フラチナリズムがバンド史上最速、前作から4ヶ月でフルアルバム『4431』を発売!

フラチナリズムがバンド史上最速、前作から4ヶ月でフルアルバム『4431』を発売!

フラチナリズムがバンド史上最速、前
作から4ヶ月でフルアルバム『4431』
を発売!

過程をSNSで公開しながら制作

10月7日、フラチナリズムはニューアルバム『4431(よんよんさんいち)』をリリース。
前作のフルアルバム『&』からわずか3ヶ月と20日という短期間な上に、全11曲全てオリジナル曲でのリリースとなる。
フラチナリズム史上初となる「発売日だけを決め」、納期に迫られるという独自のプロモーションスタイルを走らせた。
今回は『ゼロカラ』と題して、アルバムリリースまでの様子を“ゼロカラ”すべて公開し、デモ音源からレコーディング音源を無料で公開。
メンバー・スタッフ間の業務連絡をSNS上で行う等、制作過程を全て丸裸で公開し、「フラチナリズムらしい」と音楽業界からも話題を呼んでいる。
20代女子必見(笑)!盗作騒動のお騒がせバンド、フラチナリズムが半分半分のアルバム出すってよ!【インタビュー】
https://utaten.com/specialArticle/index/1781
11曲すべてのMVも作成
今作の『4431』には11曲収録されており、「海外の多くのアルバムはすべての楽曲にMVがあるのに、なぜ日本にはないのか?」という観点からすべての楽曲でMV制作を試みた。
が、しかし現実は厳しく、11曲MVを制作するにあたり、11人のクリエイターにオファーをかけるも「スケジュールがタイトすぎる」とクリエイターが中々集まらず、約半分はフラチナリズムメンバーとスタッフで自主制作をするという半ば強引なプロモーション企画となった。
MVに関しては同時公開ではなく、リリースの翌日から、毎日21時からSHOWROOMで生配信をしている『フラチナリズムのヒマナンデス』にて、メンバーと一緒に毎日新しいMVを“開けていく”日めくり方式で11日連続公開を予定している。(現在も尚、絶賛制作中)
また、著名人からのコメントも100人以上から集まっており、ゲームを一緒にする仲だという田中聖さんからは
『ポップでジャズでファンクでフラチでリズム。一段階進化して?気がしていい意味で裏切られたし、これがフラチだ!って叩き付けられた気もする最高の1枚でした。上手すぎてムカつくのでポリープできろ』
と嫉妬とも取れる絶賛のコメントが届いている。
オンラインのみで販売
今回のアルバムも前回のフルアルバム『&』同様、CD店等での流通はなく、オンラインのみでの販売。
(1)プレミアムbox
(2)オンラインアクティビティ
(3)アルバム単体
の3種類の購入方法があり、前回大好評だった、オンラインアクティビティに関しては、ファンへの業務連絡として新規案を募集し、ファンの要望に沿ってパワーアップした形での発売。

プレミアムboxは、グッズ6個とディスク4枚がついているお得なパックとなっている。
また、なぜこのような形でリリースをしたのかボーカルのモリに聞いてみた。
「自分達がやるべきことは時代の移り変わりと共に変わっていくので、時流を少し先読みして時代を作ろうとはしてます。
それが多くの方に届いて流行になる。それを必死に考えて作っていってます。今までほぼ失敗してますけど(笑)」とコメントしている。
自他共に過去最高傑作と話すこの作品。
そして、見ているファンも「情報が多すぎてついていけない!」と言われるもお構いなしに、「こんなご時世だからこそ」とファンと共にエンジン全開で楽しむフラチナリズム。
果たして、MVを11日連続で公開できるのか…
今後のフラチナリズムに目が離せない。
「フラチナリズム」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/12119
リリース情報
●2020年10月7日発売
アルバム『4431(よんよんさんいち)』
【収録曲】
01.ONE
02.World End Serenade
03.DAMARE
04.Caffeine
05.インク
06.Lady Rum
07.ほんますんまへん
08.ファイト4〜5発
09.AIM
10.君だけの笑顔をもう一度
11.幽霊

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着