9nine。(左から)村田寛奈、西脇彩華、佐武宇綺

9nine。(左から)村田寛奈、西脇彩華、佐武宇綺

9nine、記念日にオンラインでのスペ
シャルイベントを開催 村田寛奈作の
新曲『帰るべき場所』も披露

活動休止中のパフォーマンスガールズユニット・9nineが、オンラインでのスペシャルイベント『Thank you Fan9 ~Re:lation~』を開催した。当日の9月9日は通称「9nineの日」ということで、大勢のファンがイベントに参加した。

「コロナで大変な状況の今だからこそ、改めてファンとの“繋がり”を大切にし、感謝を届けたい」というメンバーの思いから開催された同イベント。9nineの6枚目シングル『SHINING ☆ STAR』のアコースティックライブでスタートし、オープニングでは久しぶりに対面で再会したというメンバー同士の近況や、ファンからのコメントを読みながらのトークが展開された。
次のコーナーでは、9nineからファンへの質問企画が行われた。ファンが9nineからの質問にアンケート形式で答えるというもので、ファンにとっては9nineとの“繋がり”を感じられる時間となっただろう。その後は、ファンからも人気の高い楽曲『Wonderful World』が披露され、コメント欄は手を振る絵文字で埋め尽くされた。
そしてメイン企画として用意されていたのは、“生電話企画”である。イベントタイトル「Re:lation」にちなみ、9nineは繋がりのある関係者9人と生電話を行った。当日までメンバーには知らされていなかったという生電話の相手は、これまで9nineを支えてきた数々のスタッフや一緒に仕事をしてきた人々、またメンバーの母親であった。ファンにとっても馴染みのある関係者の姿ばかりで、イベント一番の盛り上がりとなった。
村田寛奈さんがスローアレンジをした『Cross Over』の披露を挟みながら、9nineは9人の関係者達と思い出話しに花を咲かせたが、電話の時間が短いことに対し、西脇彩華さんは「5分しか喋れないのが寂しい!」とコメントした。ラストとなる9人目の電話相手には、9nineと親交の深いよゐこの濱口優さんが登場し、“9nineとこれからやりたいこと”として、濱口さんの率いるエアバンド「禿夢」とのコラボを挙げた。
そしてその後、9nineの15周年を祝うケーキ贈呈のサプライズが行われた。9nineは今後について、ファンが笑顔になることを一番に考え、今まで会えなかった時間をオンライン上で挽回していきたいと、オンライン限定で活動を再開していくことを発表した。
イベントの最後には、新曲『帰るべき場所』が披露された。『帰るべき場所』は、5月のSHOWROOMイベントで集めたファンからの言葉をもとに、村田さんが作成した楽曲である。サビには「いつまでも繋がっているよ」という歌詞が綴られているなど、今の9nineからのメッセージが詰まったものとなっていた。
ファンとの“繋がり”を大切にしたいという思いから開催された『Thank you Fan9 〜Re:lation〜』。最後は全員で9nineポーズをとり、メンバーは「また会いましょう」とコメントを残した。
なお今回のイベントはアーカイブで販売され、購入すると1週間視聴することができる。
アーカイブ販売ページ:https://vimeo.com/ondemand/9nine20200909

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』