芦田愛菜が“勘違いしていた”猫の特
徴とは? 映画『星の子』公開初日舞
台挨拶で地元・西宮に向けた関西弁の
あいさつも

10月9日(金)、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、映画『星の子』公開初日舞台挨拶が行われ、主演の芦田愛菜永瀬正敏、メガホンをとった大森立嗣監督、タイトルアートを手がけたアーティスト・清川あさみ氏が登壇した。
『星の子』は、女優の芦田愛菜が『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』以来6年ぶりに主演する長編映画。芥川賞作家・今村夏子氏による同名小説を映像化したもので、『日日是好日』などで知られる大森立嗣監督がメガホンをとっている。劇中では、芦田演じる中学三年生の少女・ちひろが“あやしい宗教”を深く信じる両親のもと、過酷な運命に翻弄される姿を描く。

『星の子』初日舞台挨拶は、全国10ヶ所19劇場に中継。主演の芦田は、「無事にみなさんにお届けできたことが嬉しいですし、中継でこの映画を観たいと思ってくださっているたくさんの方と一緒に初日を迎えられたのが嬉しいです」と喜びを語った。さらに、芦田は中継先のひとつである自身の地元・西宮に向け、関西弁で「今日は天気も悪いのに映画館に来てくださってめっちゃ嬉しいです。今日は楽しんでってやー」と手を振った。ちひろの父親役の永瀬は、「この映画にかかわっている役者さん全員の代表として来ています。公開映画でみなさんと対面するのが久しぶりで感慨深いです」とあいさつ。永瀬の地元・宮崎県は中継先に含まれていなかったものの、福岡に向けて九州弁で「どうか楽しんでってくんや」と照れながら呼びかけた。
続けて芦田は「監督はこういうふうに演じてほしいと具体的には言わない方で、シーンについてお話するうちに、ちひろになるための課題やヒントをいただいていたような感じでしたが、役について委ねてくださっている感じがして、監督と2人でちひろという女の子を作り上げていく感覚が楽しかったです」と昨年12月にクランクインした撮影を振り返った。
また、芦田は「あやしい宗教を信じる両親のもとで育った」ちひろの役柄にも言及。「宗教や両親のことで自分が周りからどう見られているか気にする部分もありますけど、学校に行けば心許せる友達がいて悩みを相談できたり、多面的な部分を表現したいと思っていました。繊細な心の揺れや葛藤は一人のシーンにこそ現れるものなのかなと、ふと一人になったときに決意や悲しみが見えたり、ちひろの本音の部分を見せられたらいいなと思いながら演じていました」と説明した。
大森監督は「芦田さんはすごく演技が上手い。本を読む力もあるし、人とコミュニケーションを取る力もある」と演技を絶賛。「映画監督は芦田さんが意図できないものを撮りたくなるもの」と、芦田が一人のシーンを例に挙げ、「すごく好きなんです」と明かした。
永瀬は「他の現場にはない、大森監督の現場ならではの特徴」について質問されると、「すごく居心地のいい現場です。また監督の決断が早く、撮りたいものが明確に見えていらっしゃる。前もってスタッフの皆さんと入念に打ち合わせされているんでしょうが、早く進んでいくので、演者はより余白ができて役に没頭する時間がいただける、それはすごくありがたいです」と語った。また、劇中で着用した緑のジャージにも触れ、「どういうふうにジャージを着ようかとか、頭にタオルを乗っけようかと原田知世さんと監督と相談しながらやりました」と楽しそうに振り返った。
芦田愛菜
この日は、「自分がこれまで信じていたものが間違いだったり、勘違いだったもの」をお題に、それぞれがフリップに書いて答えるコーナーも実施。芦田は「猫の可愛さ」と回答し、「飼う前も、可愛いなと思っていたんですけど、一緒に生活すると思っていたよりも可愛くて毎日癒やされています。寂しがりみたいで、みんながいるところに、いつも必ず近くにいてくれたりして、そんなところが可愛くて愛おしいです」と熱く語った。永瀬は、「ナオス」と回答。これは、関東で「修理すること」を、地元では「しまう」意味のであるというもの。大森監督は「家族のほうかい」と答えて会場をざわつかせたが、「家族が崩壊気味で、ずっと家族って崩壊するもんじゃないかなと思って育ってきたんですが、最近、仲良しになってしまい、信じなくてよかったと思っております」と意図を明かした。
永瀬正敏
続いて、兵庫県・淡路島出身のアーティスト・清川あさみ氏が登場した。映画本編で「星の子」の題字の背景となるタイトルアートを手掛けた清川氏本人から、サプライズで芦田に原画をプレゼント。芦田は、「あー、すごい!すごい! 」と大きな声をあげて感激していた。清川氏は、「大森監督から直接お願いされ、手掛けました。映画が本当に素晴らしかった。難しい役どころなのに引き込まれるような演技をされていて、感動しました」と感想を語り、「ちひろがまっすぐに成長する姿を描きたいと思い、この絵を描きました。これは全部刺繍でできています」と作品を紹介。芦田は「刺繍がちひろの繊細な心とリンクしている気がします。実物を見せていただき圧倒されました。大事に飾らせていただきます。ありがとうございます」と丁寧に感謝した。
最後に、芦田は「“信じるとはなにか”について結論は人それぞれ違うと思います。映画を観てくださったみなさんが、“信じる”ってなんなんだろう、と考えたり、信じたいと思えるような大切な方のことを思うきっかけになってもらえたら嬉しいです」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。
『星の子』は公開中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着