる今までもサポートしてきてくれたスタッフ、チームのみんなに助けられてできた今日のショーだった、と。
配信ライブに対して燃えない気持ちがあったからこそ、いざやるにあたって「どうやって燃えられる内容にするか」に頭を悩ませるし、そこで生まれたアイディアを形にするために、自分たちだけでなくまわりのチームがどれだけ動き、このライブが生まれたのか。配信画面の向こうでは伝わりきらない、だけど大切なことを知ってほしくて、僕は会場に呼ばれたのかもしれない。そんな気がした。
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA
「過去と未来が交差するようなことを本編でプレイして……アーカイヴで遊ぶっていうのが本題です。自分の中で」
肝心なことを言い忘れた。このライブ、アーカイヴ配信では内容が変わるという、斬新な仕組みになっているのだ。だから、ここまで書いてきたライブの流れ、実はあんまり意味がない。また、最初に「リハから面白いことを考えているので」と言っていた通り、本編を見た人であれば「おや!?」となる追加の仕掛けも用意されているので、そこは是非、自分の目で確かめてみてほしい。
あ、最後にもうひとつ。サポートを務めたビスたん、謎めいた風貌から繰り出されるプレイがかなり良かった。いかにもパワーヒッター!というスタイルではないが変幻自在で、とても正確。バンド全体の音像がスマートに聴こえていたのは、彼によるところも大きかったと思う。金井曰く、「この先のことは、一緒に作品をひとつ作ったり、その先のツアーを回ったりしたときに決めればいいと思うんですけど。『引き続きよろしくお願いします』って、今日終わった後、そういう話になると思います」だそうです。過去から現在をつなぐと同時に、新たなストーリーの始まりでもあるかもしれないライブ、ぜひ見届けてほしい。

取材・文=風間大洋 撮影=AZUSA TAKADA、風間大洋
BIGMAMA 撮影=AZUSA TAKADA

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着