氷川きよし、最新アルバムより「ボヘ
ミアン・ラプソディ」「キニシナイ」
を配信リリース(コメントあり)

今年デビュー満20周年を迎えた氷川きよしが、6月にリリースしたポップスアルバム『Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-』より2曲を配信リリースすることが決定した。
タイトルチューンでもある「ボヘミアン・ラプソディ」をフレディ・マーキュリーの誕生日である9月5日(土)に、そしてEDMサウンドで話題の「キニシナイ」を氷川の43回目の誕生日である9月6日(日)に発売。「ボヘミアン・ラプソディ」は初歌唱した昨年の国際フォーラムでのコンサート『氷川きよし・スペシャルコンサート2019 きよしこの夜Vol.19』の時のカットをジャケット化。「キニシナイ」は氷川ディレクションのもと、スマートフォンでの撮影に挑んだ同曲のMV撮影時のカットをジャケット化している。
なお、8月28日(金)より東京・明治座にて政府ならびに東京都の方針に則り、氷川が座長を務める一か月公演『氷川きよし特別公演』を9月27日(日)まで開催中。
氷川きよし「キニシナイ」
氷川きよし コメント
フレディの誕生日が私の誕生日の前日であることにとても驚き、何か運命的なものを感じて喜んでいます。
そして「ボヘミアン・ラプソディ」と、「キニシナイ」を配信シングルカットできることに胸躍っています。
「ボヘミアン・ラプソディ」はフレディのスターである立場と、人間フレディの苦悩とか思いがすごく伝わっている作品で、45歳という若さで亡くなったフレディの魂を心で感じながら、魂を込めて歌っています。
「キニシナイ」は、インターネットやSNSでいろんな情報が飛び交うこの時代に、あえてしっかりと「目を見て話そうよ」と言う自分の強い思いをEDMのサウンドにのせて発信した楽曲です。
この配信リリースで、より一層たくさんの方々に聴いてもらえたら嬉しいですし、こんな困難なコロナ禍の中で、少しでも心の潤いの源の一つになれたらと思います。
氷川きよし

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着