窪塚洋介とイノセン 池袋で語る20年
後のIWGP

2000年に放送されたテレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』は、現在でも人気のある伝説的な作品だ。主演の長瀬智也をはじめ、窪塚洋介佐藤隆太、山下智久、坂口憲二、妻夫木聡、高橋一生、阿部サダヲ……と、のちに日本を代表する若手俳優たちが勢揃いしたキャスティングは今見ても壮観。脚本を担当したのは連ドラ初執筆の宮藤官九郎で、演出は『ケイゾク』の堤幸彦。小説家・石田衣良のデビュー作を奇跡のような座組みで立体化し、ゼロ年代のはじまりを象徴する作品になった。

あれから20年を経て、2020年10月6日、この作品がアニメ化した。そのティザーPV曲『No.1』(https://youtu.be/k6lsZtqEUAU)を担当したINNOSENT in FORMAL(イノセントインフォーマル)のぽおるすみす(Vo.)は、ドラマ『IWGP』に影響を受けた世代の音楽家のひとりである。なかでも、ドラマで強烈な個性を放った「キング」こと安藤崇(タカシ)を演じた窪塚洋介に強く惹かれたという。

そこで今回、窪塚洋介とぽおるすみすの対談が実現。池袋西口公園(ウエストゲートパーク)近くのバーにて、酒を片手に、当時のことを振り返る。

話は『IWGP』だけにとどまらず、音楽や映画から転落事故の真相、さらには生き方や人との付き合い方まで広がり、その場にいたスタッフたちが「あと5時間くらい聞いていたい……」と漏らしたほど。2人のぶっ飛んだセッションをお楽しみに。

Photography_Kiruke
Hair&Make(Yosuke Kubozuka)_Hitomi Ando
Text_Sotaro Yamada
Edit:Miwo Tsuji

ドラマ版のキングには元ネタがあった

窪塚洋介(以下、窪塚) : ポール・スミスが好きなの?

ぽおるすみす(以下、ぽおる) : もう10年くらい「ぽおるすみす」を名乗っているんですけど、その時の自分にとっておしゃれな単語がポール・スミスだったんです。ライブする時はおしゃれしなきゃと思って、でもポール・スミスは買えなかったので、自分のTシャツに「ぽおるすみす」って書いたのがはじまりでした。

窪塚 : じゃあ今だったら“ドルガバ”だったかもしれないね(笑)。

ぽおる : 危ないところでした(笑)。窪塚さんは卍LINE名義でレゲエDeeJayとして音楽活動もしていますが、今は役者としての活動がメインですか?
窪塚 : ちょっと役者の仕事が忙しくなって、音楽活動は2年くらい止まっちゃっていて。あんまり考えないようにしてるけど、たぶんそのストレスがたまってるからインスタライブで毒吐いちゃうんだね。

ぽおる : 窪塚さんのインスタライブ、見てます(笑)。

窪塚 : 君は不毛な時間の使い方をしているね!(笑)。お恥ずかしい。泥酔しちゃって、インスタライブを始めたことすら覚えてない時もあるくらいで。40歳過ぎてお袋に怒られたよ。

ぽおる : (笑)。今回対談のオファーを出させていただいたのは、『IWGP』アニメ化にあたって、僕らのバンドINNOSENT in FORMALが楽曲を提供させていただいたのがきっかけでした。
【IWGP】TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」PV第1弾

窪塚 : もう観た? 第1話。

ぽおる : まだ観てないんです(※対談は9月に実施)。窪塚さんは普段からアニメを観られますか?

窪塚 : 大ヒットしている作品を観ることはあるけど、そんなに熱心には観てないかな。もちろん『ドラゴンボール』とかは観て育ったけど、『新世紀エヴァンゲリオン』も観てないし、『鬼滅の刃』も観てない。『AKIRA』は観たね。ジブリも『崖の上のポニョ』あたりまでは観てる。

ぽおる : 劇場版の尺で見ることが多いんですね。今回、自分が出演した作品がアニメ化するというのはどういう心境ですか?

窪塚 : 前に舞台にもなっているから「またやるんだ」という感じもあったけど、まず、俺らがやったドラマ版って、ちょっと異色だったんだよね。特に俺が演じたタカシ(キング)が原作と全然違うから。野球とサッカーくらい違う。

ぽおる : そうなんですよね、キングは原作と全然キャラが違って、僕はドラマ版のキングにすごく影響を受けました。あれは、当時の窪塚さんの素に近かったんですか?

