「Butter-fly」のカバーも。「未確認
飛行船」など新旧「デジモン」シリー
ズを数多く熱唱した、谷本貴義初の配
信ライブを実施!!

 8月に、「デジモンアドベンチャー:」のOP曲「未確認飛行船」を配信/シングル発売。同時に、配信限定アルバム「Career along」も販売。同作品のリリース記念も兼ね、9月6日(日)、谷本貴義は目黒ライブステーションからの配信ライブとして、Otoya(G)・眞鍋香我(G)・NATCHIN(B)・青山英樹(Dr)という強者メンバーたちと共にワンマン公演「Run into your sun 2020」を行った。
 ライブは、歌始まりの「Change your BEAT」からスタート。ここから新しい旅を始めようと呼びかけるように、谷本貴義は熱を抱いた開放的な演奏に乗せ、力強く歌いだした。ドライブするハードエッジなロックナンバーの上で、彼は気持ちを解き放つように歌う。たとえ配信という環境だろうと、その演奏と歌声が鳴り響けば、何時だって心の翼を広げて旅立てるんだよと呼びかけるように。その心の翼を広げ、一緒に空へ向かって羽ばたこうと誘いをかけるように、谷本貴義は「見えない翼」を高らかに歌唱。頭上高く手を伸ばし、「大空に高く手を伸ばしてみよう」と歌う彼の姿を追いかけながら、谷本貴義と同じように視線の先に輝く光を感じれば、同じくその光をつかもうと手を伸ばしていた。

 谷本貴義にとって約2年ぶりのワンマン公演。「今日はドッカン!ドッカン!お届します」の言葉に続いて、「Dragon soul」を披露。この楽曲、熱いバンド演奏がとても似合う。バックで唸りを上げる演奏の上で、谷本貴義は滾る魂(ソウル)を吐き出すように「ドッカン!ドッカン!」と力強く声を上げていた。胸が熱く騒ぎだす。彼の元気玉満載の歌に触れていたら無条件で心が解き放たれ、ニヤけた笑顔になっていた。
勢いと速度を一気にアップ。胸をくすぐるギターのリフに心を踊らせながら、僕らは、谷本貴義の歌う「君にこの声が届きますように」に乗せ、はしゃいでいた。「君にこの声が届きますように」と真っ直ぐな声で歌われると、嬉しくて身体が奮えだす。その歌声に思いきり手を伸ばし、しっかり受け止めたい。谷本貴義自身も、画面の先にいる大勢の人たちを抱きしめるように想いを届けていた。
 序盤には,「金色のガッシュ・ベル!」や「ドラゴンボール改」など、谷本貴義の存在を決定づけた。しかも,日曜日の午前中に親しんだ曲たちを並べていた。次のブロックでも彼は、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」や「海賊戦隊ゴーカイジャー」など日曜日の朝を彩る、特撮シンガー谷本貴義の印象を決定づけた作品たちの楽曲を披露した。
                   
 荒ぶる激しいロックサウンドに乗せ披露したのが、「豪快全開ダッシュ!」。荒れ狂うワイルドな演奏に魂を熱く触発された谷本貴義は、ときにモニターに足をかけ,画面の先の人たちを煽る用に熱唱。ハードエッジな楽曲も、ロック魂を持った彼に似合う表情だ。
 銅鑼の音が鳴り響く。オリエンタルな音色に導かれ、谷本貴義の絶叫が響き渡る。お馴染み「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の登場だ。馳せる気持ちを隠すことなく、野生のパワーを振り絞り、谷本貴義は昂る気持ちを過激にGang-gangぶつけていた。目の前に熱狂する人たちがいるように、拳を振り上げ煽り続けていた姿も印象的だった。熱を膨らませたまま、演奏は「高みの空へ」。「ゲキレン」シリーズの2連打に、興奮のあまり胸が熱く奮い立つ。谷本貴義も、心の中に眠っていた魂を沸き立てるように情熱抱いた歌声をぶつけ、雄々しく熱唱していった。
 ギターがお馴染みの旋律を奏で、演奏が光を放つのに合わせ、楽曲は「One vision」へ。心地好い緊張感を抱いたロックな演奏へ触発されるように、谷本貴義の歌声にも、温かさを秘めながらも凛々しさが加わりだす。後半へ向けスリリングさを増す演奏。そのまま一気に暴れろと攻めるように飛びだしたのが、「x-treme fight」だ。荒ぶる演奏に背中を押されるよう谷本貴義は身体を大きく揺さぶり、身体中から熱を集めては想いを絶叫。ときに胸に手を当て「未来へ飛べ!!」と熱唱しながら、演奏陣と熱いバトルを繰り広げてゆく。そこへロックな魂を熱く奮わせ歌う谷本貴義の気迫を感じていた。

先に「デジモンテイマーズ」「デジモンアドベンチャー:」と「デジモン」シリーズ曲を立て続けに演奏してきたことや、谷本貴義自身も「デジモンテイマーズ」の挿入歌を歌い、デビューしたことから、MCでは「デジモン」ナンバーを歌うことになった経緯を語っていた。
その話の流れを受け、デビューのきっかけとなったデモ曲に収録していた「ミステイク」を、ギターのOtoyaと眞鍋香我の演奏に乗せ届けてくれた。アコギではなく2本のエレキギターに乗せたことで、歌詞に込めた想いが、より切なさを増して感情的に響いてきた。

