ゲスの極み乙女。のちゃんMARI、プロ
デュース業や初のソロ作品まで、これ
までの歩みをたっぷりと語る【インタ
ビュー連載・匠の人】

その“道”のプロフェッショナルとして活躍を続けるアーティストに登場してもらう連載「匠の人」。今回のゲストは、キーボディスト/音楽プロデューサーのちゃんMARI。3人組インディーズ・バンドCrimsonでの活動中に、indigo la End川谷絵音(Vo・G)、当時indigo la Endに所属していた休日課長(B)、そしてマイクロコズムのほな・いこか(Dr)と出会い、ゲスの極み乙女。を結成。その後、インストゥルメンタルバンド・ichikoroや、スーパーセッションバンド・iki orchestraのメンバーとして活躍しつつ、シンガーソングライターRöEのサウンド・プロデュースをはじめ、ポルカドットスティングレイやTK from 凛として時雨にもサポート・メンバーとして客演。昨年はFUKUSHIGE MARI名義でのソロEP『JAPANESE ONNA』を発表するなど、活動の幅を広げている。クラシックやジャズを本格的に学びながら、それらをポップスのフォーマットへと落とし込んでいく独自のセンスで今や様々なアーティストから引っ張りだこのちゃんMARIに、これまでのキャリアを振り返ってもらいつつ、アーティストとして大切にしていること、コロナ禍で新たに始めたことなどじっくりと語ってもらった。
──現在、ちゃんMARIさんがパーマネントで活動しているのはゲスの極み乙女。とichikoro、そしてソロになるのですかね?
あと、パーマネントではないですがiki orchestraというバンドを、中村達也さん、ひなっち(日向秀和)さん、Reiちゃんとやっています。
──Crimsonは今どういう状況ですか?
今は全く動いていないですね。解散ではないですが、音楽以外の仕事に就いているメンバーもいるので、なかなか集まるのが難しい状況なんです。いつかまた、やれる時がきたらやりたいとは思っています。
──現時点で、ちゃんMARIさんが最も長く活動をしているのはゲスの極み乙女。ですが、2012年の結成からこの8年間で、バンドへの向き合い方などどのように変化してきましたか?
結成当時はそれぞれ他のバンドと掛け持ちしていたり、会社に勤めていたりして、どこか副業的な意識でやっていたんですけど、メジャーデビューをした頃から本業という意識になって。アルバムでいうと2014年にリリースしたファースト・アルバム『魅力がすごいよ』からサード・アルバム『達磨林檎』までの数年間は、四六時中ゲスのメンバーとして、音楽だけに自分の時間を注ぎ込んでいました。その時期を経て、今はちょっと距離を置いてというか、すごくいい意味でバンドと冷静に向き合えるようになっていますね。
──バンドのターニングポイントというと、いつになりますか?
たくさんあるのですが、最初のターニングポイントは、インディーズで最初の音源『ドレスの脱ぎ方』(2013年)をリリースして、下北沢ERAでライブをした時でした。それまでお客さんは30人前後の状況だったのが、フロアの後ろの方まで人が埋まっていて。その光景を初めて見た時の衝撃が今も忘れられないです。その年は、自分の人生の中で「一番長くて短いような感じ」でしたね。そのあと「キラーボール」のPVが爆発的に再生されて、ゲスの極み乙女。という名前を広く知ってもらえることになったこと、メジャーデビューして2枚目のシングル「私以外私じゃないの」をリリースした時は、コカ・コーラのCMに起用されたこともあって、普段バンドに興味がない人にも聴いてもらえるようになったこともターニングポイントだったと思います。
──音楽性の変化に伴い、ちゃんMARIさんのアプローチの仕方はどのように変化していきましたか?
メンバーそれぞれ変化はあると思うのですが、私自身でいうと、ここ2年くらいローファイなピアノの音が好きで。テープが伸びてピッチがズレたような、ちょっとアナログっぽいピアノの音色に寄せていますね。これまでヒップホップに対して苦手意識があったんですけど、例えばノーネームやドレイクのような、ちょっと暗めのヒップホップをかっこいいと思うようになり、その影響もあると思います。ヒップホップのアーティストが、コンピューター上でローファイに処理しているようなことを、逆に生でやってみるとか。そういうことに挑戦している時期です。
──ichikoroは、ちゃんMARIさん、川谷絵音さん、休日課長とゲスのメンバーが3人在籍していますが、バンドとしてはどのような違いがありますか?
