渕上 舞 デビュー3周年記念第一弾と
なる2ndアルバム発売決定『アコース
ティックLIVE 01』ライブ公式レポー
トも到着

渕上 舞が、10月4日(日)に開催された『アコースティックLIVE 01』で、アーティストデビュー3周年記念第一弾となる2ndアルバムの発売決定を発表した。同アルバムんは「渕上舞 2nd Live "Journey & My music"」の中野サンプラザ公演を収録したBlu-rayが付属する初回限定盤も用意され、A-on STOREでは早期予約特典として『アコースティックLIVE 01』ライブCDがプレゼントされる。
以下、公式レポートを引用する。

10月4日(日)、A-on STORE Presents 「渕上舞 アコースティックLIVE 01」が開催された。渕上にとって初めての本格アコースティックライブとなった本公演。いつもと違ったアコースティック編成の生バンド演奏とともに、「Rainbow Planet」や「Crossing Road」などの代表曲、全9曲が生配信された。
配信がスタートすると、画面に映し出されたのは代官山UNITの入り口。自身の1stライブが行われた思い出深い会場で、初のアコースティックライブが始まろうとしていた。
会場内の映像に切り替わると、バンドメンバーによるオープニング曲に合わせて渕上がステージに登場。そして早速、今年4月に発売となった最新シングルより、TVアニメ『食戟のソーマ 豪ノ皿』ED主題歌の「Crossing Road」を披露した。オリジナルでは疾走感あふれるドラムやストリングスの音色も際立っている楽曲だが、ピアノにアコースティックギター、カホンというシンプルな楽器編成でアレンジされ、やわらかなバンドサウンドに澄んだ歌声を重ねて彼女らしい調和を生み出していった。そのしっとりとした余韻から続けて、2曲目には「予測不能Days」(TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』ED主題歌)を届ける。AメロからBメロにかけて徐々に熱を上げていくと、サビではカラフルなライトに照らされながら軽やかなステップを踏み、オリジナルとはまた違った"明るさ"の感じられる歌唱となった。同曲のミュージックビデオを彷彿とさせる、CGを使った配信ならではの演出も印象的だ。
歌い終えて一礼すると、「お客さんこそいないですけれども……いるんだ、目の前に! ねっ?」とカメラに向かって微笑む渕上。自身もプライベートで配信ライブを視聴した経験があるということで、「飲食をしながら映画でも見るかのように」「ながら見」「ラジオ感覚で音を楽しむ」といった例を挙げて様々な楽しみ方に触れ、「ゆるくリラックスした状態でお届けしていきたいと思います。楽しい時間を最後まで過ごしてもらえると嬉しいです」と意気込んだ。
「もっともっとゆるく歌ったらどうなるんだろう」と試行錯誤して作り上げたという「Cute♡Appeal」では、距離感がより縮まり、カメラの目の前でピースやウインクをする渕上のひたすらにキュートな姿にハートを撃ち抜かれるファンが続出。そして、「Cute♡Appeal」と同じくデビューアルバム『Fly High Myway!』に収録されている「Beautiful Sunday」では、ステージから降りて客席フロアに作られた特設ステージへ。バンドメンバーと向かい合う形で歌い上げる。クラップを交えて楽しめる楽曲のため、配信チャット欄には多くのファンから手拍子の絵文字が投稿され、温かさの感じられる一曲となった。
ここでバンドメンバーのキーボード・パスタ、ギター・谷島シュン、パーカッション・よしうらけんじを紹介すると、「(彼らの)人となりをお届けしたい」ということで、ステージ上に抽選ボックスが登場。中には質問の書かれた用紙が入っており、「1ヶ月間、毎日同じものを食べるとしたら何?」「宝くじで1億円当たったら何をする?」「今一番旅行したいところは?」「キュンとしてしまう異性の仕草」などをテーマに4人でトークした。渕上の天然な発言にバンドメンバーからもファンからもツッコミが入るなど和やかな雰囲気で進んでいき、渕上本人のことはもちろん、バンドメンバーそれぞれのパーソナルが明らかになった。
トークを終えてライブコーナーが再開すると、ハイチェアに腰掛けたままバラードナンバーの「ラララ〜君へ贈る歌〜」「雪に咲く花。蜃気楼。」を披露。思い入れがあるという「ラララ〜君へ贈る歌〜」は、亡き愛鳥・チェルシーを想って渕上自身が作詞した"別れの曲"ではあるが、切ないながらも前向きな歌詞となっており、静かにまぶたを閉じて歌声を紡ぎ出す場面も。「雪に咲く花。蜃気楼。」はこれまで作詞した中でも特に好きな楽曲ということで今回チョイス。セピア調の映像も相まって、ぐっと曲の世界観へと引き込まれた。
ここで笑いの絶えないグッズ紹介を挟むと、デビュー3周年記念の第一弾発表ともなる2ndアルバムを2021年1月27日(水)にリリースすることを発表した渕上。これまでの歌手活動を振り返って「皆さんがここまで応援してきてくれたおかげです」と感謝を述べると、最も思い出深い楽曲という「Fly High Myway!」を伸びやかに歌い上げ、3周年に向けた新たな決意を感じさせてくれた。
ライブは終盤を迎え、アップテンポな楽曲「Rainbow Planet」(TVアニメ『プラネット・ウィズ』ED主題歌)でオリジナルの力強さを見事に落とし込んだアレンジを聴かせたあと、「よかったでしょ?」と満足気に問いかける渕上。今日はできる限りのことをしたと話しつつも「もっと上手に歌えるんだよ」とおちゃめな一面を見せていたが、この"お客さんが画面の向こうにいる"という慣れない環境での初アコースティックライブも、今後の糧になるはずだ。「歌をうたう渕上舞としての旅はまだまだ終わりません。この旅にこれからも付き添っていただけると嬉しいです」という言葉に続けて、ラストナンバーの「Journey」をこの日一番のパフォーマンスで届けると、バンドメンバーとともに笑顔でライブを締めくくった。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着