L→R クララ、カレン

L→R クララ、カレン

【ClariS インタビュー】
ClariSは全部の好きを
かたちにしてくれる存在

早く大好きなみなさんに直接会って
今までの感謝の気持ちを伝えたい

おふたりの話をうかがって、より一層メッセージに込められた想いを強く感じることができました。そして、どちらのCDにも収録されているソロ曲はファンの投票によって選ばれたということですが、結果を見てみていかがでしたか?

クララ
私は「ひらひら ひらら」だったのですが予想外の結果でした! カップリングやオリジナルアルバムの曲で予想をしていた部分があって、まさかコンセプトミニアルバムの表題楽曲がくると思っていなかったのでびっくりしましたね。でも、とても人気で好きな楽曲だったので改めて歌うことができて楽しかったです。
カレン
投票前からクララとずっと予想していて。キャラクターに合った曲がくるのか? あえて普段のふたりの性格とは反対の曲がくるのか? いろいろな予想をしていたのですが、考えすぎて逆に分からなくなってしまいました(笑)。投票結果を見た時は、選ばれるだろうと思っていた曲はやっぱり上位に入っていましたが、私は上位3曲が本当に僅差だったんです。その3曲とも曲調が全然違ったから結果だけ見ても面白いものになっていましたね。

ClariSは2014年からライヴ活動を開始しましたが、ライヴを重ねる中で思うファンと生で触れ合う魅力はどんなところでしょう?

クララ
ライヴをしていてファンのみなさんと気持ちの共有がより深くできる感じがあるので、いつもライヴは楽しくて。毎回、特別だと感じています。
カレン
大切な人たちと一緒に大好きな音楽を楽しんで、目が合えば笑顔を交わして、盛り上がる曲は会場が一体になって、ライヴでは心のつながりを感じます。私にとっての幸せを詰め込んだ場所が、みんなに会える場所です。ステージに立つたびに歌っていられることの幸せを感じるし、自分が好きなものを好きだと思ってくれる方たちに出会えて本当に嬉しい気持ちでいっぱいになるんです! それは直接会えるからこその魅力だと思っているので、早くみなさんにまた会えることを願っています。

これまで仮面をつけてライヴをしてきたおふたりが、2017年のパシフィコ横浜・国立大ホール公演で仮面を外す一幕がありました。私はワクワクというよりドキドキしてしまったのですが、その時どんな想いでしたか? 何か解き放たれた感覚があったのでしょうか?

クララ
仮面を外す時はドキドキで。“どんな反応になるんだろう?”って気持ちもありましたが、よりみなみなさんに自分たちの想いが伝えられような気がしてとても嬉しかっだです。
カレン
仮面は私たちにとって大切なアイテムで、自分たちの一部だと思えるくらいずっと大事にしてきました。そんな中、ライブを重ねるたびにもっとみなさんにも私たちのことを近くに感じてほしいと思うようになり、仮面を外しました。仮面は私たちClariSの世界観を作り上げてくれたものでもあるので、これからもライヴの演出に必要なことがあると思います! なので、仮面の姿も素顔の私たちも大切にしていきたいですね。

そして、デビュー日の10月20日には初の配信ライヴ『ClariS 10th Anniversary Precious LIVE~ Gift ~』が開催されますね。

クララ
10周年を迎えて、新たなステップに進むライヴになっているので、観届けていただけたら嬉しいです! “Gift”というタイトルのように私たちからの感謝の気持ちを送りたいので、受け取っていただけるようなパフォーマンスをお届けしたいです。
カレン
デビュー10周年のスタートとなる日なので、最高のスタートが切れたら嬉しいです! クララとアリスちゃんが作り上げてきたClariS、クララとふたりで新たに歩んできたClariS、このふたつがあっての10年だと思っていますので、その10年間をギュッと詰め込んだライヴにしたいです。限られた時間ではありますが、私たちからの想いを受け取っていただけたらと思います。

10周年ということでうかがいたいのですが、おふたりにとってClariSとは?

