「おそ松さん」第3期にスタイリッシ
ュな“新6つ子”登場 「鬼滅」の花
江夏樹らがCV担当

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会 10月12日深夜に放送された「おそ松さん」第3期の第1話に、「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎役などで話題の花江夏樹らが演じる“新6つ子”が登場した。
 “新6つ子”は、6つ子と同じパーカーでもスタイリッシュに着こなしてしまう、令和の時代にふさわしいスマートなキャラクターとして登場。新おそ松役を花江、新チョロ松役を島崎信長、新一松役を松岡禎丞、新カラ松役を石川界人、新十四松役を内田雄馬、新トド松役を村瀬歩が担当した。
 花江は「オファーをいただいた時に、何の役だろう? と思って台本を開いたら、意味がわからなくて閉じました。第1話もほとんど勢いで収録しました。謎の達成感がありましたが、あまり意味はわかりませんでした」と、収録を終えた現在も戸惑いを隠せない様子。なお、第1話には花江が主演を務める「鬼滅の刃」のパロディも盛り込まれていた。
(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会 島崎は「印象通り、いや印象以上にぶっちぎっていました。第1話の台本を読んで、笑いが止まらなかったです」とコメント。松岡は「『おそ松さん』が、もしかしたらこういう未来もあったのかな? というイメージで演らせていただきました」とパラレルワールドに思いをはせ、「収録終わった後は、心地良くも妙な疲れがありました(笑)」とアフレコの手応えを語った。
 かねてカラ松役の中村悠一に強い憧れを抱いているという石川は、カラ松のキャラクター性や中村の芝居を研究し、新カラ松を“中村演じるカラ松の後継たりうる存在”と位置づけて収録に臨んだ。その結果「第一声は『なんだこれ……』。二の句は、『やば……』。あんまり意味なかったですね。この作品のセンスにおもしろい以外の感情がすべて吹き飛びました」と絶句することになってしまったという。
 内田も「参考に前期を拝見してから、第1話の台本を読んだのですが……。コイツはヤベーなと。とんでもない作品に出ることになってしまったなと。もはや前期は全然参考になりませんでした」と笑うほかない。同じく事前にシリーズ作品を見て収録に備えたという村瀬は「作品の持つエネルギー、おもしろさに触れたこともあり、新しい6つ子として出ることに正直プレッシャーを感じました(笑)。と同時に、そのポジションを任せていただけることを光栄に思えてうれしかったです」と胸中を告白した。

新着