coldrain、映像作品『LIVE & BACKST
AGE AT BLARE FEST.2020』リリース決
定、横浜アリーナ公演の中止も発表

coldrainが、2020年10月28 (水)に自身が主催し、オーディエンスの心を抉り大きな余韻を残した『BLARE FEST.2020』の映像作品『coldrain - LIVE & BACKSTAGE AT BLARE FEST.2020』の発売が決定した。
本作は、2日間のBACKSTAGEの映像(約3時間)とcoldrainのLIVEを収録 (DISC2枚組/約2時間) しており、coldrainにしかできない唯一無二のフェスの熱量を余すところなく体感できる。ラウドロックバンドであることに拘り活動を続けてきたcoldrainに共鳴し、切磋琢磨してきた国内外のバンド達とのストーリーが見えるリアルドキュメント感満載の作品となっている。
coldrain - REVOLUTION (LIVE AT BLARE FEST.2020)
また、10月18日(日)に開催を予定していた『coldrain 横浜アリーナワンマン公演』の中止を発表した。
発表に関してのメンバー/スタッフコメントは以下の通り。
●coldrainメンバー/スタッフ一同 コメント●
2020 年10 月18 日( 日) に開催を予定しておりました“coldrain 横浜アリーナワンマン公演” は、開催に向けてメンバー・スタッフ一同協議を重ねましたが、現状のコロナ禍の状況による制限の中でcoldrain のライブを満足のいく形で実現する事が困難である事、またお客様の安全面を考慮し、本公演は開催中止致します。
開催を楽しみにされていたお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解頂けると幸いです。
別途、各メンバーコメントもご覧頂けると幸いです。
引き続きお身体には気を付けてお過ごし下さい。
1 日も早く新型コロナウィルスの感染拡大が収束し、またライブハウスで皆様とお会いできる事を楽しみにしております。
●Masato コメント●
BLARE FEST. を主催して横アリを発表した2 月。
自粛生活が始まり収束を期待しながらツアーの延期を発表するしかなかった6 月。
10 月までには流石に何とかなるじゃない?!って期待をしていたのは皆同じなんじゃないかなって思う。
ただ現実はcoldrain を組んでから1 番メンバーで集まれない、ライブが出来ない時間が流れ、動きたくても動けない、
打開策が全く見えないという日々が続き、いよいよこの発表をする時がきました...
様々な形が模索され、人数を減らして開催するフェスやアーティストが増えてきた今、なんとか開催をするが可能な様に見えてきているかもしれません。
でもcoldrain の基準では今でも“新しい形” は見えず、まだライブバンドとして耐えるしかないというのが最終的な結論です。
ただでさえこの規模のライブはギリギリを攻めて何人をアリーナに詰め込むことができるか考えたり、いかにオーディエンスとの距離を縮められるか1 番こだわるのにディスタンスが入ってきたらcoldrain のライブと言い切れる気がしません。
悩みに悩みました。でも迷いはありません。
状況が状況だから延期ではなく中止という言葉を使うしかないけど、今約束できるのは絶対いつかやるということ。
コロナによるリスクや不安無く、あの時のように助け合って暴れ合って腹の底から叫んで帰れる状態になるまで耐えましょう。
耐えた分だけ幸せなライブにしましょう。
それまでみんなの健康を祈り、完全な状態でcoldrain 横アリワンマンを迎えられることを夢見てます。
10/18 を無駄にはしないし、ライブでみんなと会えない分バンドとしてやったことないチャレンジをしていこうと企んでいます。
今は耐えてるだけ、死なねーぞ!これからもよろしく!!炎
●Y.K.C コメント●
今回の横浜アリーナ公演を楽しみにしていてくださった皆様にこのようなお知らせをしなければならない事を非常に残念に思っています。
キャンセルの発表がこの時期になってしまった理由として沢山の人が色んな可能性をギリギリまで話し合っていたからだと思ってもらえるとありがたいです。
ファンのみんなには勿論、自分達自身が納得のいく形でライブを開催するのには
きっとまだまだ時間がかかってしまうのだろうけど、必ずまたその日はやってきますのでそれまではもう少しだけ我慢して、我慢するだけでなく皆さんにより一層楽しんで頂けるcoldrainになれるようこの期間を楽しいレベル上げに使ってやろうと思って日々過ごしているので最新版のcoldrainを是非楽しみに。
そしてこの忌々しい期間を共に戦いきった戦友としてまたライブハウスでガチでやり合いましょう!