クララ
カレンはClariSとしても、プライベートでの関係としても本当に私の人生において出会うべき人だったんだと感じています。ふたりとも性格や得意不得意も真逆なので、お互いに補い合い、高め合いながらいい関係性を築けていると思います。
カレン
私にとってのClariSは全部の好きをかたちにしてくれる存在ですね。歌うこと、踊ること、笑顔を届けること、人とのつながりを感じられること、夢をたくさんもらえること、たくさんの人とひとつのものを作り上げること、人のやさしさや温くもりに触れられること…他にもいっぱいありますが、ClariSを通してもらった大切なものは本当にたくさんあります。

ひと言では表しきれないですよね。では、お互いにエールを送るならどんな言葉で伝えたいですか?

クララ
エールを送るというか、“これからも私の隣で笑っていてください! 一緒に頑張ろうね”と伝えたいです。
カレン
クララに伝えたいことは…エールになっているかは分からないですが、ずっと“ありがとう”の気持ちは私の中にあって、定期的にその想いは伝えているので、これからも小さなありがとうから大きなありがとうまで、いっぱいいっぱい伝えたいと思います。

このベストアルバムを経て新たなClariSとしてスタートするようにも感じますが、おふたりそれぞれの目標はありますか?

クララ
まずは配信ではなく生ライヴをすることが一番の目標です! 早く大好きなファンのみなさんに直接会って、今までの感謝の気持ちを伝えたいなと思っています。また、ずっと目標にしているのはもう一度、日本武道館のステージに立つことです。私にとってデビュー時から目標にしていたとても思い入れのある特別なステージなので、武道館でみなさんとの大切な思い出が作れたら嬉しいですね。
カレン
日本武道館でのコンサート以外にも地元の札幌で凱旋ライヴがしたいというふたりの目標があるので、叶えられるように頑張っていきたいです! また、衣装やライヴ演出なども今まで以上に自分たちで考えたものをかたちにしていきたいですね。作詞やデザインの方にもふたりとも興味があったり、やりたいことはたくさんあるんです! 少しずつではあると思うのですが、どんどんできることを増やしていきたいと思っています。

取材:山本弘子

アルバム『ClariS 10th Anniversary BEST - Pink Moon -』2020年10月21日発売 SACRA MUSIC
    • 【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
    • VVCL-1730~1
    • ¥4,500(税抜)
    • ※カラートレイ仕様、オリジナルステッカー同梱
    • 【通常盤】(CD)
    • VVCL-1732
    • ¥3,000(税抜)
アルバム『ClariS 10th Anniversary BEST - Green Star -』2020年10月21日発売 SACRA MUSIC
    • 【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
    • VVCL-1733~4
    • ¥4,500(税抜)
    • ※カラートレイ仕様、オリジナルステッカー同梱
    • 【通常盤】(CD)
    • VVCL-1735
    • ¥3,000(税抜)
アルバム『ClariS 10th Anniversary BEST - Pink Moon & Green Star -』2020年10月21日発売 SACRA MUSIC
    • 【完全生産限定盤】(2CD+グッズ)
    • VVCL-1736~8
    • ¥7,800(税抜)
    • ※ギフトボックス仕様
ClariS プロフィール

クラリス:クララとカレンの女の子ふたり組。2010年10月にデビューシングル「irony」をリリース。11年2月に発表した2ndシングル「コネクト」はTV アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』のオープニングテーマとして大きな話題を生んだ。また、今までライヴ時には仮面をつけるなど、人前に素顔を見せていなかったが、17年9月に行なわれたパシフィコ横浜・国立大ホールでのワンマンライヴで仮面を外す演出で大きな話題を呼んだ。20年10月20日のデビュー10周年記念日には初となるベストアルバムを2作同時リリース。ClariS オフィシャルHP

「アリシア」MV

「コネクト」by 1st武道館コンサート
〜2つの仮面と失われた太陽〜

「CheerS」MV(Short Ver.)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着