「舞台『ハイスクール!奇面組3』~
危機一髪!修学旅行編~」キービジュ
アル発表 原作者、脚本家、演出家、
キャスト4人のメッセージも

2020年11月18日(水)~11月23日(月・祝)草月ホールにて上演される「舞台『ハイスクール!奇面組3』~危機一髪!修学旅行編~」。本公演のキービジュアルが公開された。
1980年から「3年奇面組」として、1982年からは「ハイスクール!奇面組」として週刊少年ジャンプに連載された学園ギャグマンガの金字塔であり 1985年にはTVアニメ化され、テーマ曲を歌った「おニャン子クラブ」から派生したアイドルユニット「うしろゆびさされ組」のブレイクもあって一世を風靡した。
そんな誰もが知る懐かしの大ヒットコンテンツを2017年と2018年に二度舞台化し、なるせゆうせいの手腕で往年のドタバタコメディとして復活した。舞台化第三弾となる本作でも、平野良、寺山武志をはじめとする奇面組メンバーや熱血教師・事代作吾役のなだぎ武が続投。ヒロイン・河川唯役に乃木坂46一期生の和田まあやが初のキャラクター作品に挑戦する。
この度、原作の新沢基栄、脚本・田中大祐、演出・なるせいゆうせい、名物キャラ“四組”のリーダー役キャストからメッセージが到着とともに、奇面組らしさと修学旅行感を具現化したキービジュアルも解禁となった。
原作者:新沢基栄 コメント
ーー舞台化第三弾が決まったことについて
うれしいです。 特に本編ではできなかった高校での修学旅行なのです。
これは期待するしかないでしょう。
ーーシナリオを読んだ感想
おもしろくなりそうだと思いました。
ーー舞台を楽しみにしてくださるファンへのメッセージ
よろしくお願いします。 きっと期待に応える新鮮なものになっていると思います。
脚本:田中大祐 コメント
第三弾となる今回も、楽しんで脚本を担当させていただきました。
しかも今回は、原作では行っていない幻の修学旅行編!
定番の奈良・京都を舞台に、原作の人気エピソードを散りばめながら、
奇面組の変態ぶりが炸裂する、史上最高にドタバタな修学旅行が出来上がりました。
そして今作は、零と唯の関係も大きな見所。
めちゃくちゃ歯がゆい二人の恋の行方にもどうぞ注目してください!
演出:なるせゆうせい コメント
奇面組第二弾が終ってから早いもので一年以上経過。お客さん以上に出演者から圧倒的続編を希望され、今回ついに第三弾が実現しました。しかも原作の新沢先生も3年奇面組でしか描いていなかった修学旅行編! それを舞台版にアレンジし、いろいろミックスして、いい大人が本気を出すドタバタコメディです。笑うことすら制限されそうな時代だからこそ、それを凌駕するほどの笑いを届けます。 細胞から笑えるように。
似蛭田 妖役 横井翔二郎 コメント
皆様初めまして似蛭田 妖役の横井翔二郎です。今回このカンパニーに初参加させて頂くということで、作品の特色や先輩方の顔触れ等で僕のメンタルは圧倒的試練の予感とワクワクで訳が分からない状態です。そんなメンタルを抱えながらも全開で皆様に楽しんでいただけるよう僕も全開で楽しんで参りたいと思います。宜しくお願い致します(ここでニヒルな笑み)。
雲童塊役 梶原颯 コメント
雲童塊役の梶原颯です。
腕組リーダー雲童塊くんの様に僕も運動が得意で大好きなので、特技のアクロバットを存分に活かして舞台で大暴れしたいと思います! 舞台ハイスクール奇面組3とても笑える舞台になっていると思います!  楽しみにしていて下さい! よろしくお願いします!
切出翔役 荒一陽 コメント
今回から「切出翔」役として参加させて頂くことになりました、荒一陽です。
作品としてはこれまで自分が出たことのなかった様なジャンルなので、自分自身の挑戦や勉強としても取り組みつつ、 お客様に笑って楽しんで頂けるものになればなと思っております!
切出翔という人物ですが、イケメン集団「色男組」のリーダーだそうで。その役柄と自分のポテンシャルに合った面白さを表現したいです。
そんなわけで、お話を頂いた時から作品も役柄も心から楽しみにしているのです。11月は共に劇場で楽しみましょう!
天野邪子役 田中美麗 コメント
天野邪子役を演じさせていただきます。田中美麗です。ハイスクール奇面組は私の母も大好きなアニメで、その中でも天野邪子ちゃんが一番好きなので、演じられる事をとても嬉しく思います。こんな時期だからこそ、少しでも笑顔になっていただけるように全力で頑張りたいと思います!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着