『@JAM PARTY vol.51』より

『@JAM PARTY vol.51』より

煌めき☆アンフォレントをはじめ注目
のフレッシュアイドルが集合「@JAM
PARTY vol.51」

注目のアイドルグループがAKIBAカルチャーズ劇場に集結するイベント「@JAM PARTY vol.51」が先月9日に同劇場にて行われた。

今年は@JAM10周年イヤーとして@JAMと深い関わりのあるグループがホスト役となりイベントを進行するという企画がスタート。今回は煌めき☆アンフォレントがホスト役となり、夢幻クレッシェンド、われらがプワプワプーワプワ、カラフルスクリーム、Jumping Kiss(第1部オープニングアクト)、レイドロイド(第2部オープニングアクト)が登場。
オープニングアクトに登場したのは女子小中学生によるガールズユニット・Jumping Kiss。9月30日に発売するセカンドシングル『恋は雨上がりにまかせて』でスタート。カップリングの『ひとひらの恋』を初披露し、初々しくも激しいステージを展開した。最後はデビューシングル『放課後リップ』で会場に強烈な印象を残した。
オープニングではこの夏にやりたいことを発表。Jumping Kissは「コロナウイルスの関係で難しいと思いますが、いろいろなところでイベントをしたいです」、カラフルスクリームは「みんなで流しそうめんをしたい」、夢幻クレッシェンドは「キャンプを1度してみたい、夏フェスに出たいです」、われらがプワプワプーワプワは「たくさんアイスを食べたい」、煌めき☆アンフォレントは「クーラーがガンガンに効いた部屋でゲームをして過ごしたい」とそれぞれ語った。
「@JAM PARTY vol.51第1部」は夢幻クレッシェンドからスタート。夏っぽく『SUMMER SONG』から『夢幻∞革命』『夢幻クレッシェンドの自己紹介ソング』で会場を熱くし、『オウジサマヨ』では女の子の切ない気持ちを表現していた。
2組目は「夢はでっかくセカイセイフク!ちょっとへんてこな宇宙人」がコンセプトのわれらがプワプワプーワプワが登場。『新われらがプワプワプーワプワ』で“世界征服”を開始し、『I DON’T “PU” WANNA GO BACK』『こずみかるらう”らう”ぽっぷ』と続けて客席を攻略していた。
続いての登場は「あなたのココロに彩りを!」がコンセプトのカラフルスクリームが登場。普段は大阪を拠点として活動中のカラフルスクリームが秋葉原に“降臨”。『Innocent Scream』から始まり今年6月にリリースしたファーストシングル『すすめ!閃光Days』、サビが妙に耳に残る『無邪気ガリレオ』とたたみかけインパクトを残した。ラストは松浦亜弥さんの名曲『YOUR SONG~青春宣誓~』、“人にやさしく”の歌詞に共鳴し『YOUR SONG』の輪を広めていきたいと語った。
そして本公演のトリを飾ったのは三重県のご当地アイドル煌めき☆アンフォレント。『☆光速艇☆-star ship-』からスタート。MCを最小限に減らして『全開<アクセラレーション』『奇跡≒スターチューン』『太陽系◎ワンダーラスト』と歌とダンスで会場を魅了した。
なお本公演は、コロナウイルス感染防止対策としてライブ会場には50名限定の入場とし、動画コミュニティアプリ『ミクチャ』にて配信。そして原宿AREA-Q ANNEX ”@JAM 10th Anniversary Cafe”にてライブビューイングを開催した。
次回「@JAM PARTY vol.52」は9月13日(日)、同じくAKIBAカルチャーズ劇場にて開催。26時のマスカレイド、九州女子翼、SW!CH、戦国アニマル極楽浄土、あそびダンジョンが出演する。

新着