神はサイコロを振らない、 初の映画主題歌「目蓋」配信決定!

神はサイコロを振らない、 初の映画主題歌「目蓋」配信決定!

神はサイコロを振らない、 初の映画
主題歌「目蓋」配信決定!

新曲「目蓋」を配信

2020年要注目の4人組ロックバンド「神はサイコロを振らない」(通称、神サイ)の新曲「目蓋」が10月9日に配信されることが決まった。
「目蓋」は、映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』(10月23日公開)の主題歌で、神サイが映画主題歌を担当するのはこれが初めて。
ボーカル柳田周作は今回主題歌を作るにあったって”作りながら何度も泣いた”という。
雑踏や時計の音がノスタルジックな感情を呼び起こさせ、誰もが経験したことがあるであろう、一人部屋の中で眠れない夜を思い起こさせる。
ただただ毎日を普通に生きることの難しさ、愛とは何なのか?と考えさせられるような書き下ろし楽曲となっている。
エンドロールに響くその切ない歌声が、ヴィレヴァン!らしい軽快なテンションやコミカルさから一転、キャラクターたちの感情や物語を切なくエモーショナルで幻想的な余韻へと誘う。
【歌詞コラム】「泡沫花火」神サイ渾身の夏ソングで紡ぐ、実ることのない一夏の恋
https://utaten.com/specialArticle/index/5532
さらに今回、映画のシーンに合わせて作成された特別映像が公開となった。
名古屋が生んだ、遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」を舞台にしたサブカル愛に満ち溢れた、フルスイングムービー『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』のシーンで構成された特別映像は、映画ファン、神サイファンならずとも必見だ。
なお、「神はサイコロを振らない」は10月2日よる放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』3時間スペシャルで、「夜永唄」をTV初歌唱する。
▲神はサイコロを振らない「目蓋」特別映像 (映画「リトル・サブカル・ウォーズ ~ヴィレヴァン!の逆襲~」主題歌)
映画情報
●『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』

出演:岡山天音、森川葵、最上もが、本多力、柏木ひなた私立恵比寿中学)、水橋研二、落合福嗣、小林豊(BOY SAND MEN)、大場美奈(SKE48)/萩原聖人安達祐実/・平田満・滝藤賢一
監督:後藤庸介 
脚本:いながききよたか 
制作:コギトワークス 
配給:イオンエンターテイメント
公開:2020年10月23日
(c)2020メ~テレHP
<Story>
自称「空っぽ」の大学生・杉下啓三は、ヴィレッジヴァンガードで儲け度外視で集められたガラクタや、常識からかけ離れた変人バイトたちに囲まれはちゃめちゃで刺激的な日々を送っていた。
そんな、刺激にも慣れ始め早1年、平和だが、何かが足りていないことに気づく。この世から“サブカル”がなくなっていたのだ!サブカルを、カルチャーそのものを取り戻すべく、杉下の壮絶なバトルがいよいよ幕を開ける!
▲『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』予告
「神はサイコロを振らない」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/23010
配信情報
●2020年10月9日 配信予定
Digital Single「目蓋」
現在、Pre-add/Pre-save受付中
●Digital Single「泡沫花火」好評配信中
▷配信はこちら
▷「泡沫花火」Official Lyric Video
●「夜永唄 – From THE FIRST TAKE」好評配信中
▷配信はこちら
▷「夜永唄」 Official Lyric Video
▷「夜永唄」 THE HOME TAKE

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着