昭和、平成、令和の歌謡界をリードし
続けた作曲家の筒美京平が死去、享年
80

筒美京平自選作品集 50th Anniversaryアーカイヴス』より
尾崎紀世彦の「また逢う日まで」(1971年)、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」(1975年)、岩崎宏美の「ロマンス」(1975年)、ジュディ・オングの「魅せられて」(1979年)など、多くのヒット曲を輩出したことで知られる作曲家の筒美京平が、2020年10月7日、誤嚥性肺炎により死去した。

筒美京平(つつみきょうへい)。1940年5月28日生まれ、東京都新宿区出身。青山学院大学在学中にジャズに傾倒。卒業後は、レコード会社の日本グラモフォン(現ユニバーサルミュージック)に入社。洋楽担当ディレクターとして勤務しつつ、作詞家・橋本淳の勧めにより作曲活動を始める。

1966年、望月浩(藤浩一との競作)の「黄色いレモン」で作曲家デビュー。1967年、ヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」がヒットしその名を知らしめ、1968年、いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」で作曲家としての地位を築く。

橋本淳、阿久悠松本隆など、戦後の歌謡界を支えた偉大な作詞家とペアを組み、日本人の心に残る多くの名曲を生んだ。南沙織の「17才」、近藤真彦の「スニーカーぶる~す」、松本伊代の「センチメンタル・ジャーニー」など1970年代以降のアイドル歌謡をはじめ、その作品数は約3000曲と言われている。

日本レコード大賞では、大賞を2回に作曲賞を5回受賞。シングルチャートでは、1960年代から2000年代までの各年代で1位を記録し、現在まで10位以内にライクインした曲は200曲以上という偉業を達成。昭和歌謡のみならず、後のJ-POPにも大きな影響を与えた。2003年に紫綬褒章を受章。

筒美京平は、これからも伝説としてその名を残し、日本の音楽界に影響を与え続けるに違いない。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着