「東京タラレバ娘2020」に共感の
嵐! 坂口健太郎&田中圭も話題に

 吉高由里子と榮倉奈々、大島優子が出演する、スペシャルドラマ「東京タラレバ娘 2020」(日本テレビ系)が7日に放送された。
 2017年に放送された「東京タラレバ娘」は、「あの時、あーだったら」「もっとこーしていれば」と“タラレバ”を言いながら、恋に仕事に悪戦苦闘する倫子(吉高)と香(榮倉)、小雪(大島)の姿を描いたラブコメディー。
 今回のスペシャルでは、33歳になった倫子たちが描かれた。香は小学校時代の同級生とスピード婚を果たし、小雪は念願だったカフェの開店準備に追われ、倫子は図書館に勤める朝倉(松下洸平)という彼氏ができた。
 ある日、倫子はデート帰りに、勢いで朝倉にプロポーズし、2人は結婚することに。幸せの絶頂の倫子が、人生最高の浮かれ具合で小雪と香に報告していると、そこに、俳優としてアメリカに渡っていたKEY(坂口健太郎)が現れて…。
 連続ドラマ放送当時から、30代女子のリアルな心境を描いていると話題になった本作。等身大の悩みを抱える倫子たちの姿に、SNS上では、「同世代だし、みんな同じようなことで悩んでるんだなあって思ったら、ちょっと救われる」「30代に本当に『いるいる女子』なんだよね」「現実的過ぎて耳も胸も痛い」という声が集まるなど、共感する視聴者が多かった。
 また、KEY役の坂口については、「金髪似合い過ぎる」「格好良過ぎて涙出てきた」「倫子に会いに帰ってくるKEYくんがかわい過ぎる」というコメントがあり、丸山役の田中圭についても、「あざとかわいい」「こんなの、どんなクズでも恋しちゃうに決まってる」「かわい過ぎる」といった投稿が寄せられるなど、“タラレバ娘”たちの昔の恋のお相手にも注目が集まった。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着