まずは「歌がない」のは大きな要素だと思います。ゲスのメンバーもいますが、他のメンバーもかなり個性の強い人たちで。ボーカルの代わりにichika(One)くんのギターがリード的な要素を担っているので、彼のギターが映えること、そして各メンバーの演奏をより細かく聴いてもらえることがichikoroの特色かなと思っています。それに、ichikoroにはバンドにギタリストが3人いて、それぞれ特徴的なんですよ。川谷(Think)くんは複雑なフレーズやノイズっぽいサウンドを奏でているし、ichikaくんのギターはテクニカルで、最近はちょっとジャズっぽいフレーズも織り交ぜつつ、メタルも好きなのでそういう要素もある。もう一人、NABOWAの景山奏(Vista)さんは、アコギの綺麗なアルペジオや、R&B、ソウル、ジャズに通じるチルなフレーズが得意です。なので、楽曲の中のソロパートなどを聴くとすごく面白いと思います。
──トリプルギターのアンサンブルだと、ちゃんMARIさんのアプローチもゲスの時とは変わりますよね?
ichikoroの場合、アンサンブルの中域に楽器がたくさん集まるので、私は「引き」のプレイが多いです。で、ソロになった時にギターでは出せない音を出すのが自分の役割かなと思っています。(休日)課長(Holy)も、(佐藤)栄太郎(Sugar)くんのドラムがない時は、ソロでリズムキープをする重要な役割を担うし、ゲスでは(ほな・)いこかさんと課長のリズムセクションですが、ichikoroではindigo la Endのドラマーである栄太郎くんとの、また違ったグルーヴが聴けるところが楽しいですね。
■初のプロデュースは最初悩んだんですが、お願いされたらやるのがプロなのかなって思った
──最初にお話しされたiki orchestraはどのように始まったのですか?
Reiさんと達也さんがよくセッションしたり共演したりしているところに、私とひなっちさんが呼んでいただいてスタートしたプロジェクトです。最初は『ARABAKI ROCK FEST.』のための、その日限りの限定プロジェクトのつもりだったのですが、すごく評判が良くて次の年のARABAKIにも出させてもらったり、ご縁があって続いています。スケジュールの都合で全部参加はできていないのですが、私がいない時はサックスの前田サラさんが参加されたりしてて、メンバー編成は割と流動的です。オリジナル曲ではなく、カヴァー曲を中心にReiちゃんの曲などを演奏しているんですが、一度テレビの収録でBLANKEY JET CITYの曲をやらせてもらったこともありましたね。
──とても個性的なメンバーですが、そんな中でカバーをやるのはちゃんMARI さんにとってどんな楽しみがありますか?
普段は全くやらないような音楽だから、「これでいいのかな?」と思いながらやっているところは正直あるんですけど(笑)、とても刺激的です。頭がフル回転する感じがありますね。Reiちゃんの楽曲も、ブルースが下敷きになってはいるけどすごく難しいんですよ。どんどん転調したりするし。Reiさんのファースト・アルバム『REI』に参加したのも、iki orchestraでご一緒したのがきっかけでした。
──アーティストとしてのReiさんをどのように見ていますか?
やっぱりReiちゃんのギターは、他の人と全然違いますね。昔のブルースの感じももちろんあるけど、完全に「クラシック」ではないというか。UKインディ、USオルタナなど様々な要素を吸収しつつ、ルーツミュージックを自分なりに「派生」させようとしている意志を感じます。トレンドにあまり左右されていないところもかっこいいし。
──共感する部分もあります?
