9月24日@日比谷野外大音楽堂

9月24日@日比谷野外大音楽堂

Caravan、
アルバム『Wander Around』を
再現した無観客ライブをレポート!
アーカイブは9/29まで公開中!!

9月24日(木)20:00、Caravanのライブ『Caravan Phantom Summer 2020 〜Wander Again〜』が配信された。これは、8月23日(日)に日比谷野外大音楽堂にて、無観客で、2006年リリースのメジャーデビューアルバム『Wander Around』を現在のバンドメンバーと共に再現し、それを収録する、というもの。本ライブレポートはネタバレを含む内容となっているので、これから配信ライブを楽しむ方は、ご留意いただきたい。

そのデビューアルバムのリリースツアーのファイナルとして、初めてここでライブを行って以来(2006年6月4日)、日比谷野音は、Caravanにとってもファンにとっても特別な、聖地と言ってもいい場所になっている。

その日比谷野音でのCaravanのライブ映像をつなぎ合わせた、豪華な待機映像が20分ほど続いた後、画面が切り替わる。“2020年 コロナ夏”という文字に続いて、蝉の声と緑に包まれながら、お客の動線で日比谷野音に入って行くCaravanの後ろ姿が映し出される。

SEの「Blessing」が響く中、客席のまんなかでメンバー=ドラム椎野恭一・キーボード堀江博久・ベースCurly Giraffe高桑圭、ペダルスチール&ギター宮下広輔と落ち合い、ステージへ。5人で円状に向かい合い、アコースティック・ギターをスライドのように膝上に置いた宮下広輔がイントロでリードをとる「Free Byrd」でスタートする。Caravan、歌い終えてひとこと、“気持ちいいね”。

Caravanはアコースティックギターからセミアコにチェンジ、堀江博久は鍵盤を離れてマンドリンを抱えて「Wagon」、堀江博久が鍵盤ハーモニカでイントロを吹き、それまで控えめだった照明が一気に華やかになった「Trippin’Life」、Caravanとメンバーの掛け合いのようなサビが印象的な「Simple」──と、『Wander Around』の曲順どおりに演奏されていく。YUKIがカバーして世に知れわたった「Wagon」を筆頭に、いずれも現在も頻繁にライブで披露される曲ばかりで、このファースト・アルバムが、いかに名曲揃いであったかが、改めてわかる。

Caravanがボトルネックギターを聴かせるインスト曲「St.Marks Church」を折り返し地点に、セットリストはアルバムの後半へ。高桑圭のウッドベース、椎野恭一のリム・ショット、Caravanのハープがブルージーに、かつジャジーに絡み合う「Bohemian Blues」あたりで、じわじわと野音が夜の闇に包まれ始める。

今年も野音のステージに立てたことがうれしい、でも本当はこの野音でライブ再開という段取りで、Go Toキャペーンを逆手にとってみんな全国から来てくれればうれしかったんだけど、なかなかそうはいかず、こういう形になりました。幻の夏をみなさんと過ごせたら、と思います──というMCを経ての「Changes」は、そんな言葉の後だっただけに、“変わり続けるのさ 変わらない為に”で始まるリリックが、とても切実に響いた。続く「Day Dream」では、いつの間にか、映像がすっかり夜の屋外のそれになっている。そして「Music Save My Life」では、もうこの曲でこのライブ終わっていいんじゃないか、と言いたくなるほどの高揚感が、画面から放たれた。

久しぶりだから自分が雨男だってことを忘れていた、今日もしっかり雨が降った、神様はちゃんと覚えていらっしゃった、でも本番はこんな最高な天気になって──そんなMCからの「台風」では、夜の闇を活かしたライティングが、ステージや無人の客席を染める。

この曲を境に、曲順が、『Wander Around』からいったん離れた。まず、『Wander Around』の一作前の『Trip in the music』(2004年)の収録曲で、今もライブの鉄板曲であり続ける「Folks」。イントロの高桑圭のウッドベースに合わせて、大きくハンドクラップしてみせたCaravanは、曲後半のメンバー全員で“♪ラララ”と歌うブロックで“ご一緒に!”と叫んだ。次は「Magic Night」。今年の3月30日、つまりコロナ禍になって最初に配信リリースされた、今だからこそ、音楽の魔法を信じる気持ちを、歌にした曲である。

そしてラストは、『Wander Around』に戻って「Love & Free World」。汗だくでマイクに声を乗せるCaravanの表情を、カメラがアップで捕える。メンバーそれぞれの表情も寄りで捕える。高まっている人、淡々としている人、さまざまだが、出している音のエネルギーは、すごいことになっている。全力で歌い終え、メンバーを紹介し、ひとりずつと拳を突き合わせてから、Caravanはステージを下りた。楽屋で5人で乾杯するシーンまで、カメラは追って行った。

あれ? 「台風」と「Love & Free World」の間の「Rock & Roll」、やってないよね? と思っていたら、終演後の野音のステージに寝転がるCaravanの姿に、映像が切り替わる。続いて、湘南の海辺と、それを撮るCaravanの画に。そして次の画は、開演前の野音の客席のまんなか、昔サブステージを作った場所で歌うCaravan。その曲が「Rock & Roll」だった。

“まだ世界が続いてくなら 君といたいなんて思うよ ラララララ これはラブソング”“どんな自分も手を広げ 抱き締めるよ 受け入れるよ”と、ピックアップもケーブルも付いていないアコースティック・ギターを弾きながら、マイクなしで歌うCaravanは、とても無防備で、でもとても強い、そんなふうに映った。曲が終わり、最後に画面に出た本人手書きのメッセージは、“また会える日を夢見て…”だった。

text by 兵庫慎司

【アーカイブ配信情報】

『Caravan Phantom Summer 2020 ~Wander Again~』
日比谷野外大音楽堂公演、ZAIKOにて配信中!

※アーカイブ視聴は9月29日(火)まで可能!
配信チケット:3,000yen

member : Caravan(Vo&Gu)
宮下広輔(pedal steel guitar)、高桑 圭/Curly Giraffe(Ba)、椎野恭一(Dr)、堀江博久(Key)

ライブ配信『Caravan Phantom Summer
2020 -Wander Again-』ティーザー予告

9月24日@日比谷野外大音楽堂
9月24日@日比谷野外大音楽堂
9月24日@日比谷野外大音楽堂
9月24日@日比谷野外大音楽堂
9月24日@日比谷野外大音楽堂
9月24日@日比谷野外大音楽堂
9月24日@日比谷野外大音楽堂
9月24日@日比谷野外大音楽堂
9月24日@日比谷野外大音楽堂

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着