それまでは何か違う形でcoldrainを感じてもらえるように考えていますのでどうぞお楽しみに!
●Sugi コメント●
ライブをやるからには100%納得がいく状態で開催したい!
これがどうしても出来ない状況です。
でもいずれ、絶対リベンジ出来ると信じてます!
今の本音は会場どこでもいいからまたみんなと同じ空間でライブがしたい!
みんなと歌って叫んで笑ってギターかき鳴らしたい!
とにかくみんなと顔突き合わせてライブがしたい!
そんな当たり前にやれてた事が出来ない状況にネガティブに沈んでしまう日もありますが、
絶対諦めないし、みんなでこの状況を乗り越えてまたライブハウスで会いましょう!
その時きっと僕は喜びのあまり笑ってるのか、泣いているのかわからない、
恐ろしい泣き顔をみんなに晒す事になりますが、優しく見てあげて下さい。
●RxYxOコメント●
向かうは次の目標、coldrain初の横アリワンマン。
何度も色々協議してきて何としてでも実現させられる可能性を探っていたけれど、やっぱり色んなリスクが伴う今の状況下で無理して不完全な状態で実現させるより、生きていればきっと完全な状態でのリベンジのチャンスがあると信じて、今回は中止の決断となりました。
信じて待っていてくれたみんな、本当にごめんね。
色んな意見があると思うけどcoldrainはもちろん止まったわけじゃなく、常に俺らなりにこの先の見えない未来に対して希望を持てる何かを模索してるので、それを気長に楽しみに待っていてくれたらありがたいです。
やっぱりこの自粛期間含め、個人的にずっと印象に残ってたのはBLARE FEST.のあの2日間のステージから見えた景色で、ライブが出来ない約半年の長い期間、あの2日間があったからこそ横アリに現実味を感じられたし、日々のモチベーションになってた。
俺らは決して諦めたわけじゃないから、きっと色々アップデートして、それまでお互い無事で居る約束。
きっといつかまたライブハウスで会おう!!
●Katsuma コメント●
10月18日の横浜アリーナ中止となりました。
BLARE FEST.が無事に終わり2月後半から世の中がこのコロナ禍に突入し、なんとかその日までには収束していることを願い、メンバーと開催に向けてオンラインミーティングを重ねてきましたが、このような決断となってしまいました。
横浜アリーナは中止になりますという決定を聞いた時の落胆具合は、正直かなり凄まじかった。
最終、お客さんの収容を半分以下に減らして開催という選択肢もあるにはありました。
でもそれは俺たちのやりたいことではなかったです。単純に。
今までもこれからもcoldrainは自分達がやりたい事、やりたい音楽、やりたい場所に素直に貪欲に、それだけをやるために進んできました。
武道館、BLARE FEST.の成功、その先にあるものがウイルスによってお客さんが半分以下での理想とは程遠い景色のライブ。でもしょうがない、こんな状況だから!
とは、メンバー全員とても思えなかったです。
それでもやってほしかったという人もいると思います、けどすいません。
我々はそういうバンドです。
じゃあこのいつ戻るのかわかんない状況で、俺らはいつになったらその本当にやりたいライブできんだよ!!と、毎日思っていますが、それでも腐らず、今やれることを模索していますし、何かまた違う形で当日楽しむはずだったファンのみんなと共有できる事を考えています。
はやくライブやりてーなーって毎日思ってる気持ちは、俺達もみんなも間違いなく一緒です。
まだまだこの戦えない戦いが続くと思いますが。
今は耐えて。また必ずライブで会いましょう!!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着