「また逢う日まで」「木綿のハンカチーフ」「サザエさん」「スニーカーぶる~す」「AMBITIOUS JAPAN!」など、昭和の歌謡曲全盛期を支えた作曲家の筒美京平が、10月7日に誤嚥性肺炎により死去したことがわかった。享年80歳だった。

筒美京平は、1940年生まれの東京都出身。1967年に日本グラモフォンを退社して作曲家として活動を開始した。1969年「ブルーライト・ヨコハマ」がヒット。1971年には「また逢う日まで」で第13回日本レコード大賞、1979年「魅せられて」で第21回日本レコード大賞を、2003年には紫綬褒章、2017年の第59回レコード大賞で功労賞を受賞した。

本人はかねてより自宅で病気療養をしていた。葬儀は故人の遺志により、すでに近親者により執り行われており、お別れの会などは新型コロナウイルスの感染状況などを鑑み、現段階で行う予定はないという。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着