西川貴教の潜在能力の高さこそが
T.M.Revolutionの
核であることが分かる
傑作アルバム『triple joker』

西川の超弩級なポテンシャル

最重要トリニティーとして挙げた3名の最後は葛城哲哉である。T.M.Rは、葛城、浅倉大介、木根尚登のライヴイベントに西川貴教が出演したことに端を発したのは何となく知っていたし、それ以前から葛城と浅倉とがそれぞれの仕事において欠かせない存在であったことも分かってはいた。だが、変にこだわったわけでないのだが、今回『triple joker』を解説するにあたっては楽曲の作詞作曲編曲クレジット以外を事前に目に入れずに音源を聴いた。それでも途中から“このギターは葛城哲哉じゃなかろうか?”と思ってしまうほど、楽曲を彩るギタープレイが印象的なのである。職人的ギタープレイヤーが弾いているギターと言ったらいいだろうか。M1「蒼い霹靂」、M2「OH! MY GIRL, OH MY GOD! -MORNING SURPRISE MIX-」からしてカッコ良いリフだし、M6「LEVEL 4 -LEVEL→V MIX-」辺りになると、アルバム用ミックスでギターがより前に出ていて余計にそう感じたのかもしれないが、思わず“すげぇ!”と口にしたほどである。葛城哲哉以外に是永巧一、後藤孝顕が参加しており(※是永、後藤はそれぞれ2曲で、葛城が7曲)、どれもこれもギターは素晴らしくて、いずれも楽曲を下支えしているという感じよりは、バンドのギタリストがそのバンドの楽曲に臨むかのような迫力がある。適当にやっていないのは当たり前として、何と言うか、情熱を持って取り組んでいることを感じるギターなのだ。今T.M.Rが一般的にJ-ROCKに分けられているのはJ-POPに分けられているのか分からないけれど、『triple joker』は間違いなくロックである。あのギターサウンドはロック以外の何物でもない。

こうして浅倉大介、井上秋緒、葛城哲哉の3人の名前を上げて、それぞれの仕事っぷりを解説すると、アルバム『triple joker』では彼らの功績が大きいと思われるかもしれない。いや、それはそうなのだろうし、前述した通り、本作の最重要トリニティーではあるのだが、それも西川貴教あっての布陣である。西川貴教という不世出のアーティストであるからこそ、このトリニティーをしっかりと受け止めることができたのだろうし、それを背負って前線に赴くことができたのだと思う。浅倉の作るキャッチーな中にも愁いを秘めたメロディーを歌える確かな歌唱力。日常感があると言えば聞こえはいいが、アクが強く、普通のシンガーであればその個性に埋没する恐れすらある井上の歌詞に負けないキャラクター。葛城哲哉のような超絶ギタリストのプレイに臆することなく、楽曲の中心に鎮座することができる存在感。なりこそ小柄だが、そのポテンシャルはアンドレ級──才能は人間山脈なのである。そんな西川貴教が件の最重要トリニティーを始めとするセンスあるスタッフたちとともに作り上げたのがT.M.R。『triple joker』は自身初のチャート1位となり、ミリオンセラー(※出荷枚数ではダブルミリオン)となったが、今となってみればそれも当然の結果だったと言える。

TEXT:帆苅智之

アルバム『triple joker』1998年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.蒼い霹靂
    • 2.OH! MY GIRL, OH MY GOD! -MORNING SURPRISE MIX-
    • 3.WHITE BREATH -MORE FREEZE MIX-
    • 4.O.L
    • 5.MID-NITE WARRIORS
    • 6.LEVEL 4 -LEVEL→V MIX-
    • 7.Slight faith
    • 8.MinD ESCAPE
    • 9.Joker -G CODE MIX-
    • 10.Twinkle Million Rendezvous
    • 11.HIGH PRESSURE -MORE HEAT MIX-
    • 12.JUST A JOKE
『triple joker』('98)/T.M.Revolution

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着