東京バレエ団『M』、10年ぶりに上演
 三島由紀夫とその美学がバレエに

2020年10月24日(土)・25日(日)東京文化会館、11月21日(土)神奈川県民ホールにて、東京バレエ団による『M』(モーリス・ベジャール振付)が上演される。
2020年は三島由紀夫の没後50周年。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』、コロナ禍で制作された舞台『MISHIMA2020』など三島由紀夫に関連した作品が多く発表されてきたが、その一連の芸術作品の掉尾を飾るのが、 東京バレエ団による『M』だ。
1993年、 ベルリン・ドイツ・オペラ公演のカーテンコール
タイトルの『M』は三島のイニシャルであり、振付家モーリス・ベジャールの「M」であり、三島作品を語るうえで欠かせない”海”をあらわすフランス語の「Mer」、そして「死=Mort」など、 複合的な意味をこめてつけたものだとベジャールは語る。振付家ベジャールは生前、「私は詩人を愛するためにこれを創作した」と語っており、本作はこの偉大な作家の生涯や著作を物語るのではなく、三島由紀夫の人生・文学・思想・美学をまるごと一つのバレエにするという、大胆な試みのもとに創作された。作品中には『金閣寺』、『鹿鳴館』、『禁色』、『仮面の告白』そして『豊穣の海』など、様々な作品を想起させる場面がもりこまれ、まるで美しい絵画のような場面が次々と展開し、やがては三島の自決へとつながる壮大なドラマをみせる。
東京バレエ団『M』より、 「鹿鳴館」の場面
本作の上演にあたり、 東京バレエ団では1993年の初演時に「IVーシ(死)」の役を演じた小林十市(元モーリス・ベジャール・バレエ団)をはじめ、 初演時から作品に関わってきた5名がリハーサルを指導している。バレエ作品では珍しく、上野水香、柄本弾 をはじめ、バレエ団のプリンシパル(最高位ダンサー)が全員同じステージにたつ という、 まさに56年の伝統を誇る東京バレエ団の総力を結集した舞台。また、演奏には日本を代表するピアニストの一人、菊池洋子が特別に参加することが発表された。
作品を指導する小林十市
バレエ作品では珍しく、 男性の群舞が活躍
10年ぶりに蘇る、20世紀を代表する巨匠振付家、モーリス・ベジャールが生み出した傑作『M』。国内のみならず、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、 ベルリン・ドイツ・オペラなど、 世界の著名な歌劇場で喝采をあびた名作がキャストを一新し、新たな姿をみせる。
東京バレエ団 モーリス・ベジャール振付「M」プロモーション映像

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着