夏うたおすすめ曲特集2020年 とにか
くアガる!邦楽/洋楽別

お家で夏うたを楽しもう!2020年 夏う
たおすすめ曲特集

最近は外出しづらい日が続いていますが、夏を楽しみたいなら音楽で夏を感じるのはいかがでしょう?
今回はお家でBGMとして、YouTubeで視聴できる夏うたを集めてみました!
アガる曲ばかりなので、あなたの気分を常夏気分にさせることをお約束します!

夏うたおすすめ曲 邦楽編

さっそく夏うたおすすめ曲 邦楽編をご紹介します!

ポニーテールとシュシュ / AKB48

2010年にリリースされたAKB48の「ポニーテールとシュシュ」。
言わずと知れたAKBの全盛期中の一曲です。
その年のオリコン年間シングルチャートでは5位にランクイン(ただし5位中3曲がAKB48!)、いかに当時のAKB旋風が凄かったか分かります。
本曲では前田敦子大島優子などをはじめとする「初期神セブン」と呼ばれるメンバーがそろっており、センターは高橋みなみと前田敦子が務めています。

ほかにもAKB48からは2011年には「Everyday、カチューシャ」、2012年には「真夏のSounds good!」がリリースされており、AKB夏うたメドレーを楽しんでみてはいかがでしょう?

波乗りジョニー / 桑田佳祐

2001年にリリースされた桑田佳祐の「波乗りジョニー」。
当時は自身出演のコカ・コーラのCMキャンペーンソングにも起用されています。
爽やかな夏のはじまりを連想させる本曲、老若男女問わず全世代から支持される国民的名曲と言っても過言ではないでしょう。

ほかにもサザンオールスターズとしてリリースしている「真夏の果実」も、おすすめの夏うたです。

A Perfect Sky / BONNIE PINK

2006年にリリースされたBONNIE PINKの「A Perfect Sky」。
BONNIE PINKの代表曲とも言える本曲です。
資生堂ANESSAのCMキャンペーンソングに起用され、そこから「夏ソング最強。」のキャッチコピーと共に本曲は爆発的ヒットを果たしました。
蛯原友里がイメージモデルを務めたANESSAのCMが懐かしいですね。

長く短い祭 / 椎名林檎

2015年にリリースされた椎名林檎の「長く短い祭」。
こちらも2015年当時のコカ・コーラのCMキャンペーンソングとして制作されました。
映画さながらのかっこいいMusicVideoは彼女の夫である児玉裕一が、渋い歌声が魅力のデュエット相手は東京事変のギタリストである浮雲が、それぞれ華を添えています。

両A面シングルとして制作された「神様、仏様」も、おすすめ夏うたです。

夏うたおすすめ曲特集2020年 とにかくアガる!邦楽/洋楽別はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

新着