L→R かめがい(Vo&Key)、かわむら(Dr)

L→R かめがい(Vo&Key)、かわむら(Dr)

【ポップしなないで インタビュー】
ふたり以外の力を借りることで
音楽がより強固なものになると思った

聴いてくれた人に対して
悔いが残らないものにしたかった

今作では他にも新鮮に感じる部分がたくさんあって、例えば今まではかわむらさんが曲を作る時に“かめがいさんが歌う”ことを前提にして、歌を聴かせたいっていうのが大切な部分であったと思うんですけど、「救われ升」は歌が際立つだけでなくインストでも楽しめそうなくらいにリズミカルな曲になってますよね。

かわむら
“サウンドデザインが面白いね”ってノリノリで作った曲なんですよね。声もオケの構成の一部というか、インスト的というか。サビもずっと同じことを歌っていて、メッセージもあるのかないのか分からないと思うんですけど、本当にこれしかないっていう感覚だったし、確かに他の曲とは際立った部分もあると思います。

かめがいさんは歌ってみていかがでしたか?

かめがい
実際にちゃんと歌ってるのはサビくらいで、あとは爆裂に喋っている感覚に近いのですごく楽しくて気持ち良いです!

ポップしなないでの魅力のひとつに、どこか淡々としているっていうのがあると思うのですが、「Creation」には怒りが出ていて人間臭さもあり、このアルバムに入ることでより感情的に聴こえました。前作『禁じられてはいない遊び』に収録されていた時は1曲目だったので、また印象が変わるというか。

かわむら
格好つけるのではなく、自分たちの気持ちをしっかり考えて、それをすごく素直に言い表した曲ではありますね。ポップしなないでの音楽をやる上で、残酷なものから目を背けるのではなく、ちゃんとそれに直面して言葉にした上で“前を向く”というのをテーマにしている部分もあって。「Creation」は本当だったらあんまり言いたくないことや見たくないことを直視して、その上で肯定してあげるという覚悟を持った曲なので、最初は自分たちで演奏していても傷ついていたというか。本来なら人前に出さない恥ずかしいことを言う覚悟ができた曲という感じですね。
かめがい
そうだね。私は結構傷つきながら歌ってたな。

そういった意味でのターニングポイントの曲というのも、今作に収録した理由のひとつなんですね。

かわむら
はい。このアルバムは聴いてくれた人に対して、自分たちの悔いが残らないものにしたかったんですよ。これを聴いたら“全部大丈夫だ!”って自分たちから言えるものにするために「Creation」は必要でした。

あと、「2人のサマー」は今作の中でも特にパーソナルな曲で、登場人物のふたりだからこその距離感やずれが感じられて。

かわむら
言ってもらったように、パーソナルな曲を作ってみたいという気持ちがありました。タイトルはちょっと強がりにも思えるへんてこな言葉に落ち着いていて。ただ悲しい恋の物語ではなく、本心が見えるようで見えないって部分はこれまでのポップしなないでの曲にも共通するんですけど。
かめがい
これ、聴いた時に“めっちゃいい曲!”って思いました。基本的にはピアノとドラムで構成していて、すごくシンプルな演奏なんですけど、自分が切ないことをカラッと笑顔で歌うみたいなところがものすごくポップしなないでっぽい曲だなって。本当は心にチクっとくることで、ふとしたら泣いてしまうかもしれないくらいにいろんな感情が混ざっているけど、平気な顔をして歌うっていう。かなりお気に入りの曲です。

痛いくらいの切なさがあるっていうバンドの特徴もあるところで、「前頭葉」のようなタイトルからして不思議な曲が飛び込んでくるのも個性的なアルバムだなと。

かわむら
この曲はちょっとふざけてるんですよね(笑)。ただ、これも個人的には切なさに通じる部分があると思っていて、“前頭葉”だから完全に自己との対話なんです。自分の中で考える、わけの分からないことっていっぱいあるじゃないですか。今まで他の曲は誰かに対してとか、誰かのことを考えて作っていたんですけど、この曲は頭の中の話なので、ポップしなないでがポップしなないでとグルグル対話した結果こうなったんですよね。
かめがい
たぶん理解しようとする必要がない曲なんですよね。聴いてて自分が感じたことだけでOKみたいな。
かわむら
体感で楽しむというかね。サウンドも結構面白くできたと思ってて。このバンドで今まで積み上げてきたものも実はしっかり踏襲していて、ぶっ飛んでるように聴こえるかもしれないけど、曲の中身はすごく真面目なんです。歌詞はほぼ言葉遊びで、頭の中の堂々巡りというか。嬉しいことってすんなり頭の中に入ってくるけど、嫌なことって何回解き明かしても解決しないじゃないですか。そういうイメージも入ってます。

今回のレコーディングで再録した楽曲に関して、何か新しい感覚はありましたか?