以前、前に2人で対談させてもらった時に、「私たち一見、おとなしそうとか穏やかと言われがちだけど実はすごく情熱的だよね」って話したんです(笑)。それと、周囲の雰囲気に「右へ倣え」するのはあまり好きじゃないところとかは似ているのかなと思いました。小さい頃から楽器をやっているところも一緒ですしね。
──客演としては、今年3月にリリースされたポルカドットスティングレイの新曲「JET」に参加しましたね。
キーボードのアレンジと演奏を担当しました。弾いているフレーズはゲスに近いと思うのですが、あそこまでエレピで駆けずり回っている曲はないので(笑)、新鮮に感じてもらえると思います。
──また、8月8日に開催されたTK from 凛として時雨の配信ライブには、BOBOさん(Dr)、吉田一郎さん(B)、佐藤帆乃佳さん(Vn)と共に出演されました。
難しかったですね……(笑)。フルセットの演奏をするのが配信ライブという状態だったので「どうしようか……」と。ゲスとはまた違う難しさがあるんですよ。手癖だと絶対にできないようなフレーズなので、譜面にちゃんと起こした上での練習が必ず必要でした。他の人がアレンジしたり演奏したりした曲を、そのまま再現することって実は今まであまり経験がなかったので、それも苦戦しましたね。
──客演だけでなく、2018年にはシンガーソングライターRöEさんのデビュー作『ウカ*』で、初のプロデュースにも挑戦していますがその経緯は?
ちょうどゲスが活動休止していた時にお話をいただいて。それまでアレンジやプロデュースの仕事はやったことがなかったので、最初は「私でいいのかな」と悩んだりもしたんですけど、お願いされたら、それをやるのが「プロ」ということなのかなと。初めてのことだしとりあえずやってみよう、と。
──プロデュースの仕方は人それぞれだと思うのですが、ちゃんMARIさんはどんなことを心がけたんですか?
とにかく手探りでしたね。楽曲のアレンジから着手したのですが、送られてきたデモの完成度が高くて。「これをどうしたらいいんだろう……?」と思って、まずはレコーディングメンバーを集めて彼らといろいろ話し合いながら詰めていきました。「アレンジって全然わかんないんだけど、どうしたらいいと思う?」って素直に相談して(笑)、アイデアを「これとこれとこれ」っていっぱい送ってその中からRöEさんに選んでもらいました。
──以前、RöEさんにインタビューをした時「ちゃんMARIさんが、いつも楽しい雰囲気で、気分を上げてもらって歌うことができてよかった」とおっしゃっていました。
自分もコーラス録りなどをすることが多いんですけど、やっぱり気持ちが少しでも落ちると歌の質にすごく響くんですよ。なので、とにかくいっぱい褒めました(笑)。それまではRöEちゃんも、結構力が入って歌っていたような感じだったのが、最近だとそんなことも全然なくなって、すごく伸び伸びやれているのが素晴らしいなと思います。
──やっぱり、自分がプロデュースしたアーティストに対しては、ある種の愛着みたいなものも湧いてきますか?
それはすごくありますね。他の人がプロデュースしている時も気になっちゃうし、曲はもちろんすべて聴くし。「今度の新曲、めっちゃ良かったね」ってメールを送ることもあります。
──Twitterで「マルチタスクが苦手」と書かれていたこともありますが、とてもそう思えないくらいたくさんのプロジェクトを抱えていますよね。
ありがたいことですよね。定期的にいろんな方に呼んでいただけるのが不思議な感じがします。
■「これ以上のものはできない」と思ったらやめるかもしれない
──昨年、FUKUSHIGE MARI名義で初のソロ・アルバム『JAPANESE ONNA』をリリースされました。セルフ・プロデュースで、ミックスは井上幹さん(WONK)が担当。レコーディングには河原太朗さん(TENDRE)や景山奏さんら、多彩なゲストが参加していましたが、アルバムのテーマやコンセプトはありましたか?