 タイトかつスピーディなドラムソロを受け、後半は、「Wake me up!」からスタート。低音域な声色を生かしながら、演奏が進むごとに感情のバルブを緩め、谷本貴義はどんどん熱を破裂させていった。膨れ上がった熱を開放するように届けたのが、「空前絶後」。「楽しい!!」というハッピーなエナジーが身体中を包み込む、谷本貴義の歌声に合わせ、部屋で飛び跳ねていた人たちもいたのでは?!そう思えるくらい騒ぐ気持ちが収まらない!!
 華やかなデジタル音と胸踊らせるギター演奏がスクロオーバー。「Calling you」の登場だ。熱を持って雄々しく駆ける演奏の上で、谷本貴義も雄々しき様を示すように熱唱。両手でマイクを握り熱唱する姿を、視線が、心が熱く追いかけていた。
心を解き放ち、大空へ舞い上がらせるように歌ったのが、和田光司の歌った「Butter-fly」のカバー。谷本貴義も、身体を心地好く揺らしながら、自由に飛び交うまま心の羽根を羽ばたかせていた。ワクワクが大きく膨らみだす。このまま一緒に彼と一緒にアドベンチャーを楽しみたい。勢いへ重ねるように飛びだしたのが、「be the winners」。翼を授かり自由を得た心をさらに騒がせるように、谷本貴義は疾走するハード&ドライブした演奏に身を預け、攻めるような姿勢で熱く歌いあげていッた。
 本編最後に披露したのが、最新ナンバーの「未確認飛行船」だ。新旧「デジモン」シリーズの3連打が、たまらない!!この日のライブは、「未確認飛行船」を軸に構成。全体的に「デジモン」ナンバーが多かったのも、その理由だ。
谷本貴義の歩みに欠かせないアニソや特撮ナンバーをブロックごとにテーマを持って並べ、思い出と一緒に胸を騒がせながら、終盤にふたたび「デジモン」ソングで胸を熱くさせ、最後に「未確認飛行船」を通し最高の笑顔を導きながら、観ている人たちを谷本貴義は夢あふれるワンダーランドへ連れ出した。連続ドラマに魅了されわくわくが止まらないように、谷本貴義という一人のアーティストの音楽人生の歩みを振り返りながら、心を無邪気に楽しめたライブだった。
アンコールで谷本貴義は、一つ一つ人生の岐路を振り返り、それを未来へ繋げるように、エレピを弾きながらオリジナル歌の「登りかけの坂道」をしっとり歌いだした。たとえ不器用でも構わない。自分の信じた一歩一歩の歩みを、その先にもしっかり繋げようと、谷本貴義は登り続けていく道程を、観ている人たちへ伝えるように歌いあげていった。

 一つ一つの歌を通し、みずからの歩み続ける道のりを刻んだこの日。これからも谷本貴義は、一歩一歩の歩みを、みんなとの新しい思い出の一つ一つとして人生の坂道に刻み続けてゆく。そんな、登りかけの坂道の途中の、でも胸を騒がせる姿を見せてくれたライブだった。
TEXT:長澤智典

谷本貴義 / 未確認飛行船(TVアニメ「デジモンアドベンチャー:」オープニングテーマ)
谷本貴義 / Be The Winners(TVアニメ「デジモンアドベンチャー:」挿入歌)

★インフォメーション★

【商品情報】
タイトル|TVアニメ『デジモンアドベンチャー:』オープニングテーマ 「未確認飛行船」
収録内容|
・未確認飛行船
・Be The Winners
・未確認飛行船(オリジナル・カラオケ)
・Be The Winners(オリジナル・カラオケ)、他
品番|COCC-17780
価格|1,200+税
タイトル|Career along
収録内容|
・未確認飛行船(『デジモンアドベンチャー:』オープニングテーマ)
・DARK KNIGHT~不死身の王者~ (『デジモンクロスウォーズ』挿入歌)
・空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go(『ドラゴンボール改(魔人ブウ編)』オープニングテーマ)
他、カラオケを含む全40曲を収録。
価格|・単曲:¥239+税   ・バンドル:¥2286+税
品番|COKM-42914

谷本貴義 twitter
https://twitter.com/tanimoto_tak
谷本貴義 Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/tanimototakayoshi/
谷本貴義 Web
http://tanimoto-takayoshi.com/
日本コロムビア アーティストページ 
https://columbia.jp/artist-info/tanimototakayoshi/

(c)本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション
―セットリスト―
「Change your BEAT」(ニンテンドーDSゲーム『ドラグレイド2』主題歌」)
「見えない翼」(「金色のガッシュ・ベル!」OP曲)
「Dragon soul」(「ドラゴンボール改」OP曲)
「君にこの声が届きますように」(「金色のガッシュ・ベル!」OP曲)
「豪快全開ダッシュ!」(「海賊戦隊ゴーカイジャー」挿入歌」)
「獣拳戦隊ゲキレンジャー」(「獣拳戦隊ゲキレンジャー」OP曲)
「高みの空へ」(「獣拳戦隊ゲキレンジャー」挿入歌)
「One vision」(「デジモンテイマーズ」挿入歌)
「X-treme fight」(「デジモンアドベンチャー:」挿入歌」)
「ミステイク」
「Wake me up!」(「ビーストサーガ」ED曲)
「空前絶後」(「ドラゴンボール改 ~魔人ブウ編~」OP曲)
「Calling you」(「トランスフォーマー」 ED曲)
「Butter-fly」(和田光司カバー)
「Be The Winners」(「デジモンアドベンチャー:」OP曲)
「未確認飛行船」(「デジモンアドベンチャー:」OP曲)
-ENCORE-
「登りかけの坂道」

Tags: 谷本貴義

Vues

ライブシーンの最前線で活動しているアーティストたちの情報を中心に掲載している音楽を中心にしたエンターテイメントなニュースサイト。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着