窪塚 : いやいや、あんな奴、絶対仕事できないでしょ(笑)。あんなんだったら途中で消えてるよ。

ぽおる : でもキングはキレ者だから、ユーモアを交えつつもいろいろ考えながら周りを引っ張るキャラクターでしたよね。
対談後は「池袋ウエストゲートパーク」の舞台、池袋西口公園付近を歩きました。

窪塚 : むしろあのキャラクターを演じることで俺自身が影響を受けたという感じ。実は元ネタがあるんだよ。『ウダウダやってるヒマはねェ!』って漫画にアマギン(天草 銀)というキャラクターが出てくるんだけど、そいつがぶっ飛んでてクレイジーでカッコ良くて。こいつのぶっ飛び感と、コロ助(『キテレツ大百科』)を混ぜることで新しいキャラクターができるんじゃないか、っていうひらめきがあったんだよね。

ぽおる : そうだったんですか……!

窪塚 : なぜひらめかなきゃいけないと思ったかというと、俺は別に不良として生きてきたわけじゃなかったから、原作の“寡黙なギャングのリーダー”を演じるのは無理だと思ったんだよね。これを俺が実写でやったらサムいと思ったの。だから堤幸彦監督を説得したんだよ。「このままだと、俺のせいでみんなが火傷します。だからこういうキャラクターの方が良いと思う」って。そしたら「ダメだよ、原作があるんだから」と言われて。「いやいや、でも原作通りにやったら絶対サムいですよ」って粘って。2時間くらい言い合っていたと思う。そうしたら堤さんが根負けしてくれたんだよね。「じゃあもういいよ、その代わり君の責任だからね」って。それであのキャラクターになったという。

キングが若者に与えた影響

ぽおる : 当時、20歳くらいですよね? その年齢には大きすぎる責任ですね……。

窪塚 : うん、でもそれしかないと思ったから。俺の直感は正しかったと思う。堤さんも認めてくれていて、こないだ深夜ラジオを一緒にやった時「役者の意見で作品が花開くようになるのは、監督にとっては本来恥ずかしいこと。だから僕はいまだに悔しい」って言ってくれたんだけど、最高の褒め言葉だと思ってる。
ドラマ撮影当時とは大きく変化した池袋ウエストゲートパーク(池袋西口公園)にて。

ぽおる : 今も、作品をつくる時に戦うことは多いんですか?

窪塚 : 戦うこともあるけど、最近は戦い方が「打撃系」から「寝技系」になってきたと思う。ちゃんと相手のグルーヴと混ぜながら戦えるようになってきたね。20代前半は「こっちの方が良いんですよ!」みたいな感じだったけど、自然とスタイルが変わってきた。

ぽおる : 『IWGP』は脚本家・宮藤官九郎さんの出世作でもありますが、クドカンさんともそういったやり取りがあったんですか?

窪塚 : クドカンはだんだん影響を受けてくれて、途中からは俺のキングに合わせて台本を書くようになってくれた。最初は俺が無理くそ変えてただけだから、第1話の台本ではああいうキャラクターではなかったんだよね。

ぽおる : たくさん魅力的なキャラクターが登場するドラマですが、なかでもキングの存在感は突出していました。僕は当時、まずファッションに影響を受けて、白いタンクトップを買って金のマリファナのネックレスをつけて、金髪にしました。

窪塚 : いまだにそういうことを言ってもらえることが多くて嬉しいな。ドラマの打ち上げはこのバーの近くであったんだけど、一次会から二次会に移動する時、西口公園にタカシとまったく同じ格好をした奴がいて。その時、ああみんな騒いでくれてるんだなというか、社会現象になってるとか言われているのを体感したのが思い出深い。今でも役名で呼んでもらうことがいちばん多いのはあの役かもしれない。
ぽおる : 今回対談をお願いしたもうひとつの理由は、キング以外にも、窪塚さんが演じられたキャラクターや作品がすごく好きだからです。役を離れた個人としてもお話がしてみたくて。『IWGP』がテーマの対談ではありますが、それ以外の話もしたいです。

窪塚 : うんうん、もちろん! 俺はノー・タブーなんで。

NEXT→神に背中を押され、マンションから落とされた

窪塚洋介とイノセン 池袋で語る20年後のIWGPはミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着