松原健之、BEYOOOOONDS小林萌花がピ
アノで参加した「雪風」をリリース 
作詞・作曲・編曲のKANのコメントも
公開

松原健之のデビュー15周年記念両A面シングル「雪風/悲しみのニューヨーク」が9月30日にリリースされた。
「雪風」は、松原の所属事務所の先輩でもあるKANが、2005年に本名の木村和名義でリリースした限定盤弾き語りアルバム『何の変哲もないLove Songs』の中に収録されていた楽曲で、隠れた名曲との呼び声が高い1曲。
デビュー15周年を迎えた松原は、美しく繊細で澄んだ歌声ゆえに“冬”や“雪”をイメージした楽曲に定評があり、“雪歌の貴公子”とも称される。そんな松原健之が、デビュー15周年の節目の記念曲に、雪の札幌をモチーフに描かれたこの「雪風」をリリースする。
レコーディングには、事務所の後輩であるBEYOOOOONDSの小林萌花がピアノで参加。松原健之の周年に華を添えている。
また、リリースを記念して、オフィシャルサイトでは、KANのコメントが公開されている。
なお、発売日当日には発売記念配信ミニライブ(無観客・リアルタイム限定)を開催する。
■KANコメント
KAN
2005年に限定盤のみでこっそり発表した、
私の“隠していた名曲”をカバーしていただきありがとうございます。
雪の札幌をイメージしたこの曲、もとは弾き語り曲でしたが、
今回あらたに弦楽四重奏の編曲を施しました。
レコーディング時はまだ十九歳だった小林さんの丁寧な演奏も素敵です。
松原くんの代表曲のひとつになれるよう、
多くの皆さまにゆっくり育てていただきたい作品です。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着