歌詞を書いた時に、いろんな世代の女性が主人公の物語っぽいなと思ったんです。なので、日本のどこかにいる女の人のお話を7編入れた、という意味でアルバムタイトルもつけました。今聴き返してみると、自分としては色々思うところはありますね(笑)。それを克服するには出し続けるしかないのかなと思っています。逆に「これ以上のものはできない」と思ってしまったら、やめるかもしれないですよね。
──曲は常に書いているそうですね。
大学も作曲専攻だったし、それ以前に小学生の頃から曲はずっと書いていました。Crimsonでは作曲担当だったのですが、ゲスを始めてからは発表する場がずっとないまま溜まっていく一方だったんですよ。めちゃくちゃ溜まったし、「この辺でちゃんと出しておこうかな」と思って『JAPANESE ONNA』をリリースしました。でも今年は本当に家にいる機会が多くて、その間もずっと作っていたのでまた溜まってきています(笑)。
──発表する場がない時でも、常に曲を作り続けているモチベーションはどこから来るものなのでしょうか。
「作ろう」という意識もあまりないんです。ピアノを弾いているうちにいいフレーズが出来たから「覚えておこう」みたいな感じ。ワンコーラスくらいのデッサンの状態がいくつもある状態ですね。
──ソロアルバムを作ってみて気づいたことはありますか?
作ること自体が、自分にとっては「癒し」だと思ったのと、それを聴いて「いいね」と言ってもらえることは、さらに嬉しいことだなと思いました。その感覚は、ピアノを弾いている時とは違って。自分でアイデアを発案し、それを形にすることを共有できる喜びというか。きっと、本を書いたり、絵を書いたりする人の感覚に近いのかもしれない。今までに感じたことのない喜びでしたね。ゲスやichikoroはいろんな人が関わっていて、みんなのアイデアを結集している感じですけど、それとは違う。「もっと早く出せばよかったな」って思います(笑)。
■川谷くんに触発されて、臆せず何でも試してみるようになった
──ご自身の「強み」は何だと思いますか?
「柔軟性」と「スピード」ですかね。相手からのオーダーには可能な限り添うし、逆に「こういうのはどう?」とアイデアをすぐに出せるところは強みなのかなと思います。人とやる時に自分はそんなに「こだわり」がないというか。「いい」と思っているものや、「これは絶対にやらない」と決めていることはあるんですけど、それ以外のことだったらやるし、もっといい組み合わせがあればそれを提案できるようにしていきたいんですよね。
──選択肢をなるべくたくさん持つ、ということなのかもしれないですね。
そう思います。臆せず何でも試してみること。それは川谷くんに触発されているところもありますね。昔の自分はもっとこだわりが強かったんですけど、選択肢があるのに試さないのはもったいないなと。とりあえず何でも試してみて、良かったらそれでいいし、ダメだったら「それでも無駄じゃなかったよね」みたいな考えに、最近はなりました。逆に、一人だと色々なことを決めるのが遅かったり、あれこれ考え込んでしまったりするところは課題なのかなと思っていますね。
──側から見ていると、とても順調にキャリアを重ねている印象ですが、大変だったり辛かったりする時期もありましたか?
デビューしてからはあまりないです。例えばゲスが活動休止になった時は、周囲からは「大変そうだな」と思われていたのかもしれないですけど、それも別にすべて悪いことばかりじゃなかったし、いい方向にも作用していったんですよね。それよりデビューする前の方が辛かった。上京したばかりの頃は本当にお金がなくて、バイトの賄いで食費を浮かせるような生活だったので(笑)、それに比べたら今は何も辛くないですね。
──コロナ禍ではどうですか?
ライブはもちろんやりたいですけどね。でも、家の中にいることは全然辛くないので、ゲームしたり映画観たり、本を読んだりインプットしながら、曲を作ってお風呂に入って筋トレしてっていう(笑)。むしろゆっくり過ごせたから、コロナの時期もそれはそれで良かった側面もありますね。
できなかったことができるようにもなったんです。自分の家で映像を回してみたり、宅録もちょっとずつやるようになったりして。本チャンの演奏を自分の家で録ったり、前はできなかったことができるようになって、スキルも上がっていますね。
──今後やってみたいことは?
ソロ活動の一環として、自分の手が届く範囲での映像は作ってみたいと思っています。知り合いに協力してもらいつつ、家で撮る映像が出せたら面白いなと。配信ライブなども色々観てみたんですけど、規模もいろいろじゃないですか。私自身は最もミニマムなところに興味があって。それをどれだけクオリティ高くできるかを追求したら面白そうだなと思っています。お金をかけて照明やセット、特殊なアバターとか使うのもすごく面白いと思うんですけど、それとは違う視点で何か面白い作品ができたらいいなと思っていますね。
取材・文=黒田隆憲

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着