aiko「ハニーメモリー」で描かれている思い出とは?男性視点の切ないラブソングに迫る!

aiko「ハニーメモリー」で描かれている思い出とは?男性視点の切ないラブソングに迫る!

aiko「ハニーメモリー」で描かれてい
る思い出とは?男性視点の切ないラブ
ソングに迫る!

aikoの最新曲「ハニーメモリー」とは

▲aiko-『ハニーメモリー』music video
男女問わず幅広い世代から支持を得ているシンガーソングライターaiko。
複雑に入り組んだ恋愛感情を、時にはストレートに、またある時にはソフトな表現で描き、どんな世代からも共感を得られるラブソングを数多く生み出しています。
そんな彼女の40枚目シングル『ハニーメモリー』が2020年10月21日にリリース。
この楽曲では同棲をしていた男女のストーリーを男性側の視点で描かれており、彼が振り返る「ハニーメモリー」がどんな思い出なのかを歌にしています。
男性目線で描かれる切ないラブソング
ハニーメモリー 歌詞 「aiko」
https://utaten.com/lyric/qk20091027
切なさが漂うメロディと冒頭の歌詞から「ハニーメモリー」を振り返る「僕」の気持ちが伝わってくるのではないでしょうか。
「ハニーメモリー」とは甘い思い出ではなく、「僕」の未練のこと。
「僕」が「君」と同棲をしていた頃、仕事や付き合いで忙しく、すれ違いの生活を送っていたのでしょう。
もしかすると「君」との未来を見据えて、仕事に力が入りすぎていたのかもしれませんね。
「君」に寂しい思いをさせていることは分かっている。
しかし「今は頑張りを理解してほしい」という気持ちが勝り、素直に気持ちを伝えることができなかったのかもしれません。
隠された「君」の本当の気持ち
ハニーメモリー 歌詞 「aiko」
https://utaten.com/lyric/qk20091027
一方で「君」も「僕」のそんな気持ちには気づいていたのではないでしょうか。
だからこそ、例え涙が出そうになっても、相手の負担になりたくはないと「僕」の前では笑顔でいることを心に決めていたのです。
強くありたいと思う反面、「僕」に向けて「君」は押しつぶされそうな心に気づいてほしい。
そんな「君」の気持ちを想像できる歌詞が「洗面所だけの電気が付いていた」の部分です。
洗面所の電気は深夜に帰る「僕」への”おかえり”の意味とも考えられますが、「君」が夜に泣いていることを悟られないよう、顔を洗って涙の跡を消しているという意味も含まれているのではないでしょうか。
あえて電気を消さなかったのは、隠している本音に少しでも気づいて欲しいという「君」なりの最後のシグナルだったのかもしれません。
後悔しないように出来ること
ハニーメモリー 歌詞 「aiko」
https://utaten.com/lyric/qk20091027
サビの部分では「君」と別れた後の「僕」の今の思いが綴られます。
「君」を傷つけてしまった罪悪感から「違う花を食べた」と表現している通り修復の道ではなく、別れを選んだ「僕」。
そしてこの部分は最後の歌詞である「君がいないと味がしないんだよ」へと繫がると考えられます。
「違う花を食べた」=「僕は君と別れの日々を選んだ」けれど、「君がいないと味がしない」。
君がいない時を過ごしてみたけれど、空っぽで味のない日々に耐え難い「僕」の後悔が綴られています。
誰しも「あの時もっとこうしていればよかった」と振り返ると未練が残る経験があるでしょう。
そんな未練を少しでも無くすための手段は、相手に素直な思いを伝えること。
『ハニーメモリー』と近い状況に置かれているのであれば、後悔しないよう思いを伝えてみてはいかがでしょうか。

TEXT からふるライダー

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着