L→R ぽん(Vo)、小島英也(Gu)

L→R ぽん(Vo)、小島英也(Gu)

【ORESAMA インタビュー】
テーマが通じ合いつつも
真逆の2曲を詰め込むことができた

雨に八つ当たりしてる部分もある

ヴォーカルは語尾の掠れ感とか息を吸うブレス音とか、細かいニュアンスが表現されていて、改めてぽんさんのヴォーカルに惚れ直しました。

ぽん
ありがとうございます。ニュアンスを入れたりブレスを強調するのは好きでよくやるんですけど、バラードだとそれがより引き立つから歌っていてもすごく楽しいです。表現のし甲斐があるというか。

あと、ヴォーカルではDメロがほとんど聴こえないくらいで歌っているのが切ないですね。

ぽん
そこは今回一番話し合ったんですよ。小島くんは曲としてもっとしっかりメロディーが分かるように歌ったほうがいいという意見で。それもすごく理解できるんですけど、私としては雨があがってしまう絶望を表現したいから囁きたいと。なので、囁き声と普通の声の両方を実際に歌って、それを聴き比べて最終的に囁き声を採用することになりました。
小島
ここまで意見がぶつかったのは久しぶりでした(笑)。自粛期間中はレコーディングができなかったから、その分お互いやりたいことが溜まっていたんだと思います。でも、結果的にふたりのアイディアの一番いいところを取ることができたと思います。

歌詞の世界観としては単に切ないとか悲しいだけではない、孤独を感じさせますね。

ぽん
表題曲の「Gimmme!」が自分の中でかなり明るいイメージなので、カップリング曲は逆にとても悲しい歌詞にしたいと思っていたんです。それに、もともと雨を題材にした曲を書きたくて。雨が降ると気持ちも沈みがちになるので、そんなに得意ではないんですけど、雨が降っているからジメジメしても仕方がないとか、気持ちが後ろ向きになっても致し方ないという、ネガティブな感情を抱いている自分への免罪符になっているところもある気がして。それで、眠れない夜の行き場のない気持ちと雨について書きたいと思ったんです。眠りという部分では「Gimmme!」とテーマが通じ合いつつも真逆の2曲を詰め込むことができたので、とても面白い一枚になったと思います。

雨は涙を隠してくれたり、泣き声を掻き消してくれたりもして。

ぽん
そういう面もありますよね。でも、この歌詞では雨に八つ当たりしてる部分もあって。こういう気持ちとか、こういう夜の経験って、おそらくみなさんがあると思うんですよ。「Gimmme!」も含めて、2曲とも共感してもらえるんじゃないかと思いますね。

ぽんさんもこういう夜を経験したことが?

ぽん
少なくはないですね。夜はいろいろなことを考えちゃうので。でも、夜に悩んで答えを出したとしても良い方向に向かうことは少ないから、やっぱり寝てしまうに限ります(笑)。ただ、歌詞を書いたり曲を作ったり、創作活動は夜のほうが捗るよね?
小島
そうだね、でも真夜中に作って翌朝聴いたら全然良くなかったという経験もたくさんあるよ。
ぽん
私は夜中の0時を過ぎないと書けないですね。世界が静まりかえっている状態じゃないと。

コーヒーを飲みながらとか?

小島
僕はそうですね。基本コーヒーを飲みつつ、最近はずっと甘酸っぱい梅味の飴を舐めています。甘い飴なのに塩気もあるのが好きで。
ぽん
分かる! 何かを作っている時って酸っぱいとかしょっぱいとか刺激が欲しくなるんだよね。私はだいたい酸っぱいグミです。

そして、最近はVTuberのKMNZとのコラボ曲「ファジータウン」をYouTubeで発表したり、過去曲をリアレンジした“Dressup cover”シリーズを公開するなど、活動の幅が広がっている印象があります。

ぽん
自分たちはSNSやコミュニケーションが苦手だという自負があるんですけど、それでも時代に対応して変わっていきたいと思っていて。お客さんとコロナ禍でライヴによるコミュニケーションが取れなくても、ライヴ動画やDressup coverをアップすることで、ORESAMAとして動きを止めずにいられると思って。
小島
自粛期間にひとりで閉じこもって音楽と向き合ったことで、新しいことに対する許容範囲が広がって、それでいろいろなことをやってみようと思うようになったんです。特にKMNZさんとのコラボは印象的で、ORESAMAの楽曲にぽんちゃん以外のヴォーカリストが参加したのは初めてでしたけど、やっぱりラップを本業にしている人はすごいですね。自分が想像した何十倍も上を行くものを提示してくれて、KMNZさんの最高のラップとぽんちゃんのORESAMAらしいメロディアスな歌が相乗効果を生んで、本当にいいコラボになりました。
ぽん
この曲は8月〜9月に3.5Dで開催された『CONNECTED OVER THE DIMENSION』展のために作った曲だったので、ネットにアップする予定はないと聞いていました。でもYouTubeでリリックビデオを公開したことで、当初の想像よりもたくさんの方に聴いていただけたのですごく嬉しいです。
小島
ORESAMAはもともとJ-POPを世界に発信したいという想いがあったし、YouTubeを通じて海外の人からの反響もすごくあったので、これがひとつのきっかけになればいいですね。

また、ディスタンスビューイングというヤマハの新技術を使ったライヴも控えてますね。

小島
音に対するこだわりの強さから開発に至ったということもあると思うので、そんなヤマハさんの初の試みに僕らのライヴを選んでくれたことがすごく嬉しいです。
ぽん
実際のライヴと同じ照明と同じ音響を再現して、より臨場感のあるライヴが体感できるというもので。これが進化すれば、ゆくゆくは全国のライヴハウスでもリアルライヴとより臨場感のあるライヴビューイングが開催できるようになるのではないかと期待しています。10月19日に開催するディスタンスビューイングだけでなく、ORESAMAとしては18日に2部制でライヴをやるのも初めてで。新しいことにチャレンジしながら、ひとりでも多くの人にORESAMAのライヴを体感してもらうために頑張りたいと思っています。

取材:榑林史章

シングル「Gimmme!」2020年10月14日発売 Purple One Star
    • LAPS-4000
    • ¥1,200(税抜)

ライヴ情報

『ORESAMA ONEMAN LIVE “Gimmme!”』
10/18(日) 東京・Veats SHIBUYA
1部:OPEN 16:00/START 16:30
2部:OPEN 19:00/START 19:30
※[2部]の模様は有料配信あり

『YAMAHA×ORESAMA×Veats Shibuya presents
LIVE ON DISTANCE VIEWING “Gimmme!”』
10/19(月)ディスタンスビューイング
※10/18[1部]公演を上映

ORESAMA プロフィール

オレサマ:渋谷から発信するふたり組の音楽ユニット。80’s Discoをエレクトロやファンクでリメイクした音楽を発信。その新感覚はイラストレーター・うとまる 氏のアートワークやミュージックビデオと相乗効果を生み、新世代ユーザーの心をとらえている。ORESAMA オフィシャルHP

「Gimmme!」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着