Netflixオリジナルシリーズ『今際の
国のアリス』初の映像を公開 山﨑賢
人&土屋太鳳らが無人の東京で“げぇ
む”に挑む

12月10日(木)から配信がスタートするNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』のから、初の映像となる特報とティザーキーアートが公開された。
Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』は、『週刊少年サンデーS』にて2010年から2015年まで、『週刊少年サンデー』にて2015年から2016年まで連載された、麻生羽呂原作のコミックを実写ドラマ化したもの。人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で信頼を築き、生き延びようとする姿を描いたサバイバル・サスペンスだ。山﨑賢人、土屋太鳳がW主演を務めるほか、村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、栁俊太郎、渡辺佑太朗、水崎綾女、吉田美月喜、阿部力、金子ノブアキ、青柳翔、仲里依紗が出演。『キングダム』の佐藤信介監督がメガホンをとり、同じく『キングダム』下村勇二氏がアクション監督を担当している。

初の映像となる特報では、ゲームに没頭するアリス(山﨑)が、優秀な弟に「また、行ってねえのか。面接」と吐き捨てられ、衝動的に家を飛び出すシーンからスタート。高校時代からの仲間で会社員のチョータ(森永)、バーテンダーのカルベ(町田)らが渋谷でアリスと合流し、人混みで溢れるスクランブル交差点へ向かっていく様子や、クライマーのウサギ(土屋)が、父親と共に山頂で過ごす日常が切り取られている。一転して、映像の後半では、無人と化した東京を舞台に、謎のゲームに参加させられる人々の姿が。壁面並べあれたトランプのカードや、クセの強い登場人物たちが格闘ゲームのような構図で向かい合うシーンなど、作品の世界観が垣間見える映像が多数公開されている。
Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』は2020年12月10日(木)は全世界独占配信。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着