cinema staff『RUSH BALL 2020』ライ
ブレポート ーー轟音を貫く歌声と加
速するエモーションで圧倒、静と動を
行き来する強烈な30分間

『RUSH BALL 2020』cinema staff
まずはFM802 DJ大抜卓人と『RUSH BALL』のプロデューサーであるGREENS力竹総明がステージにて注意事項を伝えつつも、そこに集った多くのオーディエンスの姿を見て感動の面持ち。そんな力竹氏が「トップバッターはこのバンドに任せたい」と熱いバトンを渡したのがcinema staffだ。
cinema staff
轟音せめぎ合う中、それを貫く歌声でいきなりオーディエンスを掴んだのは「シャドウ」。大舞台にもまるでたじろぐことのない圧巻のパフォーマンスは、バンドがこのステージに立つまでに見てきた景色と、かけてきた時間の凄みを物語る。メロウで重たいビートにぶん殴られるような心地よさのまま疾走するcinema節を、ド頭からこれでもかと浴びせかけていく。そして、間髪入れずのキラーチューン「great escape」と、エッジィなギターリフと壮絶なドラミング、うねりまくるベースラインが混然一体となって生み出すグルーヴに一気に飲み込まれる。
cinema staff
「誰もが開催は厳しいと思ったこの状況で、『RUSH BALL』に関わるたくさんのスタッフの様々な想いや結論の上で、今日僕らはこのステージに立たせてもらってます」(Vo.Gt/飯田瑞規、以下同)と、かけがえのないこの日を作り上げた人々とその覚悟に感謝し、何より「この数カ月いろんなことを考えたんですけど、待ってくれてたあなたに誰よりも感謝を伝えたいです。また近いうちに会えることを願って歌います」と壮大なバラード「Name of Love」を披露。飯田が鍵盤にスイッチし奏でた美しいメロディに、オーディエンスもじっと聴き入る。情感をドラマチックに表現するcinema staffの静と動の真髄を見せつけ、「僕らのことを知らなくてもいい。ここから始めよう」と導いた、魂のシンガロングが聴こえてくるような「HYPER CHANT」では、声は出せなくとも、その手で、その表情で応えるオーディエンス。彼らのライブを見ていると、立つべくしてここに立ったのは明らかで、タフなライブバンドのマインドがしっかりと伝わってくる。
cinema staff
重なり合うフレーズが誘った初期曲「GATE」では、みるみるうちに加速していく凄まじいパフォーマンスで見る者を圧倒! 『RUSH BALL』のヒストリーにcinema staffの存在を改めて刻み付けた強烈なライブだった。

cinema staff
取材・文=奥“ボウイ”昌史 撮影=田浦ボン

『RUSH BALL 2020』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着