かめがい
「エレ樫」は本当に初期の曲で、正直よく分かっていないままレコーディングした音が入っていたんです。今回はその時からアレンジも変わりましたし、歌に対する理解度も、歌っているスタイルも違う。たぶん今までで一番多く歌ってきた曲だけど、今のやりたいことも昇華できたと思いますね。
かわむら
思ったよりスッとできたよね。改めてやってみたら昔と価値観が変わっちゃってるかなと思ったんですけど、今のライヴの状態を落とし込んだら変わってない部分も見えてきたというか。

この5年間でポップしなないでが変わったところを挙げるとしたら何だと思いますか?

かわむら
シンプルなものを好むようになったところですかね。今まではどうやってふたりで華やかにしていこうかとか、どうやって大きく聴こえるものを作ろうかとか、“ふたりで何ができるか?”ということを広げられるように考えていたんですけど、「Creation」を作ったあたりから、逆にどう減らせるかを考えるようになったというか。言葉ってものすごく複雑で、それを取り扱っていく中、サウンドはどれだけシンプルに、どれだけカッコ良いものが作れるのかっていうのを考えるようになったので、シンプルさの重要度が増しました。サウンドに限らず言葉もそうかもしれないですね。

そして、最後に収録された「ミラーボールはいらない」はあさぎーにょさんへの提供曲のセルフカバーということで。かなり曲の作り方も変わりましたよね?

かわむら
違いましたね。あさぎーにょさんサイドから曲のイメージもいただいていたんですけど、“サウンドはポップしなないでのままでお願いします”って言ってくださっていたので、だからこそ難しい部分もありました。我々の音であさぎーにょさんが歌うってことを想定した時に、かめがいさんを投影しないほうがいいとも思っていて。スタイルとか発信方法が違ってくるので、YouTubeであさぎーにょさんの動画を見させてもらいながら、期待していただいているポップしなないでの良さも入れてみました。

セルフカバーしてみてどうでした?

かわむら
あさぎーにょさんのために作った歌だけど、こっちはこっちでかめがいさんの歌になるような感じはあったよね。
かめがい
うん。キーはちょっと変えて歌ってるけど、あさぎーにょさんに曲を送る時も仮歌で私が歌ってたから歌い馴染みはあったし、曲自体も気に入っていたので楽しかったです。かわむらくんが書いている歌詞ではあるので、そこに飛び込めば良し!みたいな気持ちもあってあまり苦労することなく歌えました。
かわむら
あさぎーにょさんにはポップしなないでそのもののオケを渡して、自分たちはミツビシくんのアレンジでやってるんで、本来は逆っていうのも面白かったですね。あさぎーにょさんの歌はパワーがあって素晴らしかったし。
かめがい
うん。あさぎーにょさんの歌声は透き通ってるからポップしなないでのシンプルなサウンドにも合うのかもしれないね。

今作が出来上がってみて、心境はいかがですか?

かわむら
もちろんこのアルバムではやり切ったけど、またやりたいことが出てきたっていうのはありますね。ここで学んだというか、この曲たちとも付き合っていくってことも考えた上で、“次は何ができるかな?”と。当然今まで積み重ねてきたものが入っているので達成感はありましたけどね。
かめがい
ありました! 嬉しいです! ジャケットも最高で、今回もqueさんにお願いしたんですけど、イメージをざっくりお伝えしただけですごくぴったりなものを描いていただきました。
かわむら
queさんにはこれまでも「Creation」のMVや『禁じられてはいない遊び』のジャケットも担当していただいて、今回は「夢見る熱帯夜」のMVも作っていただいたんですけど、本当にポップしなないでの思っていることをそのまま絵にしたりデザインにするのが的確で。
かめがい
そうそう。私たちの想像を超えて表現してくれるんです。

今作もアートワークにも注目ですね。そして、12月13日には下北沢BASEMENT BARで『ポップしなないでリリースパーティー『上々々』』も予定しています。会場のチケットはすでに完売していますが、有料配信もあるとのことで。

かめがい
久々にお客さんを入れたライヴができるから超楽しみです! テンション上がりすぎて骨折しないように気をつけます。(笑)一昨年から毎年12月に下北沢BASEMENT BARでライヴをやらせてもらっているので、今年もやらせてもらえることが嬉しくて。ぜひ配信でも観てもらえたら嬉しいです。

取材:千々和香苗

アルバム『上々』2020年11月11日発売 KINGAN RECORDS
    • NCJD-10005
    • ¥2,700(税抜)

『ポップしなないでリリースパーティー『上々々』』

12/13(日) 東京・下北沢BASEMENTBAR
■チケット販売期間
10月10日(土)18:00~12月21日(月)20:00
■アーカイブ期間
12月14日(月)0:00~12月21日(月)23:59
■配信URL
https://qumomee.toos.co.jp/products/1213_jojojo

ポップしなないで プロフィール

ポップしなないで:2015年結成。かめがいの踊るようなラップでの心地良い2次元的声質と、ソウルフルなヴォーカルスタイルも駆使する癖の強い魅力的な声、加えてかわむらのソングライティングが相まって、ドラム、キーボード、ヴォーカルのミニマムな構成ながら完成された世界観の音楽性を持つ。ポップしなないで オフィシャルHP

「夢見る熱帯夜」MV

「おやすみシューゲイザー」MV

「救われ升」MV

「Creation」MV

「魔法使いのマキちゃん」MV

「エレ樫」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着