kobore『RUSH BALL 2020』ライブレポ
ート ーー4人の今を濃縮させたアクト
が爪あとをくっきり残す

『RUSH BALL 2020』kobore
kobore
『RUSH BALL 2020』2日目、朝イチの会場を目覚めさせるのは、8月にメジャーデビューを果たしたばかりのkobore。今の彼らの勢いが詰まったような1曲目のショートチューン「爆音の鳴る場所で」には初っ端から多くの拳が突き上がり、覚醒した観客たちは次の「HAPPY SONG」でその手を開いてアップ&ダウン。耳心地いいメロディと<風が吹いて 雲に乗って>のリリックが、午前中の青空とそよぐ風にリンクして清涼感もたっぷりだ。
kobore
するとここで佐藤赳(Vo.Gt)が、「頑張ります。その5文字だけです!」と高らかに宣言し、疾走する「ダイヤモンド」や「スーパーソニック」などで煽りにかかる。ビートでファンを弾ませたり、「RUSH BALLと手を取り合って!」の雄叫びを上げたり、「時間よ 止まって」と語りかけたりしながらも、常に4人らしいグッドメロディをまとって駆け抜け続ける。
kobore
そして再び、佐藤があふれる想いを口に……。「音楽には不思議な力があって、僕は音楽を聴くと、特別な風景を思い出したりするんです。たまにでいい、僕たちの曲があなたに寄り添えますように! 今日の風景を思い出しますように! そして音楽は風景にもなります。この風景を夜に変えます!」と、予告どおりに次は人気の「ヨル作品」のなかから「ヨルノカタスミ」をセレクト。絞り出すような歌声に泣きのギターが重なって会場にはエモーショナルな空気が漂い、曲後には湧き上がるように温かな拍手が起こる。
kobore
しかし、「俺たちはまだくたばっちゃいねーぜ!」という佐藤のひと吠えから、軽やかに「ボクタチノアシタ」へ。<そんな明日を僕は愛してる>という言葉を最後にオーディエンスに刻みつけ、約25分で全7曲、koboreの魅力を凝縮した時間は終了した。オープニングアクトから見ごたえ150%の2日目も、初日に負けずすごいことになりそうだ。
kobore
取材・文=服田昌子 撮影=河上良
『RUSH BALL 2020』オフィシャルレポート一覧はこちら

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着